シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
パシフィック・リム
(C) 2013 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.AND LEGENDARY PICTURES FUNDING,LCC
英題:
PACIFIC RIM
製作年:
2012年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2013年8月9日
(丸の内ピカデリー ほか)
上映時間:
配給:
ワーナー・ブラザース映画
カラー

チェック:『ヘルボーイ』シリーズなどの鬼才ギレルモ・デル・トロが放つSFアクション。世界各国を襲撃する謎の巨大生命体を倒すべく、人型巨大兵器イェーガーを操縦するパイロットたちの姿を壮大なスケールで活写する。『ザ・レッジ -12時の死刑台-』のチャーリー・ハナム、『バベル』の菊地凛子、『ヘルボーイ』シリーズのロン・パールマンらが出演。さらに、子役の芦田愛菜がハリウッド作初出演を果たす。最先端VFXを駆使した生命体とのバトル描写に加え、細部まで作り込まれたイェーガーの設定なども見逃せない。

ストーリー:2013年、突然未知の巨大生命体が太平洋の深海から現われる。それは世界各国の都市を次々と破壊して回り、瞬く間に人類は破滅寸前へと追い込まれてしまう。人類は一致団結して科学や軍事のテクノロジーを結集し、生命体に対抗可能な人型巨大兵器イェーガーの開発に成功する。パイロットとして選ばれた精鋭たちはイェーガーに乗り込んで生命体に立ち向かっていくが、その底知れぬパワーに苦戦を強いられていく。

パシフィック・リム
(C) 2013 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.AND LEGENDARY PICTURES FUNDING,LCC

映画短評

  • 中山 治美
    デル・トロ監督の特撮映画愛はエンドロールで完結する
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     ゴジラ映画が『ゴジラ FINAL WARS』(04)で終焉を迎えた時、誰がこんな展開を予想しただろう。その精神は海を超え、メキシコ人監督の手によって受け継がれるとは! 製作費200億円の大金をかけながら、怪獣VS.巨大ロボットの闘いは、かつて東宝砧撮影所にあった特撮用プールで撮影したかのようなアナログ感、意味不明な看板もご愛嬌のミニチュアセットなど、オタク監督のこだわりにほくそ笑みつつ、溢れんばかりの特撮愛にむせび泣きした人も多いだろう。その愛の深さは、エンドロールの最後に付け加えられた言葉で完結している。だが劇場では、本編終了と共に席を立ってしまう人が多かった。しかと見届けることをオススメしたい。
     それにしても最近は、あらゆる作品で地球規模の危機が勃発している。ただし同じテイストの映画でも日米の違いは顕著で、日本の場合は敵を前に悩み、闘う意味を自問する作品が主流だ。国民性によるものか。それとも戦争が身近にあるか?否か?の違いなのか。本作の選ばれし者たちは“恨“が怪獣に立ち向かう動機となり、そこに迷いはない。そういう意味でも本作は、日本生まれのハリウッド映画と言えるだろう。

  • くれい響
    「私、解ってます節」だけで構成された夢の132分
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     ギレルモ・デル・トロといえば、香港でスランプ状態にあったドニー・イェンを『ブレイド2』に起用した先見の明があるほか、『ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー』では、シシ神を連想させる森の神や巨神兵を連想させるジャイアント・ ドアウェイを登場させたジブリヲタでもある。しかも、同作では突然ロケットパンチを繰り出すなど、たびたび「私、解ってます節」を披露していたが、ついに132分間それだけで構成された究極のヲタ映画を作った。
     必殺技を繰り出す前のパイロットの絶叫に、スローで魅せるバトルシーン、そして偏執的なまでの“カイジュウ”愛。そんな『トランスフォーマー』になかった描写だけではない。昨今の大作のようにシリーズ化を狙った空気はなく、「一作でやり尽す!」という潔さも心地よい。その気合いが悪い意味で、北米での興収に反映したが、その後、公開された日本のロボットアニメ文化が根付いている中華圏で、しっかり成績を残しているのは当然だろう。
    「マジンガーZ」で印象的な青空の下でのバトルが再現されなかったことは悔やまれるが、『ロボジョックス』ごときで、胸ときめかせていた者にとって夢のような作品である。

  • 相馬 学
    怪獣映画というより血沸き肉躍るロボット映画
    ★★★★
    »読む«閉じる

     滅亡をもたらしかねない怪獣群を倒すために人類が巨大ロボットで対抗するという展開は、日本の特撮モノに見慣れた目には新鮮味はないが、絵的な興奮はそれを補って余りある。メカの起動、怪獣への一打・一撃、武器の発動などにイチイチ高揚するのは、コクピット内で同じような動きをするパイロット・コンビの動きがきっちり追われているから。メカニカルでありながらフィジカル。日本の特撮モノの良さは、まさにこういうものだったのではないか。
     ともかく、40代男性のノスタルジーをくすぐるに十分な内容。ロボ・キャラの描き分けも含めて、ギレルモ・デル・トロ監督の和製ロボット・アクションへのストレートな愛情が反映されていて嬉しくなる。
     欲を言えば、円谷プロの怪獣なみに全身ビジュアルをはっきり見せて欲しかった。夜の闇の中の“見せない”ことからくる恐怖は確かに効果的だが、よく見えないぶんキャラ的なインパクトに欠ける。せっかく“Kaiju”という呼び名をあたえたのだから、もっと見たかった……というのは欲張り過ぎか。

  • なかざわひでゆき
    ロボットVS怪獣の大味バトルを素直に楽しんじゃおうって!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    日本のロボットアニメと怪獣特撮映画に対するギレルモ・デル・トロ監督のオマージュが詰まった作品。自己犠牲を伴った悲壮感漂うヒロイズムなんか、なるほど、日本人スピリットがガッツリ注入されています。
    とはいえ、そこはいかんせん外国人の感性をフィルターとして通しているわけだから、本家日本のコアなマニアからすれば邪道に思えてしまう点が少なからずあるのは仕方あるまい。それよりも、でっかいロボットとでっかい怪獣がドカーン!ズカーン!バカーン!と、あらゆるものを破壊し尽くしながら繰り広げるハチャメチャな大激突を素直に楽しむのが得策。
    メインのロボットがロシアだ中国だと新興国が中心って完全にマーケティング的な理由ですよね?とか、菊地凛子の日本語が妙に不自然でたどたどしくありませんか?とか、細かいことは気にしない気にしない(笑)。少なくとも、今の日本映画界にはこれだけの超大作を撮る金も人材もないわけだしさ。これは正しき夏休み映画。テンションあげあげでスカッといきましょう。
    それにしても、スチュアート・ゴードン監督は「ロボジョックス」でこういうことやりたかったんだろうなあ、本当は。そう考えるとちょい切ない。

  • 森 直人
    むしろライディーン、ガンダム、エヴァ、そして進撃の巨人
    ★★★★
    »読む«閉じる

    ともあれ一定レベルは認めないと話が始まらないエポックな作品。全体の文脈としては『GODZILLA』などが失敗してきた日本製特撮(加えアニメやマンガ)文化を栄養としたハリウッド映画の成功例であり、作品組成には『ゴジラ』から『進撃の巨人』まで網羅的な影響が見える。ただし、そのぶん思い入れの強い日本のマニアの中には厳しい評価を下す向きがあるのも理解できる。

    だが普通にロボットアニメで育ってきた観客なら、素直に楽しめるはず。「巨大ロボの中に人間が入る(搭乗する)」スタイルをハリウッドが採用したのは実際画期的だし(『トランスフォーマー』とはそこが決定的に違う)、パイロットの全身動作による操縦法は『勇者ライディーン』を想い出した。単純に『ガンダム』や『エヴァ』的なものを実写で観たい、という欲望はかなりの精度で叶えてくれる。日本の映画界が出来なかった水準のことを可能にしたのは、ハリウッド帝国ならではの強みに違いない。

    リアルタイムでは賛否両論を呼びながら、結局はひとつの「基準値」として歴史的に定着していく映画の典型だろう。その意味では14年前の『マトリックス』に近いのかな、と思う。

  • 清水 節
    日本が深化させてきたジャンルへの偏愛と曲解が生んだ空疎な大作
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     盛り上げに必死になっている人々を観ていると、NIKEを模したNICEの靴を掴まされた輩に思え、八つ裂き光輪で切り刻み、ブレストファイヤーで溶かしたくなる。擁護するか批判するか。これは踏絵だ。ジャンルへのほとばしる愛だけは分かった。だからこそデル・トロには言うべきことを言おう。巨大怪獣&巨大ロボット発祥の地で産湯を浸かった身としては、製作費200億円による物量主義で空疎な大作が誕生したことに目を覆うばかりだ。
     
     終末的世界観や怪獣トラウマという引用は表層に過ぎず、消化しきれていない。怪獣の出自がアバウトすぎる。出現理由不明にした先達に学べ。フィギュアが欲しくなるキャラクターは一体も登場しない。無駄に広いコックピット内でルームランナーもどきの足扱き動作は大間抜け。豪勢な“ウルトラファイト”に欠けているもの、それは痛快さと深みだ。
     
     ワーナー極東支社は、続編に樋口真嗣を起用するよう本国へ打診せよ! あるいはローカライズの権利を取得し、日本人キャストを増員して大特撮を追加した再編集輸出版『怪獣王vsロボット王 環太平洋最大の決戦』を撮ることで、本家の威信を示すべきだ!

  • シネマトゥデイ編集長・下村 麻美
    巨大な物体をカッコよく見せる匠の技
    ★★★★
    »読む«閉じる

    スカイツリーなど巨大なものをカッコよく見せるときに広角レンズで撮るとやはり迫力があるが、デル・トロ監督カメラも匠の技で巨大兵器と巨大生命体をこれでもかというほどカッコよく撮って見せる。

    どの角度の、どの部分から見たときに、このメカニックや生物は、一番カッコよく見えるのか……。ライティング、攻撃の時のタメ……日本の特撮やアニメのオタクとして、何がカッコイイのか、知り尽くしているデル・トロ監督にしか撮れない映像には、貴重な「匠の技」を見せていただいた……という清々しい気持になる。

    デル・トロ監督と同じように日本の特撮、アニメオタクとして道を歩んできた人にとっては、理屈でなく心で共鳴するものがあることは確かだ。

    また、これほど大規模なハリウッド映画で、菊地凛子が主役級の扱いになっていることに驚くが、登場人物の人間ドラマや葛藤には映像ほど、厚みはなく、そこに期待して観る映画ではない。

動画

映画『パシフィック・リム』予告編
映画『パシフィック・リム』本予告 杉田智和吹替え版
映画『パシフィック・リム』日本限定版予告編

写真ギャラリー

Warner Bros. / Photofest / Zeta Image

ポスター/チラシ

  • 映画『パシフィック・リム』ポスター
    ポスター
  • 映画『パシフィック・リム』チラシ
    チラシ

スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『パシフィック・リム』の映画ニュース

  • 人類史上最大の建造物である中国の遺跡「万里の長城」にまつわる伝説を映像化した、マット・デイモン主演のアクション大作が『グレートウォール』のタイトルで2017年4月14日...ォー、『キングコング:髑髏島の巨神』や『パシフィック・リム』続編への出演が決定している中国人女優の...
  • ハリウッド実写映画版「ポケットモンスター」で、『ガリバー旅行記』などのロブ・レターマン監督がメガホンを取ることが明らかになった。Deadlineなどが報じた。 『GODZILL...A ゴジラ』『パシフィック・リム』などのレジェンダリー・エンターテインメ...
  • 深海から突如現れたKAIJU(怪獣)を倒すべく、人型巨大兵器イェーガーを操縦するパイロットたちを描いたSFアクション映画『パシフィック・リム』の続編のタイトルは、『パシフィック・リム...本からは真剣佑の参加が発表されている。『パシフィック・リム:メイルストロム(原題)』は2018年2月23...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『パシフィック・リム』を見た【映画】怪獣vs.巨大人型ロボット from カフェビショップ (2014年1月9日 6時41分)
    これはよかったっすね。 もうね、とにかく見てる間も観たあとも 思ったことは、なぜこれを日本で作れないのか?ということです。 どこを切っても金太郎じゃないすけど、 この映画、どこをどう切っても日本なんすよ。 怪獣映画ですよ。 カイジューですよ。 二足歩行… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「映画【パシフィック・リム】を観た / オールKAIJU総進撃を期待してたけど・・・」 from NEW WAY.NEW LIFE (2013年12月15日 17時53分)
    Pictures & Photos from Pacific Rim (2013) - IMDb via kwout映画【パシフィック・リム】をレンタルして観てたので、感想を少し ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画「パシフィック・リム」  カイジュウVSロボット from 珍竹鈴  映画とネットとモバイル機器の日々 (2013年9月11日 1時37分)
    映画「パシフィック・リム」を観ました。 日本の怪獣やロボットものから影響を受け作られた作品だそうです。 3D映画のせいか、やたら壮大感のある映像で、正直何が起こっているのかわからない感覚は、映画「トランス・フォーマー」シリーズのようです。 2名でシンク… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「パシフィック・リム」 from 元・副会長のCinema Days (2013年9月8日 8時16分)
    (原題:Pacific Rim )観ている間、とても楽しかった。さすが幼い頃から日本製のロボットアニメや特撮怪獣映画に親しんでいたというギレルモ・デル・トロ監督、凡百のハリウッド製巨大モンスター映画とは一線を画する存在感を発揮させている。  太平洋の海溝から突... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「パシフィック・リム」:わーい!怪獣映画 from 大江戸時夫の東京温度 (2013年9月7日 23時42分)
    映画『パシフィック・リム』は「怪獣+ロボットもの」を原題のVFX技術&ビッグ・バ ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2013年8月5日の週の公開作品
  3. 『パシフィック・リム』