シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

チェック:記憶を失った暗殺者ジェイソン・ボーンの孤独な戦いを描くスパイアクションシリーズの第5作。シリーズ第2作、第3作を手掛けたポール・グリーングラス監督と主演のマット・デイモンが再びタッグを組み、自身の隠された過去の秘密をめぐり、ボーンが新たな戦いに身を投じるさまが展開する。CIAの元同僚役でジュリア・スタイルズが続投するほか、オスカー女優アリシア・ヴィキャンデル、『トランス』などのヴァンサン・カッセル、ベテランのトミー・リー・ジョーンズらが出演。

ストーリー:ひっそりと暮らしていたジェイソン・ボーン(マット・デイモン)の前に、CIAの同僚だったニッキー(ジュリア・スタイルズ)が姿を現す。彼女はCIAが世界中を監視・操作するための極秘プログラムを立ち上げたことと、ボーンの過去にまつわるある真実を告げる。これをきっかけに、再び動き始めたボーンの追跡を任されたCIAエージェントのリー(アリシア・ヴィキャンデル)は、彼を組織に取り込もうとするが……。

ジェイソン・ボーン
(C) Universal Pictures

映画短評

  • 相馬 学
    原点に回帰したグリーングラスの職人芸だけでOK
    ★★★★
    »読む«閉じる

     主人公名を題名にした点からも察せられる原点回帰。原点とはポール・グリーングラス監督が初めてシリーズの演出を手がけた2作目『ボーン・スプレマシー』のことだ。

     同作の秀逸さ――状況をスピーディなカット割りでリアルに見せる――に立ち返った点が嬉しい。ポーンとCIAの駆け引きの描写も、派手なアクションがないのにダイナミックなもの感じることができる。

     3作目『ボーン・アルティメイタム』で強調されたアクションの肉体性は、第二班監督ダン・ブラッドリーの降板が影響したのか、希薄。アクションのイノベーターとしての役割をボーンは終えたのかはわからない。が、グリーングラスの職人芸だけでも元はとれる。

  • なかざわひでゆき
    監視社会の怖さが際立つシリーズ第5弾
    ★★★★
    »読む«閉じる

     マット・デイモンが9年ぶりにシリーズ復帰した5作目。トレッドストーン計画とジェイソンの父親(グレッグ・ヘンリー!)の知られざる関係を物語の軸にしつつ、政治や権力に対する強い不信が渦巻く今の世界情勢を色濃く反映させていく。
     中でも際立つのは監視社会の深刻さだ。通信衛星や監視カメラなどによって、世界中のどこでも行動や会話はCIAに筒抜け。国防という大義名分もと、外国の一般市民をも平気で巻き添えにしかねない怖さが浮かび上がる。
     息をつかせぬスピーディーで大掛かりな展開も絶好調。特にクライマックスのカーチェイスは文句なしに圧巻だ。ツッコミどころも少なからずあるが、トータルでは期待以上の面白さ。

  • 山縣みどり
    YahooもFacebookも信用しないほうがいいかも
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    暗殺マシーン、ボーンの帰還なわけだけど、ミレニアル時代のスパイの必須知識であるコンピュータに精通しているあたりがすごい。いつの間に? SNSにバックドアを仕掛けた作戦を暴くのがメインと思いきや、やはり過去が亡霊のように蘇るわけで、このシリーズの様式美は健在。コンピュータの位置情報を駆使するアクションなど時代性を反映させたアクションも見応えあるし、ファンはたまらないはず。でもでも、気になったのはやはりトミー・リー・ジョ―ンズ演じるCIA長官主導の作戦。YahooがFBIに協力してるという報道も出たし、各SNSがバックドア作っててもおかしくない。そんなSNSがあればスパイは不要だしね。

  • 平沢 薫
    グリーングラス監督が動体視力の限界に挑む
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     ストーリーも、アクション演出も、シリーズの集大成。まずストーリーは、"ジェイソン・ボーン"とはどんな理由から生まれた存在なのかというシリーズの根本にある謎に、くっきりした答を出す。その謎を解き明かす過程に、これまでのシリーズの登場人物たちを絡めているところが巧い。アクション演出も、ポール・グリーングラス監督がシリーズ第2作で用いた手法の集大成。その後の映画に大きな影響を与えた、手持ちカメラを多用して細かいカット割りで見せるあの演出法を極限まで推し進め、観客の動体視力の限界に挑戦。最初は刺激過多に感じられるこの演出が、映画のクライマックスに至る頃には、すっかり快適な刺激になっている。

  • くれい響
    グリーングラス監督好きとしては、あまりに複雑
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    素直にボーン復活は喜ばしく、ジュリア・スタイルズのニッキーが追われる側となり、アリシア・ヴィキャンデル演じる新キャラが追う側になる、いかにも“新章”な設定も悪くない。とはいえ、これがポール・グリーングラス監督作というのは、あまりに納得いかない。ハッキングの件をはじめ、演出に恐ろしいほど緊張感がなく、アクションを畳みかける構成がより単調に。十八番だった手持ちカメラも空回りだ。確かにラスベガスのカーチェイスは圧巻だが、監督の名を広めた『スプレマシー』には劣り、暗殺者役のヴァンサン・カッセルの存在感はあるものの、格闘シーンも革新的だった『アルティメイタム』に遠く及ばず。一体、監督に何があったんだ!?

動画

ポール・グリーングラス監督×マット・デイモン再び!映画『ジェイソン・ボーン』予告編
『ボーン』シリーズ最新作!映画『ジェイソン・ボーン』(原題)新映像
映画『ジェイソン・ボーン』インターナショナル・トレーラーA
映画『ジェイソン・ボーン』特別映像
オスカー女優アリシア・ヴィキャンデル来日!誕生日を祝う 映画『ジェイソン・ボーン』PRイベント
『ジェイソン・ボーン』マット・デイモン インタビュー ジェイソン・ボーンはボクサーのように歩く!
人死んでない?『ジェイソン・ボーン』衝撃カーチェイス
今週のHOT MOVIES 2016.10.7-8

写真ギャラリー

(C) Universal Pictures

ポスター/チラシ

  • 映画『ジェイソン・ボーン』ポスター
    ポスター
  • 映画『ジェイソン・ボーン』チラシ
    チラシ
  • 映画『ジェイソン・ボーン』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督・脚本・製作:
キャラクター原案: ロバート・ラドラム

キャスト

ジェイソン・ボーン:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ジェイソン・ボーン』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「ジェイソン・ボーン」 from 元・副会長のCinema Days (2016年11月12日 6時38分)
    (原題:JASON BOURNE)何やら、証文の出し遅れみたいな印象を受ける映画だ。そもそも、前の三部作でこのシリーズはひとまず完結しているはずだった。それでも今回あえて主人公ボーンを引っ張り出すからには、それに相応しいネタを用意して然るべきだが、これがどうにも... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画「ジェイソン・ボーン」同じ様な繰り返しだけど、次は新たな展開か? from soramove (2016年11月8日 20時25分)
    映画「ジェイソン・ボーン」★★★★ マット・デイモン、トミー・リー・ジョーンズ、 ヴァンサン・カッセル、ジュリア・スタイルズ、 アリシア・ヴィキャンデル出演 ポール・グリーングラス 監督、 123分、2016年10月7日(公開 2016,アメリカ,東宝東和 (原題/原作:JASON BOURNE) <リンク:<a href="http://blog.with2.net/link.php?38257">人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「マッ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『ジェイソン・ボーン』の感想 安定の面白さ。ヴァンサンカッセルが超クール! from 四十郎おっさんが綴る映画やアニメの感想まがい (2016年11月7日 23時2分)
    YOU KNOW HIS NAME.今回ご紹介する映画:『ジェイソン・ボーン』(原題「JASON BOURNE」)オススメ度:★★★★★(五つ星!)予告編動画 『ジェイソン・ボーン』のあらすじ一連の事件以来 ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ファンにとっては新鮮味に欠ける「ジェイソン・ボーン」 from トレッドストーンblog (2016年10月9日 18時27分)
    原題は Jason Bourne マッド・デイモンがボーンシリーズに復帰! ということでボーンの大ファンとしては期待8割、不安2割のような心境で観た。 ・まずタイトル、これまでシリーズ全作「ボーン○○」というタイトルだったのになぜ今回はシンプルに「ジェイソン・ボーン」  にしたのか?  ボーンが一連のプロジェクトに関わる背景を描いているからなのか?  もうこれでボーンシリーズは 本当に終わり!ということなのか。。。 ・そもそも前作でボーンはCIAと関わるのを止めたはず。区切りが付いたはず。  ニッキ. ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画『ジェイソン・ボーン』★vs.BOSSとカーチェイスとCIA美女☆ from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆** (2016年10月9日 0時52分)
    &nbsp; &nbsp; 作品について http://cinema.pia.co.jp/title/169106/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 &nbsp; 主演:マット・デイモン CIA の BOSS :トミー・リー・ジョーンズ CIA 美女(ヘザー・リー):アリシア・ヴィキャンデル &nbsp; 記憶を失くした暗殺者―と言えば彼のコト☆ ボーン再... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年10月3日の週の公開作品
  3. 『ジェイソン・ボーン』