シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
鏡は嘘をつかない
(C) setfilm
英題:
THE MIRROR NEVER LIES
製作年:
2011年
製作国:
インドネシア
日本公開:
2016年6月4日
(岩波ホールほか)
上映時間:
配給:
パイオニア映画シネマデスク
製作:
セット・フィルム・プロダクション / WWFインドネシア / ワカトビ県
カラー

チェック:『枕の上の葉』などのガリン・ヌグロホ監督がプロデューサーを務め、娘のカミラ・アンディニが初の長編に挑んだ母子のドラマ。海の民バジョ族が生活する美しい珊瑚礁の島を舞台に、父親を待ち続ける娘とその母親、そして外からやって来た青年が織り成す人間模様を描く。母と青年以外の出演者は全て地元のバジョ族の人々。美麗なワカトビの風景と人々の生活に魅了される。

ストーリー:少女パキス(ギタ・ノヴァリスタ)は、インドネシア・ワカトビ県で母親タユン(アティクァ・ハシホラン)と生活している。彼女は漁に出たまま戻らない父親がくれた鏡を手に、村の占い師のところに入り浸っては鏡に父の姿が映るのを待っていた。ある日、イルカの生態を研究する青年トゥード(レザ・ラハディアン)がジャカルタから村を訪れ……。

鏡は嘘をつかない
(C) setfilm

映画短評

  • 森 直人
    “ジョグジャカルタ系”のサラブレッドによる美しい成果
    ★★★★
    »読む«閉じる

    最近その充実が注目されるインドネシア映画。本作でまず押さえたいのは監督の出自だ。86年生のカミラ・アンディニ。彼女は本作のプロデューサーを務めた監督ガリン・ヌグロホの娘である。ヌグロホは文化都市ジョグジャカルタを拠点にアートシネマを牽引する長兄的存在。オルタナティヴな運動体として、インドネシアの多様性を見せるために様々な土地で撮る、というテーマを掲げている。

    本作の舞台となるワカトビは世界遺産の地として有名だが、アンディニは漂海民バジョ族の生活に“伝統と現代”や“土着と文明”の葛藤を盛り込む。シンプルな写実の中で光る高い審美性と詩的洗練。世界の先端に食い込むアジア映画の一例がここにある。

動画

映画『鏡は嘘をつかない』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『鏡は嘘をつかない』ポスター
    ポスター
  • 映画『鏡は嘘をつかない』チラシ
    チラシ
  • 映画『鏡は嘘をつかない』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督・脚本:
プロダクションデザイナー: トニィ・トゥリマルサント
メイクアップ・衣装: レトノ・ラティ・ダマヤンティ
クリエイティブチーム: アートゥロ・GP
アソシエイトプロデューサー: アサフ・アンタリクサ / アナスタシャ・リナ
ラインプロデューサー: ギタ・ファラ / ウィウィド・セトヤ

キャスト

ルモ:
クッタ:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『鏡は嘘をつかない』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 鏡は嘘をつかない(2011) from 佐藤秀の徒然幻視録 (2016年8月21日 21時21分)
    あるいは鏡は決して横たわらない 公式サイト。インドネシア映画。原題:Laut bercermin(海の照り返し)、英題:The Mirror Never Lies。カミラ・アンディニ監督。アティクァ・ハシホラン、レザ・ ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年5月30日の週の公開作品
  3. 『鏡は嘘をつかない』