シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
ビーストリー
(C) 2011 CBS FILMS INC
英題:
BEASTLY
製作年:
2011年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2012年2月4日
(新宿武蔵野館 ほか)
上映時間:
配給:
ファイン・フィルムズ
カラー/16:9シネマスコープ/5.1chドルビーデジタル

チェック:ごう慢なイケメン高校生が、謎めいたクラスメートに意地悪をしたことで醜い容姿に変えられてしまうラブストーリー。のろいを解くため醜い自分を愛してくれる人を探すうちに、真実の愛に気付いていく主人公を、『アイ・アム・ナンバー4』のアレックス・ペティファーが熱演する。共演には『ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー』のヴァネッサ・アン・ハジェンズ、多彩に活躍するメアリー=ケイト・オルセンら期待の若手注目株がそろう。

ストーリー:抜群のルックスからわがままにふるまい、謎めいたクラスメートに残酷な仕打ちをしたことで醜い容姿に変えられてしまった高校生カイル(アレックス・ペティファー)。この魔法を解くには、醜い姿の自分を愛してくれる人を1年以内に見つけなければならないという。のろいを解くため真実の愛を探し求めるうちに、彼はこれまで気にも留めなかったリンディ(ヴァネッサ・アン・ハジェンズ)に惹(ひ)かれていく……。

ビーストリー
(C) 2011 CBS FILMS INC

動画

映画『ビーストリー』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『ビーストリー』ポスター
    ポスター
  • 映画『ビーストリー』チラシ
    チラシ
  • 映画『ビーストリー』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『ビーストリー』ペガサスキャンドル アロマムード
    ペガサスキャンドル アロマムード

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本:

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ビーストリー』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ビーストリー from 晴れたらいいね~ (2012年8月24日 1時11分)
    この夏、オリンピック影響もあるけれど、DVD漬けにはなっていないわたくし、多少記事UPしてないのもあります。これは、イケメン狙い♪でもね、レンタル店にはなくってさ、落胆しま ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ビーストーリー」 魔法を解くのは真実の愛(*≧ε≦*) from ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て (2012年7月5日 0時2分)
    [E:heart04]魔法を解くのは真実の愛[E:heart04] 不朽の名作『 ...[外部サイトの続きを読む]
  • ビーストリー/Beastly/カイルよりも中身のない作品 from LOVE Cinemas 調布 (2012年2月15日 0時14分)
    有名な童話『美女と野獣』をモチーフにしたアレックス・フリンの同名ファンタジー小説を映画化した青春ラブストーリー。主演は『アイ・アム・ナンバー4』のアレックス・ペティファー。ヒロインに「ハイスクール・ミュージカル」シリーズのヴァネッサ・ハジェンズ。共演にメアリー=ケイト・オルセン、ニール・パトリック・ハリスが出演している。監督は本作で長編二作目となるダニエル・バーンズ。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『ビーストリー』 from Cinema+Sweets=∞ (2012年2月10日 18時3分)
    アレックス・ペティファーとヴァネッサ・ハジェンズ主演ってことで、かなり気になってた『ビーストリー』を、新宿武蔵野館で観てきました。 ******************** 寓話「美女と野獣」を現代のニューヨ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ビーストリー ▲ from どんくらの映画わくわくどきどき (2012年2月9日 3時41分)
    呪いをかけられて醜い姿に変えられた王子様がやさしい娘と出会う現代版美女と野獣のおとぎ話。他愛のないお話だけど楽しく観られた。 美男美女が「人間は中身」なんて言うのはいかにも白々しいけれどこの主人... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2012年1月30日の週の公開作品
  3. 『ビーストリー』