シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
クロニクル
(C) 2011 Twentieth Century Fox
英題:
CHRONICLE
製作年:
2011年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2013年9月27日
上映時間:
配給:
20世紀フォックス映画
カラー

チェック:ごく普通の生活を送っていた高校生たちが、突如として超能力者として覚醒したことから思わぬ事態に身を投じていくSF作。メガホンを取るのは、テレビドラマ「キル・ポイント」シリーズの新鋭ジョシュ・トランク。キャストには、『欲望のバージニア』のデイン・デハーン、『キャリー』(2013年)のアレックス・ラッセルなどの若手注目株が顔をそろえている。自動車を次々と跳ねのける超能力の描写に加え、ティーンエイジャーの日常や心情をリアルにすくい取ったドラマ部分も魅力。

ストーリー:超能力を手にした、高校生のアンドリュー(デイン・デハーン)、マット(アレックス・ラッセル)、スティーヴ(マイケル・B・ジョーダン)は、自分たちの姿をビデオで記録することに。超能力を使い、他人がかんでいるガムを口から取り出したり、女子のスカートをめくったり、空中でアメフトをしたりと、退屈だった毎日を刺激的なものに変える三人。そんなある日、クラクションを鳴らして後方からあおってきた車を、アンドリューが超能力でスリップさせる。それを機に、彼は超能力を乱用するようになり……。

クロニクル
(C) 2011 Twentieth Century Fox

映画短評

  • 清水 節
    この激しくも悲しい思春期SFが限定公開で終わってはいけない!
    ★★★★
    »読む«閉じる

     またもPOVのファウンド・フッテージものか…という一言で片付けられることなく全米で社会現象化したのは、驚き以上に思わぬ切なさに満ちていたからだ。『キャリー』のキャッチコピーを引用し「アンドリューをいじめないで! 彼が泣くと恐しいことが起こる…」と語りたいほどに激しくも悲しい思春期SFは、鬱屈した高校生が、失業中の父との確執、病床の母への思慕、虐めに遭う学校生活といった日常をビデオカメラで撮影していく。そして得てしまった強大な特殊能力。青年は持て余し暴走する。一人称の主観撮影映像という手垢の付いた設定は、カメラをも念動力で動かす発想によってまんまと更新され、三人称映像や監視カメラ映像へスムーズに移行し視点は拡がりを見せる。
     
     『パラノーマル・アクティビティ』はスピルバーグの助言でエンディングを差し替えることによって恐怖が増大したが、本作の後半はあの衝撃度を100倍に増幅させる。ティーンの内的葛藤の発露が、『AKIRA』をも凌ぐ壮絶な超能力バトルに発展するのだ。このセンス・オブ・ワンダーな思春期SFが、劇場パンフすら制作されない首都圏限定2週間公開なんて日本の映画界はどうかしている。

  • 相馬 学
    危う過ぎて目が離せないテレキネシス少年暴走日記
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     全米の週末興行チャートで初登場ナンバーワンを記録して以来、じつに1年半以上を経ての日本公開。近年まれに見るイキの良いスリラーで、待ちに待ったという言葉がピッタリくる。

     謎の物質に触れたことで念動力を身につけた高校生3人組の日常が、その中のひとりが持つビデオカメラ越しの映像で語られる、いわゆるファウンド・フッテージ・スタイル。そこにはスクール・カーストの生々しい実態も記録されており、その最下層に属するビデオカメラ少年はイジメの対象となっている。そのうえ家庭環境もヒドいので、身につけた念動力が暴走するのは必然的。そんな危うさを漂わせ、ピリピリとしたムードを高めながら、少年版『キャリー』と呼びたい物語はスリルを加速させる。

     3人の少年の念動力の強さに個人差がある点も面白く、皮肉にもこのビデオ少年のパワーがもっとも強い。そういう点でも緊張感にあふれ、目が離せない快作。限られた映画館でのみの上映であることが惜しい。

     なお、暴走少年を演じたデイン・デハーンは『アメイジング・スパイダーマン』の続編にハリー・オズボーン役で出演する注目株。ぜひチェックしておきたい。

動画

映画「クロニクル」予告編

写真ギャラリー

Twentieth Century Fox Film Corporation / Photofest / Zeta Image

ポスター/チラシ

  • 映画『クロニクル』ポスター
    ポスター

スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『クロニクル』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • クロニクル from 晴れたらいいね~ (2014年3月2日 1時58分)
    久しぶりに詰んだ記事書き(笑)この映画は、評判もよかったし、プレイス・ビヨンド・ザ・パイン/宿命で好演だったデインくん主演だったので、楽しみでした♪借りたいと思ってても ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画「クロニクル」特別な能力を持つという夢 from soramove (2014年1月29日 21時3分)
    映画「クロニクル」★★★☆DVD鑑賞 デイン・デハーン、アレックス・ラッセル、 マイケル・B・ジョーダン出演 ジョシュ・トランク 監督 84分、2013年9月27日公開 2011,アメリカ,20世紀フォックス映画 (原題/原作:CHRONICLE) <リンク:<a href="http://blog.with2.net/link.php?38257">人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 全米初登場1位を獲得、 日本では各地で限定公開された ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「映画【クロニクル】を観た / 真実の超能力学園Z!!!」 from NEW WAY.NEW LIFE (2013年12月13日 8時36分)
    Pictures & Photos from Chronicle (2012) - IMDb via kwout映画【クロニクル】をレンタルして観てたので、感想を少し ...[外部サイトの続きを読む]
  • クロニクル from 映画三昧、活字中毒 (2013年11月11日 7時44分)
    ■ シネマカリテにて鑑賞クロニクル/CHRONICLE 2012年/アメリカ/84分 監督: ジョシュ・トランク 出演: デイン・デハーン/アレックス・ラッセル/マイケル・B・ジョーダン/マイケル・ケリー/アシュリー・ヒンショウ 公開: 2013年09月27日 公式サイト 引っ込み思案で親しい友だちもいないアンドリュー・デトマーは、無職で暴力をふるう父親と病気の母親との暮らしに嫌... ...[外部サイトの続きを読む]
  • クロニクル from ダイターンクラッシュ!! (2013年10月12日 0時26分)
    2013年10月11日(金) 19:10~ TOHOシネマズ日劇3 料金:1000円(特別料金) パンフレット:未確認 江田四朗とか高鳥慶輔。ただし邪淫無し。 『クロニクル』公式サイト 宇宙人の置物か何か知らないが、妙なものを触ったおかげでテレキネシス能力がついた高校生3人組。 東丈と同じ方式で、テレキネシス能力により、空を高速で移動するようにもなる。 テレキネシスというより、空気を自在に操れるのか、手を触れずに何でも破壊可能。 そうなると、苛められっ子のオタク少年が暴君に豹変していく。 馬鹿に権 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2013年9月23日の週の公開作品
  3. 『クロニクル』