シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
ラヴレース
(C) 2012 LOVELACE PRODUCTIONS, INC.
英題:
LOVELACE
製作年:
2012年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2014年3月1日
(ヒューマントラストシネマ有楽町 ほか)
上映時間:
配給:
日活
カラー/ビスタサイズ

チェック:『赤ずきん』などのアマンダ・セイフライドが、伝説のポルノスター、リンダ・ラヴレースの半生を体当たりで演じた衝撃作。1972年に公開され、アメリカで社会現象となったポルノ作品『ディープ・スロート』誕生の内幕に迫る。次第に正体を現す夫を『ニュースの天才』などのピーター・サースガードが演じ、主人公の母親をシャロン・ストーンが好演。性革命の象徴とたたえられながらも、壮絶な私生活だったヒロインの物語に引き込まれる。

ストーリー:21歳のリンダ(アマンダ・セイフライド)は、敬虔(けいけん)なカトリック教徒の父(ロバート・パトリック)と母(シャロン・ストーン)とフロリダで生活していた。ある日、彼女はバーの経営者チャック(ピーター・サースガード)と知り合い、誘われるままに付き合い始める。そのまますぐに彼と結婚したリンダはセックスの喜びを徹底的に教えられ、性的に成熟していくが……。

ラヴレース
(C) 2012 LOVELACE PRODUCTIONS, INC.

映画短評

  • なかざわひでゆき
    シャロン・ストーンの揺るぎない女優魂に脱帽
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     かつてアメリカではハードコアポルノがメジャー映画並みの社会現象を巻き起こした時代があった。これは、そんな狂乱の’70年代を象徴するポルノ女優リンダ・ラヴレースの物語だ。
     なるほど、作り手がドキュメンタリー出身ということもあってか、’70年代の風俗やファッションの再現は「アメリカン・ハッスル」などより遥かに忠実。リンダ本人にあまり似ていないアマンダ・セイフライドも、まるっきり当時の人にしか見えない。
     ただ、暴力亭主に虐げられた初心な女性の成長を描く中身は極めて通俗的。アマンダの体当たり演技もワリと控えめで、かえって顔の皺もたるみも一切隠さないシャロン・ストーンに揺るぎない女優魂を感じる。

  • 中山 治美
    アマンダのヌードよりも衝撃的なこと
    ★★★★
    »読む«閉じる

     伝説のポルノ『ディープ・スロート』を右手の恋人としていた男性は、己を恥じるかもしれない。その裏側を追ったドキュメンタリー『インサイド・ディープ・スロート』の関係者を嬉々として取材した筆者も猛省だ。その主演女優がこんな壮絶な人生を歩んでいたとは。 
     一方で、中村登監督『夜の片鱗』(64)を地でいく見事な“墜ちる女“っぷりに、一時代を築いた女性の人生はかくもドラマチックなのかと不思議な運命を感じずにはいられない。
     その主人公を演じたアマンダ・セイフライドの脱ぎっぷりの良さが話題だが、母親役のシャロン・ストーンのおばさん化はそれを上回る衝撃度。裸身同様、シワやシミを潔く晒したシャロン様に拍手。

ポスター/チラシ

  • 映画『ラヴレース』ポスター
    ポスター
  • 映画『ラヴレース』チラシ
    チラシ
  • 映画『ラヴレース』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『ラヴレース』特製クリアファイルA4サイズ(非売品)
    特製クリアファイルA4サイズ(非売品)

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

プロダクション・デザイン: ウィリアム・アーノルド

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ラヴレース』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ラヴレース (2012) ▲ from どんくらの映画わくわくどきどき (2014年8月19日 3時2分)
    1972年に公開されたポルノ映画「ディープ・スロート」で一躍有名人となったリンダ・ラヴレースの伝記映画。 最初の夫チャックとの出会いから自叙伝出版まで。 エンド・クレジットに"inspired by life story of LINDA MARCHIANO"とある。実話をヒントにした映画。  この映画「ラヴレース」自体はポルノ映画ではないが、私が観たDVDの断り書きによれば『映画... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ラヴレース」 from 元・副会長のCinema Days (2014年3月23日 7時0分)
    (原題:LOVELACE)題材は面白そうなのだが、脚本と監督の腕が三流なので凡打に終わっている。70年代初頭、フロリダの田舎町に住む若い娘リンダは一度妊娠中絶騒ぎを引き起こし、それ以来同居する敬虔なカトリック教徒の両親が“監視”するような形になり、息の詰まるよ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ラヴレース from ダイターンクラッシュ!! (2014年3月13日 0時42分)
    2014年3月11日(火) 16:45~ ヒューマントラストシネマ有楽町1 料金:1000円(ハッピー・チューズデイ) パンフレット:700円(買っていない) 過酷な人生、本日第2弾。 『ラヴレース』公式サイト アマンダちゃんが、伝説のポルノ女優を演じるという。 「グリーンドア」の女優か?と思ったが、そっちはマリリン・チェンバースとかいう名前だった筈で、ラブレースではない。 その女優リンダ・ラヴレースは、空前絶後の大ヒットした「ディープ・スロート」の主役だった。 サクセス・ストーリーなのか、堕ちてい ...[外部サイトの続きを読む]
  • ショートレビュー「ラヴレース・・・・・評価額1600円」 from ノラネコの呑んで観るシネマ (2014年3月10日 23時22分)
    伝説の裏側で起こっていた事。 映画史上最も成功したハードコアポルノ、「ディープ・スロート」に主演したリンダ・ラヴレースの半生を描く物語。 平凡な少女は、如何にして時代を代表する性のアイコンとなったのか。 監督はドキュメンタリー作家として長いキャリアを持つ、ロブ・エプスタインとジェフリー・フリードマン。 伝説のポルノスターをアマンダ・セイフライドが文字通り体を張って大熱演し、今まで... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ラヴレース from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 (2014年3月4日 0時16分)
    Lovelace [CD]伝説のポルノ映画「ディープ・スロート」の主演女優の壮絶な半生を描く「ラヴレース」。母親役のシャロン・ストーンの老けっぷりに唖然。1970年、フロリダの小さな町に暮 ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
  1. 映画
  2. 2014年2月24日の週の公開作品
  3. 『ラヴレース』