シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
ジュピター
(C) 2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.
英題:
JUPITER ASCENDING
製作年:
2014年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2015年3月28日
(丸の内ピカデリーほか)
上映時間:
配給:
ワーナー・ブラザース映画
カラー

チェック:ラナ&アンディ・ウォシャウスキーが監督と脚本を務め、『マトリックス』シリーズ以来初のオリジナルストーリーで挑むSFアクション。知能の高い異星人に統制された地球を舞台に、唯一無二の存在である地球人の女性と、彼女を守る使命を負った男の壮大な体験を活写する。主演は『ホワイトハウス・ダウン』などのチャニング・テイタムと『ブラック・スワン』などのミラ・クニス。荘厳な世界観に圧倒される。

ストーリー:遺伝子操作された元兵士のケイン(チャニング・テイタム)は、ある女性を守るという任務のために宇宙から地球に派遣される。シカゴで清掃員として働くジュピター(ミラ・クニス)は、殺伐とした大都会での暮らしに嫌気が差していた。だが、実は彼女こそが、地球のみならず宇宙を変化させる可能性のある遺伝子を備えた唯一の人物だった。

ジュピター
(C) 2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.

映画短評

  • なかざわひでゆき
    人間描写の薄さが最大の障害か
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     女性版『マトリックス』とも、ウォシャウスキー姉弟流『オズの魔法使い』とも呼ばれる本作。うだつの上がらない主人公が思いがけず宇宙紛争に巻き込まれることで、平凡な日常や家族の有難みを知るという筋立てに、名作『スターファイター』辺りを想起するSF映画ファンも少なくないかもしれない。
     それほどまでに出尽くした感のある設定も然ることながら、登場人物たちの型通りな人間描写が最大の難点。キャラクターに血肉が通っていないせいもあって、宇宙船などの壮麗な美術セットや手間ひまをかけた派手なVFXも空々しく感じられてしまう。王位継承にやたら面倒な手続きが必要だったりするバカバカしさは嫌いじゃないけれど。

  • 相馬 学
    どっちつかずがタマに傷の女性版『マトリックス』
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     生活に疲れた主人公が、別世界の救世主になる可能性を秘めている……という大筋は『マトリックス』の女性版。しかし、詰め込まれた要素は『マトッリクス』とは異なる。

     3D映像には迫力があり、ビジュアル的に退屈させることはない。ユーモアも満点でヒロインの軽妙なキャラクターが良く出ており、本作の魅力として機能する。

     残念なのは、この軽さが『マトリックス』の1作目に宿っていた力強いテーマの伝達を妨げていること。いっそお笑いに徹してくれたらベタな家族のドラマも心置きなく楽しめたろうが、結果的にハードともソフトともつかぬ一貫性に欠けた作品となってしまった。詰め込み過ぎが惜しまれる。

  • 山縣みどり
    チャニングのマンライナーのせいで注意力散漫に……
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    『マトリックス』以降、減少していたウォシャウスキー姉弟のマジックがついに消失したようだ。もちろんアブラクサス一族が支配する王朝の造形や宇宙船はじめとするガジェット&衣装デザインなどは豪華なゴシック風だし、観客の興味を引くには十分。でも「どこかで見たような風景」というデジャヴュ感が残るのも否めない。エディ・レッドメインの満を持した感アリな悪役も薄っぺらいが、ウォシャウスキー作品と期待値が上げなければ楽しめるかも。最大のがっかりはチャニング・テイタムで、アイメイクに失笑。彼のマンライナーに気を取られて、本筋を忘れそうでした。アレはやはり、退廃的なミュージシャンあたりの専売特許にしとくべきだろう。

  • くれい響
    “脳内で”『パシリム』テーマ曲、流れます。
    ★★★★
    »読む«閉じる

    「オデュッセイア」と『ターミネーター』をミックスしたような初期設定、つか“女子版『マトリックス』”からも分かるように、相変わらず膨大な予算を懸け、アホなディストピア映画を作ってしまうウォシャウスキー姉弟の感覚がステキだ。エルフ耳を付けても、キュートじゃないチャニング・テイタムを始め、キモさ際立つマザコン王子なエディ・レッドメインやパンクメイクな雑魚キャラのぺ・ドゥナなど、俳優のムダ使いも逆に愛らしくなるほど。もちろん、『マトリックス』のミラクルは起きません。そして、次々登場するガジェット&ロボに高まりまくり。ちなみに、ロボ出動の際には『パシリム』のテーマ曲が“脳内で”流れることでしょう。

  • 平沢 薫
    監督姉弟好みのSFアイテムぎっしりの豪華絢爛SF絵巻
    ★★★★
    »読む«閉じる

    今回の飛び道具は、引力変換ブーツ。このブーツは、引力の方向を変えて、空中を全方位に飛行可能。映像では、ブーツの動きの軌跡を描いて、動きの細かさと自在さを強調、ウォシャウスキー姉弟が映画化を希望していたSF小説「スノウ・クラッシュ」の街の隙間を駆け抜けるスケートボードを連想させる。

    そんな具合に全編に監督姉弟が大好きなSFの定番アイテム(人間と他生物の遺伝子交配、長寿の知的生命体、人間の起源説等)を詰め込んで、シェイクスピア風愛憎劇と「オズの魔法使」を掛け合わせたので、デザイン様式もSFとルネサンス風装飾のハイブリッド。冒頭のロゴマークの紋様から、彼らの意匠がシッポの先まで詰まってる。

動画

映画『ジュピター』予告編
ウォシャウスキー監督の新作!映画『ジュピター』特報
キャストも絶賛する映像の凄さ!映画『ジュピター』特別映像

写真ギャラリー

Warner Bros. / Photofest / ゲッティ イメージズ

ポスター/チラシ

  • 映画『ジュピター』ポスター
    ポスター

スタッフ

プロダクションデザイン: ヒュー・ベイトアップ
視覚効果: ジョン・ゲイター

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ジュピター』の映画ニュース

  • 映画『ワイルド・スピード』シリーズ8作目の撮影が行われているアイスランドで、暴風によって飛ばされたセットの氷山が馬に当たる事故が起きたとTMZ.comが報じた。 近くの牧...草地にいた馬のジュピターは、セットとの接触で脚を骨折してしまった...
  • 映画『マトリックス』シリーズなどを監督したウォシャウスキー姉弟の弟アンディ・ウォシャウスキー(48)がトランスジェンダーであることをカミングアウトし、名前も女性名...ード・レーサー』『クラウド アトラス』『ジュピター』など話題作を監督。昨年はNetflixで配信...
  • 昨年1年間の最低映画を決定するラジー賞こと第36回ゴールデンラズベリー賞が、第88回アカデミー賞授賞式を翌日に控えた現地時間27日、米ロサンゼルスのパレスシアターで発表...演男優賞に輝いたエディ・レッドメインが『ジュピター』で最低助演男優賞に選ばれた。 4本の作品...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画:ジュピター JUPITER ASCENDING  当ブログ的には 十分に満足した、実に SFらしい SF! from 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ (2015年4月26日 19時12分)
    ウォシャウスキー兄弟 もとい!(汗...)、 ウォシャウスキー姉弟の新作オリジナルとなれば、これは劇場で観ないわけにはいかない。 何たって、あの「マトリックス」を生み出したコンビ、だからして。 なんとか公開中に滑り込み(~4/30終了) 危ない危ない… 今回の... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画「ジュピター」大味な大作、大画面じゃないと意味ない from soramove (2015年4月20日 12時48分)
    映画「ジュピター」★★★ チャニング・テイタム、ミラ・クニス、 ショーン・ビーン、エディ・レッドメイン、 ダグラス・ブース出演 アンディ・ウォシャウスキー、 ラナ・ウォシャウスキー 監督、 127分、2015年3月28日公開 2015,アメリカ,ワーナー・ブラザース映画 (原題/原作:JUPITER ASCENDING) <リンク:<a href="http://blog.with2.net/link.php?38257">人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人 ...[外部サイトの続きを読む]
  • ジュピター from ダイターンクラッシュ!! (2015年4月12日 17時36分)
    2015年4月1日(水) 16:30~ TOHOシネマズ日本橋8 料金:1600円(映画サービスデー+3D料金メガネ持参+Dolby Atmos) パンフレット:未確認 古臭い 『ジュピター』公式サイト そもそも「マトリクス」を評価していないのだが、「クラウド アトラス」を、何故かの高評価をして、阿呆映画の「スピード・レーサー」は、割と好きである。 このウォシャウスキー姉弟の新作は、兄弟時代のコケオドシ映画マトリクスのように、派手な映像なだけ。 使い古されたプロットだった「マトリクス」と比較しても ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ジュピター」 from ここなつ映画レビュー (2015年4月2日 12時37分)
    ペラッペラな感じ。一体何故こんなにペラッペラなのだろうか?物凄い勢いで全宇宙を牛耳っているはずのアブラサクス家。だが、全然そんな感じがしない。拠点の惑星も全然栄えているようには見えない。そのことだけでなく、あらゆる事がチープ過ぎる。アブラサクス家の母の彫像ときたら!私でも彫れる、かも。王家の証しが解るのが、蜂がたかってるからって…そりゃ無いよ。重力のベクトルを逆にして浮き、サーフィンの要領で宙を舞う、そんな戦い方が万能だなんて…無いでしょ。狼と人間のDNAの掛け合わせ…が、耳が尖っているだけだったり…。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • ジュピター : 木星へ行くのは危険だということ from こんな映画観たよ!-あらすじと感想- (2015年3月30日 22時29分)
    久々の更新です。仕事が忙しかったり、愛犬に不慮の事故があったり、様々なことがありました。ぶっちゃけ、心の整理ができてないところもありますが、前を向いて行くしかないと ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年3月23日の週の公開作品
  3. 『ジュピター』