シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
どなたでもご覧になれます

トランスフォーマー/ロストエイジ

公式サイト:http://www.tf-movie.jp/
トランスフォーマー/ロストエイジ
(C) 2014 Paramount Pictures. All Rights Reserved. HASBRO, TRANSFORMERS, and all related characters are trademarks of Hasbro.
英題:
TRANSFORMERS: AGE OF EXTINCTION
製作年:
2014年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2014年8月8日
上映時間:
配給:
パラマウント ピクチャーズ ジャパン
シネマスコープ/ドルビーサラウンド5.1ch/7.1ch/ドルビーアトモス/2D/3D

チェック:前3作よりキャストとデザインを新しくし、オートボットと人類が挑む新たな戦いを描くアクション大作。人類滅亡をたくらむロックダウンの襲来や謎多き第三の勢力ダイナボットの攻撃に、オプティマスらが人間と共に激しい戦闘を繰り広げる。製作総指揮のスティーヴン・スピルバーグと監督マイケル・ベイは続投、オプティマスを手に入れた発明家役でマーク・ウォールバーグが出演する。新デザインで登場するオプティマスやバンブルビーはもちろん恐竜を基に作られたダイナボットなどの新キャラクター、迫力あるバトルやトランスフォームに興奮。

ストーリー:ディセプティコンとの激戦から4年。発明家のケイド(マーク・ウォールバーグ)はかなり安い値段でトラックを手に入れるが、それは何とオプティマスだった。そこへオプティマスらトランスフォーマーを取り締まる政府の秘密機関KSIが登場。ケイドと家族はKSIに抗いピンチになるも、オプティマスに助けられる。そのころ、新しいディセプティコン、ロックダウンが地球に出現。さらにはダイナボットも復活し、オプティマスは捕まってしまう。

トランスフォーマー/ロストエイジ
(C) 2014 Paramount Pictures. All Rights Reserved. HASBRO, TRANSFORMERS, and all related characters are trademarks of Hasbro.

映画短評

  • 中山 治美
    M・ベイ流中国マネーの使い方
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     時流にノり、中国市場優先で新たに舵を切った同シリーズ。そのおもねり方が注目されていたが意外にもM・ベイの気骨さに惚れ直すかもしれない。中国企業の登場時間が短く訴訟問題になっている事に象徴するように、すべてが「出しときゃいいんでしょう」という雑な扱い。一方でS・ジョブズ風科学者が人工トランスフォーマーを中国で大量生産を試みるも品質に難ありと、中国製品をチクリと風刺。むしろそっちを怒った方がいいなじゃないか?とツッコミたくなるほどだ。
     とはいえ、そんな裏事情も気にならないほど、仁義を通して地球のために闘うトランスフォーマーの死闘に見入ってしまうはず。男気ロボット、かっけー!。 

  • なかざわひでゆき
    M・ベイらしい商魂逞しさ全開のアトラクション・ムービー
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     相変わらずいろんな意味で大味なシリーズ最新作。中国当局にカッコ良く見得を切らせる辺りなど、チャイナ市場をモロに意識していて、マイケル・ベイらしい商魂の逞しさに苦笑いせざるを得ないが、その露骨なコマーシャリズムこそ本作の真髄だろう。
     驚くべき歴史の真実!ってのも恐竜を見せるための口実に過ぎず、ストーリー的な意味も必然性も皆無。ましてや薄っぺらな人間ドラマに何かを求めちゃいけない。
     オートボットとディセプティコンが戦って暴れて破壊しまくる、その縦横無尽なCGスペクタクルをエンジョイできればそれで良し。そういう意味では正しきアトラクション・ムービーであり、ファンの期待は裏切らないはずだ。

  • ミルクマン斉藤
    渡辺謙の英語アテレコ、声だけで判るとは大したもんだ。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    相変わらず音も台詞も画面も必要以上にウルサいし、なのに眠気が襲うほど中盤ダレるし、展開は行き当たりばったりの子供騙し。今回はあからさまに過ぎるタイアップ(笑)がそれを増幅させるうえ、そもそも所詮オモチャじゃねぇか、としか認識できないから物語にも入りこめない。M.ウォールバーグはオートボットの武器まで持って闘いまくるのに、娘の彼氏は若いのにな~んもしない。俺ならこんな男に娘はやれんね。でも後ろ1時間の香港決戦が、ジャッキー・チェンへのオマージュまであってなかなか楽しいのだ(その前のシカゴ対決はぶっ壊しまくるだけで最悪)。それにしてもリー・ビンビンにこんなメイクするなんて美的感覚はないのか。

  • 平沢 薫
    今回も、メカフェチだったら美味さ倍増
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    このシリーズを見るたびに、自分がメカフェチでないのが残念でならない。もしそうなら、あの鋼鉄のザラザラとした質感と、各部がカシャカシャと別の形に結合されていくときの金属の擦れ合う感じだけで、至高の快感が味わえるのに違いない。今回の新型ボディのツルツルピカピカな質感も、変形する金属も、たまらない珍味なはず。

    メカフェチじゃなくても、2つの舞台、アメリカの田舎と中国の大都会で、タイプの違うアクションが大スケールで展開、恐竜型も登場する大盤振る舞いに、お腹は満腹。ドラマも人類VS非人類という壮大さだが、逆に、オートボットと少年の心が通い合うといったシリーズの原風景が見たくなるのは贅沢?

  • くれい響
    シリーズ最高の体力勝負!?
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    2作目『リベンジ』からマイケル・ベイ監督と観客の体力勝負な感があるが、キャスト一新の今回は最長の165分! フツウならクライマックスな見せ場後に、香港が『北京原人の逆襲』以来の惨事となる一大決戦が待っているので、体力の温存はマストだ。
    ダイナボットまで参戦するなか、レイ・ロイがバイクを貸し、警官マイケル・ウォンも出動。ジャッキー・チェン好きなベイ監督だけに、『ペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金』で組んだマーク・ウォールバーグに、『プロジェクトBB』の排気口ジャンプ・アクションをやらせるなど、前作の“シカゴの惨劇”超の見せ場連発。中国資本から「中国政府が香港を守る」のセリフは少し引くが…。

  • 相馬 学
    空疎で悪いか!? とことんド派手な、開き直りの美学
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     巨大ロボ(正しくは異星生命体)のクールな変身とバトル、派手な爆破。お色気もギャグもある。これ以上、何を求める? シリーズのファンには、もはや愚問だろう。

     ディテールに気を配らない展開をツッこんだらキリがないが、本シリーズの面白さはそんなことを気にさせない勢いにある。戦う、壊す、ぶっとばす。今や一大市場である中国に目配せした、クライマックスの香港の破壊シーンに到達する頃は、もう満腹だ。

     こうなると、恐竜や創造主などシリーズ過去作でひと言も触れられていない新設定の後出しジャンケン感をツッこむ気にもならない。シリーズをとおして磨かれてきた力技は、ある意味、マイケル・ベイの美学なのだろう。

動画

映画『トランスフォーマー/ロストエイジ』予告編
映画『トランスフォーマー/ロストエイジ』日本版最新劇場予告編
映画『トランスフォーマー/ロストエイジ』テレビスポット「トラスト篇」
映画『トランスフォーマー/ロストエイジ』最新映像第2弾
映画『トランスフォーマー/ロストエイジ』サッカーコラボCM
映画『トランスフォーマー/ロストエイジ』最新映像
映画『トランスフォーマー/ロストエイジ』「リメンバー・シカゴ」特別映像
映画『トランスフォーマー/ロストエイジ』撮影ウラ特別映像
セクシードレス姿の新ヒロイン ニコラ・ペルツ『トランスフォーマー/ロストエイジ』ジャパンプレミア
映画『トランスフォーマー/ロストエイジ』最新テレビCM
映画『トランスフォーマー/ロストエイジ』特別映像
破壊シーンの舞台裏!『トランスフォーマー/ロストエイジ』ブルーレイ&DVD特典映像

写真ギャラリー

Paramount Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

ポスター/チラシ

  • 映画『トランスフォーマー/ロストエイジ』ポスター
    ポスター
  • 映画『トランスフォーマー/ロストエイジ』ポスター
    ポスター
  • 映画『トランスフォーマー/ロストエイジ』ポスター
    ポスター

スタッフ

監督・製作総指揮:
プロダクションデザイナー: ジェフリー・ビークロフト
視覚効果スーパーバイザー: スコット・ファーラー

キャスト

(声の出演)
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『トランスフォーマー/ロストエイジ』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『トランスフォーマー ロストエイジ』を観た【映画】マーク・ウォールバーグ主演、マイケル・ベイ監督によるシリーズ第4弾 from カフェビショップ (2015年4月22日 7時36分)
    いやー、わけがわからない。 歳のせいなのか、目がついていかない。 アクションやらCGやら動きのあるシーンが 盛りだくさんなんすけど、 全然、目がついていかない、動きに。 なんかわーわーやっとりますなあぐらいにしか 思わない、思えない絵作り。 トランスフォ… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「トランスフォーマー ロストエイジ」 from ここなつ映画レビュー (2014年9月1日 17時18分)
    「トランスフォーマー的なもの」はもう観ない事に決めていた。合体モノは別に好きじゃないし、息子達ももう合体モノを無条件で喜ぶ年でもない。それに2011年の前作を観て激しく後悔し、何でこんなの観ちゃったんだろう?と、レビューも大変失礼なものを非常に手短に書かせていただいたりしたので。しかし、人間側(…?)の主役がマーク・ウォルバーグなのである。カルバン・クラインのモデルの頃から彼のファンで、彼の出演作は殆ど全て観て来た私にとって、「トランスフォーマー的なもの」(いや、本当に「トランスフォーマー」なんですけど)だ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画「トランスフォーマー ロストエイジ」技術は大満足、ストーリーがもうひとつ from soramove (2014年8月14日 9時19分)
    映画「トランスフォーマー ロストエイジ」★★★★ マーク・ウォールバーグ、ニコラ・ペルツ、 スタンリー・トゥッチ、ソフィア・マイルズ、 ジャック・レイナー出演 マイケル・ベイ監督、 165分 2014年8月8日公開 2013,中国;香港,ツイン (原題/原作:TRANSFORMERS: AGE OF EXTINCTION) <リンク:<a href="http://blog.with2.net/link.php?38257">人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか ...[外部サイトの続きを読む]
  • トランスフォーマー ロストエイジ (2014) ▲ from どんくらの映画わくわくどきどき (2014年8月13日 3時15分)
    トランスフォーマーシリーズ4作目。 人類が話の主役がシャイア・ラブーフに代わってマーク・ウォールバーグ、ニコラ・ペルツになった。 元々日本製の玩具を基にした映画だけど、新しく登場したガルヴァトロンの変形にはおもちゃをのイメージはない。 3Dで観たが、比較的近い映画館の中で字幕版を早い時間に上映してるのがたまたま3Dだったから。 □ エイリアンによるシカゴの破壊から5年、CIAのア... ...[外部サイトの続きを読む]
  • トランスフォーマー/ロストエイジ/いつもどおりのマイケル・ベイだよ from 映画感想 * FRAGILE (2014年8月11日 12時0分)
    トランスフォーマー/ロストエイジTransformers: Age of Extinction/監督:マイケル・ベイ/2014年/アメリカ バンブルビーがかわいいので最高だと思います。 ユナイテッド・シネマとしまえんスクリーン4、D-11で鑑賞。2D字幕です。 長いので、3Dだと目がつらいだろうなあと思いますね。 わたしはマイケル・ベイが大好きなので、あばたもえくぼな部分は大いにあります。 あらすじ:オートボットが狩られてコピーされました。 発明家でシングルファーザーのケイド(マー ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年8月4日の週の公開作品
  3. 『トランスフォーマー/ロストエイジ』