シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
ビッグ・アイズ
(C) Big Eyes SPV, LLC. All Rights Reserved.
英題:
BIG EYES
製作年:
2014年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2015年1月23日
(TOHOシネマズ有楽座ほか)
上映時間:
配給:
ギャガ
カラー

チェック:世界中でブームとなった絵画シリーズをめぐり、実在の画家マーガレット&ウォルター・キーン夫妻が引き起こした事件の行方を描く伝記作品。妻が描いた絵を夫が自分名義で販売し名声を手にしていたことから、アート界を揺るがす大スキャンダルへと発展していく。監督は、自身もBIG EYESシリーズのファンであるティム・バートン。マーガレットに『アメリカン・ハッスル』などのエイミー・アダムス、夫ウォルターをオスカー俳優クリストフ・ヴァルツが演じる。

ストーリー:1950年代から1960年代にかけて、哀愁漂う大きな目の子供を描いた絵画「BIG EYES」シリーズが世界中で人気を博す。作者のウォルター・キーン(クリストフ・ヴァルツ)は一躍アート界で有名人になるものの、何と実際に制作していたのは内気な性格の妻マーガレット(エイミー・アダムス)だった。自身の感情を唯一表現できるBIG EYESを守るため、マーガレットは自分が描いたという事実の公表を考え……。

ビッグ・アイズ
(C) Big Eyes SPV, LLC. All Rights Reserved.

映画短評

  • 清水 節
    空虚な駄作続きのティム・バートンが長いトンネルから脱出した
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     悲しみをたたえた大きな瞳の人々。絵画の中の彼らは、私はここにいると真実を告げることが出来なかった描き手マーガレット・キーンその人に違いない。時節柄ゴーストライター騒動と比肩されがちだが、クリストフ・ヴァルツ扮するアーティストの手柄を横取りして芸術を騙る男は、表現すべきものが無いのに生き延びるためにアートをビジネスに変換したあらゆる策士のメタファーだ。大作を手掛けても空虚な駄作続きだったティム・バートンが、長いトンネルから脱出した。才能ある者や真の貢献者が追いやられ、したたかにプロデュースし我が物顔で振る舞う者が脚光を浴びるアートやショウビズの世界において、本作は救いのバイブルになる。

  • ミルクマン斉藤
    スマートすぎるが、それも新鮮なバートン映画。
    ★★★★
    »読む«閉じる

    バートン初の女性映画である。正しくは搾取される妻と搾取する夫の物語だが、開巻草々「女性が男性に従わないのは悪とされた時代の出来事」だとバートン映画の主要舞台サバービアを背景に宣言することからも、この映画の主役はマーガレットだといっていい。それでもなお、何故彼女が10年間も夫の言いなりに描き続けたのかはやや舌足らずなのだが、A.アダムスの微妙にして雄弁な表情の演技が補って余りある。夫(C.ヴァルツ)もただの悪人に貶めず、革新的なプロデュースの才で時代を拓いたことをちゃんと語っているのも好ましい。ピンクとブルーを強調した色彩、C.ジェイダーのヴァイブ・ジャズを持ってきたセンスも流石。

  • 相馬 学
    ヒロイン主体でも、愛着はダメ男に!?
    ★★★★
    »読む«閉じる

     ティム・バートンによる実話の映画化は『エド・ウッド』以来20年ぶり。不遇の者が逆襲に転じるという、彼お得意のストーリー運びの健在ぶりが嬉しい。

     女性が抑圧されている時代背景を踏まえながら、横暴な夫に立ち向かうヒロインの成長を活写。モルモン教への改宗などのデリケートな逸話もサラリとユーモラスに描く、バートン節は絶妙だ。

     一方で、『エド・ウッド』にも似たホラ吹き男に対する愛情が垣間見えるのも“らしさ”。夫が法廷で笑えるほど見事なダメっぷりを披露するクライマックスは、演じるヴァルツの独壇場だ。これを目にすると、監督は実は悪役であるこちらに肩入れしているんじゃないかと思えてくる。

  • なかざわひでゆき
    不完全燃焼気味なT・バートンの新境地
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     ‘60年代の米国で一世を風靡した画家ウォルター・キーン。ところが、実際に画を描いていたのは彼の地味で控えめな妻マーガレットだった。
     題材となった実話は面白い。芸術家のアイデンティティや女性の自立といった普遍的テーマは料理のしがいがあるはずだ。だが、今回のティム・バートンは彼らしい独創的な視点や表現をほぼ封印し、夫婦間に起きた出来事を客観的に紡いでいく。
     もちろん、映像作家が新たなスタイルに挑むのは当然のこと。しかし本作の場合、マーガレットはなぜ10年もの間耐え続けられたのか、ウォルターは最初から妻を利用しただけなのか、彼らの深層心理に殆ど踏み込んでいないため不完全燃焼な印象が強い。

  • 山縣みどり
    ティム・バ―トン監督に大人の映画は無理だったかも。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    『エド・ウッド』の脚本家チームと再び組んだ実話ドラマだけど、ティム・バートンらしさが感じられるのは、主人公マーガレットが描く大きすぎる瞳の子ども像だけ。かなりドラマティックな出来事なのにこのフラットさは何? 監督の持ち味であるエキセントリックな想像力をキーン夫妻それぞれの思惑や心の揺れを描くのにもっと使ってほしかった。古い因習や思考に囚われた心の弱い女性が芸術家としての権利と名声を取り戻すさまは、見方によっては一種のフェミニズム映画。ただしバ―トン監督がマーガレットの精神的支えとなったものを積極的に描かなかったため、肝心な部分がぼやけてしまったのが残念だ。

  • 平沢 薫
    ティム・バートンが新たな顔ぶれと新領域に挑戦
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    ティム・バートン監督ファンは、実在の画家夫婦を描く映画と聞いて、この監督が実在のB級ホラー監督を描いた「エド・ウッド」のような映画を予測するのではないか。が、本作は、まったく別モノ。この映画は、あの目の大きな子供たちがなぜ生み出されたのかを描く映画ではない。では何の映画なのか。ふと気になるのは、昨年末、監督と彼のパートナーで彼の映画にも出演していた女優が破局したというニュース。ひょっとしたら、この映画は、バートン監督による夫婦論なのだろうか。その視点から見ると、いろんな点で興味深くはあるのだが。次回作はファンタジー「ハヤブサが守る家」の映画化作。この映画がどう変化するのか、要注目だ。

  • くれい響
    この20年のティム・バートン監督作でベスト
    ★★★★
    »読む«閉じる

    『ビッグ・フィッシュ』から12年経つが、ティム・バートンが改めて「しっかりオトナの映画を撮れること」を実証した本作。残念ながらオスカー候補からは漏れたが、ここ20年のバートン監督作の中でもベストといえる仕上がりだ。一見、絵の才能はあるのに男運が悪い女と饒舌で上昇志向の強い男による、ちょっといい話にも見えるし、「パワーパフガールズ」にも影響を与えた「ビッグ・アイズ」を始め、60`sポップカルチャーを堪能することもできるが、それだけで済まないところが本作のスゴさ。バートン演出の下、エイミー・アダムスとクリストフ・ヴァルツが奏でる後半のホラー展開は、『ゴーン・ガール』の衝撃再び…といえるだろう。

動画

BIG EYESシリーズをめぐり起こった事件が描かれる!映画『ビッグ・アイズ』インターナショナルトレーラー
映画『ビッグ・アイズ』日本版予告
板野友美、TAKAHIROとの交際をきっぱりと否定 映画『ビッグ・アイズ』公開記念イベント

写真ギャラリー

The Weinstein Company / Photofest / ゲッティ イメージズ

ポスター/チラシ

  • 映画『ビッグ・アイズ』ポスター
    ポスター
  • 映画『ビッグ・アイズ』チラシ
    チラシ
  • 映画『ビッグ・アイズ』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『ビッグ・アイズ』特製2015年版カレンダー
    特製2015年版カレンダー

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

編集: JC・ボンド

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ビッグ・アイズ』の映画ニュース

  • 8月3日付のTSUTAYAレンタルDVD/ブルーレイランキングは、先週2位の『アメリカン・スナイパー』が、先週初登場1位だった『イントゥ・ザ・ウッズ』から首位を奪い返した。 2週...の月泥棒』(17位) 今週は、本日4日から『ビッグアイズ』、5日に『ナイト ミュージアム/エジプト...
  • 映画『グラインドハウス』『ハロウィン』などを手掛けたロブ・ゾンビ監督が、コールド・アイアン・ピクチャーズのミランダ・ベイリーと共に、作家スティーヴ・ストリヤール...ルーチョとマルクス兄弟を描いた作品は、『ビッグ・アイズ』の脚本家スコット・アレクサンダー、ラリ...
  • 1974年に全米中を騒がせたパトリシア・ハーストの誘拐事件を描く映画が始動していることが明らかになった。Deadlineや複数のメディアが報じている。 20世紀フォックスの傘下...ラー・フォースが担当する。脚本は、映画『ビッグ・アイズ』のスコット・アレクサンダー、ラリー・カ...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「ビッグ・アイズ」 from 元・副会長のCinema Days (2015年2月18日 6時38分)
    (原題:BIG EYES)出来そのものよりも、題材の方が面白い映画だ。また「エド・ウッド」(94年)以来、久しぶりにティム・バートン監督が実在の人物を取り上げたことでも注目されよう。  1950年代、主人公マーガレットは夫とうまくいかず、娘を連れて家を飛び... ...[外部サイトの続きを読む]
  • Big Eyes (ビッグ・アイズ) from Cinema Review シネマ・レビュー (2015年2月16日 16時14分)
    Big Eyes (2014) ★★★☆☆ (USA) 日本語タイトル: ビッグ・アイズ official site: http://bigeyes.gaga.ne.jp/ Starring: Christoph Waltz (クリストフ・ヴァルツ), Amy Adams(エイミー・アダムス) Director:Tim Burton(ティム・バートン) 見た理由 見... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ティム・バートンらしさを感じない「ビッグ・アイズ」 from トレッドストーンblog (2015年2月11日 15時41分)
    原題は Big Eyes 実話に基づいた映画ということで、予告を観た時で大まかなストーリーも分かってはいた。 それをティム・バートン監督がどんな映画にするのかしらん?と思って観たんだけど、 んーーーーーー、フツー(苦笑) クリストフ・ヴァルツの演技で最後までそれ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ビッグ・アイズ from sailor's tale (2015年2月8日 20時1分)
    『ゴースト・ライター』というものは、それほど悪いことだとは思わない。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • ビッグ・アイズ from ダイターンクラッシュ!! (2015年2月7日 22時36分)
    2015年2月1日(日) 14:15~ TOHOシネマズ川崎4 料金:1100円(映画サービスデー) 消えた二人。ともちんより背が低いキンタロー。は、どんだけ小さいんだ。 『ビッグ・アイズ』公式サイト ジョニー・デップとのコラボが、いい加減飽き飽きしたティム・バートンだが、デップから離れて成功だ。 嫁の絵を自分の物として、口八丁で売りまくり、名声を収めるウォルター。女の口説きも早いしで、口の立つ奴と思いきや、嫁に訴えられ、法廷で弁護士も雇わず自己弁護する姿が、阿呆丸出しで爆笑。 ドラマのペリー・メ ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年1月19日の週の公開作品
  3. 『ビッグ・アイズ』