シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
小学生には助言・指導が必要

ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!

公式サイト:http://www.worldsend-movie.jp/

チェック:『ホットファズ 俺たちスーパーポリスメン!』などのエドガー・ライト監督、サイモン・ペッグ、ニック・フロスト主演という黄金トリオが放つSFコメディー。故郷の街でパブのはしごをする中年男性5人組が、いつしか世界存亡を懸けた戦いに身を投じるはめに。『思秋期』などのパディ・コンシダイン、『ホビット 思いがけない冒険』などのマーティン・フリーマンら、イギリスの実力派が共演。奇想天外な設定や物語に加え、サイモンとニックが繰り出す息の合った掛け合いも見ものだ。

ストーリー:ひと晩に5人で12軒のハシゴ酒という学生時代に達成できなかった挑戦にリベンジすべく、故郷であるイギリス郊外の街ニュートン・ヘイヴンに戻ってきた中年男性たち。終点となる12軒目のパブ、ワールズ・エンドを目指して、ひたすら飲みまくっては大騒ぎする彼らだったが、どこか街の住民たちの様子がおかしいことに気付く。やがて、住民が何者かによって操られていることが判明。目を光らせて青い血を流す彼らに追い掛けられながらも、五人はハシゴ酒を成し遂げようと逃げては飲んでを繰り返していく。

ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!
(C) Focus Features

映画短評

  • なかざわひでゆき
    画一化された社会に反旗を翻す酔っ払いたち
    ★★★★
    »読む«閉じる

     マニアックな侵略型SF映画にオマージュを捧げた作品。大人になれない大人の悲哀を笑い飛ばしつつ、でもさ、社会の歯車みたいなクソつまんねーオヤジになるより良くない?と主人公の肩を持つ辺りがエドガー・ライト監督らしい。
     町の住民がエイリアンに乗っ取られるのは「ボディ・スナッチャー/恐怖の街」、侵略を見て見ぬふりする無責任な連中は「原子人間」…。とはいえ、元ネタ探しはあくまでもオマケだ。
     エイリアンに支配された町はチェーン店ばかり。一見すると豊かだが画一的で味気がない。これはグローバリズムによる近代化と引き換えに、個性や自由を失った現代社会へ反旗を翻す酔っ払いたちを描く鋭利な風刺コメディなのだ。

  • くれい響
    こっちの“セカオワ”は、カーペンター×『五福星』!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    監督と主演コンビが一旦離れ離れになってからの再結集作だけに、“オヤジ版『ロミーとミッシェルの場合』”な同窓会コメディから始まる展開は、じつに感慨深い。その後、ジョン・ウィンダムなど、SF作家の影響…というより、監督の世代的にリメイク版『物体X』『光る眼』といった、ジョン・カーペンター監督作への想いが激アツ(ラストも!)。
    おまけに『ブルークリスマス』もビックリのエイリアンとのバトルの演出は、ジャッキー・チェンの愛弟子。酔っぱらい=『酔拳』というアホすぎる発想での起用だが、イスを使ったニック・フロストの動きはどう見てもサモ・ハン・キンポー。つまり、主要キャラは五銃士でなく、『五福星』なのだ!

  • 相馬 学
    あっぱれな振り切れ、ビール片手でぜひ!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     大人になれないダメ男の成長をジャンル映画のフィルターをとおして描いた、エドガー・ライト監督の三部作完結編。前2作『ショーン・オブ・ザ・デッド』『ホット・ファズ~』が好きならば間違いなく本作もイケる。

     インベージョン物のSFを下敷きにしてコメディを展開させる。そんなライト監督の演出は今回も快調。中年になっても学生気分が抜けない主人公にふんしたサイモン・ペッグの妙演もしかりで、“コイツ、アホだなあ”と思いつつも共感してしまう。

     前2作から比べて進化と言えるのは、かなり思い切った結末。詳しくは述べないが、飛躍の凄まじさに拍手したくなる。マジメに見る必要はナシ。観る側も酔っぱらうべし!?

  • 山縣みどり
    つまらない大人になるな! 反抗期よ永遠なれ?
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     前2作で異常事態に直面した凡庸な人間の怯えとサバイバルを笑いに昇華させるジャンルを確立したトリオの心に潜む少年は今も健在! 本作は人生の頂点だった高校時代にしがみつく“マン・チャイルド”ゲイリーがかつて断念した「ゴールデン・マイル」制覇に挑む展開。偉業は実は単なる町のパブ12軒のはしごで、のっけから脱力。しかし酒が回るとともに始まる『ワイルド・スピード』なみの暴走と過去作を超えるバカバカしい異常事態発生にトリオの攻めの姿勢が光る。主人公たちが戦う相手が実は、社会人ゆえの束縛感や退屈な日常のメタファーなのがライト監督らしい。つまらない大人になるな、反抗期よ永遠なれってこと。

  • 平沢 薫
    エドガー・ライト監督作に(今のところ)ハズレなし
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     SF映画ファンとUKポップファンは、ただ平伏すしかない。40代になってもスープ・ドラゴンズの「I'm Free」が自分のテーマ曲だと信じる男が久々に故郷に帰ると、そこは「ボディ・スナッチャー/恐怖の町」で「光る眼」になっていた、そんな映画なんだから。

    「ショーン・オブ・ザ・デッド」「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」と本作で完結する三部作が描くのはみな、ダメ人間たちが自分流のハッピーを手に入れるまでを、オタクネタとギャグとナイスな音楽たっぷりに描く、ダメ人間専用の理想郷。そして、エドガー・ライト監督自身もその楽園の住民に違いない、と観客に確信させるところに、この監督の真髄がある。

  • ミルクマン斉藤
    「ショーン・オブ・ザ・デッドPart2」の趣も。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    入口はいかにもなジャンル・ムーヴィ。だけど、いつしかまったく違う次元へと観客を導くのが「ライト&ペッグ&フロスト」トリオの映画だ。今回の出発点はいわゆる「同窓会コメディ」。でも事態は途中から激変、とんでもないハナシにボディ・スナッチングされるわけ…ってまあ、あからさまなネタバレは避けたいが(笑)、何度も映画化されたそのネタは共産主義の恐怖の暗喩といわれたもの。でも本作ではカフェチェーンに代表される画一化、グローバリゼーションへの、資本主義からドロップアウトした酔いどれオッサンの皮肉と抵抗へ換骨奪胎されているのが小気味いい。リアルさ無視で炸裂するクンフーアクションも爆笑必至。

動画

映画『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』予告編

写真ギャラリー

Focus Features / Photofest / ゲッティ イメージズ

ポスター/チラシ

  • 映画『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』ポスター
    ポスター
  • 映画『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』チラシ
    チラシ
  • 映画『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』缶バッジ型栓抜き
    缶バッジ型栓抜き

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

共同製作: マイリ・ベット
撮影監督: ビル・ポープ
キャスティング: ニナ・ゴールド

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』の映画ニュース

  • 長年ドリームワークス・アニメーションが温めてきた映画『クルードさんちのはじめての冒険』(2013)の続編企画が、ついに消滅した。 『クルードさんちのはじめての冒険』は...インナップに、『シュレック』第5弾と、『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』のエドガー・...
  • 心優しい緑の怪物シュレックと仲間たちの冒険を描いた映画『シュレック』シリーズの第5弾が2019年全米公開に向けて製作されるかもしれない。The Hollywood Reporter が報じ...明らかになっていない。なお、もう1本は『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』のエドガー・...
  • 映画『スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団』『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』のエドガー・ライト監督が、英SF作家ニール・ゲイマンが執筆し、スコッテ...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ワールズ・エンド 酔っ払いが世界を救う! from 晴れたらいいね~ (2014年10月22日 1時0分)
    これは外せんと言いつつ、しっかりレンタル開始日を忘れていた。なんてこった!久しぶりにレンタル店に行ったんだけど、あってよかった♪(一週間以上行かなかったら「久しぶり」 ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • レッツ・ブーブー!『ワールズ・エンド 酔っ払いが世界を救う!』 from For James Bond 007 Lovers Only (2014年7月4日 20時27分)
    レッツ・ブーブー!『ワールズ・エンド 酔っ払いが世界を救う!』 ...[外部サイトの続きを読む]
  • ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う! (2013) ▲ from どんくらの映画わくわくどきどき (2014年6月16日 3時25分)
    たとえ人類が滅亡しても12軒のはしご酒の目標を達成するという強い信念を持った中年のダメ男たちに侵略者が手を焼くコメディ。結構笑えた。パブの看板がどれも素敵、どの一枚もインテリアになりそう。 > 英国のビール:映画にも出てくるように英国ではビールを冷やさず泡も立てずコップのふちぎりぎりまでビールを注いで飲む。 > 英国初の円形交差点(roundabout):欧米の郊外によくある円形交差... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!」 from prisoner's BLOG (2014年5月8日 10時26分)
    酔っ払いたちが酒場めぐりすると宇宙人に会うという、酒の上の幻覚じゃないのかと思わせる展開で、突拍子ないようで画面の流れからすると意外とスムースにつながっているのが面白いところ。宇宙人が神の代理みたいな感じなのも、アルコール依存症治療団体のAAで擬似的な神... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う! from ダイターンクラッシュ!! (2014年5月6日 1時56分)
    2014年5月2日(金) 21:10~ チネ7 料金:1300円(レイトショー料金) パンフレット:未確認 12パイント飲むものりが悪い 『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』公式サイト 「ショーン・オブ・ザ・デッド」「ホット・ファズ」の主演コンビと監督、「宇宙人ポール」の主演の親友コンビ。 パブを12件ハシゴしながらも、宇宙人の侵略から地球を救う。 これで面白くない筈がなかろうというものだが、最初から最後まで調子が出なかった。 途中で字幕が出なくなって、リブート。止めたところの20分くら ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年4月7日の週の公開作品
  3. 『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』