シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
どなたでもご覧になれます

G.I.ジョー バック2リベンジ

公式サイト:http://www.gi-j.jp/
G.I.ジョー バック2リベンジ
(C) 2013 Paramount Pictures. All Rights Reserved. Hasbro and its logo, G.I. JOE and all related characters are Trademarks of Hasbro and used with permission. All Rights Reserved.
英題:
G.I. JOE: RETALIATION
製作年:
2012年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2013年6月8日
(TOHOシネマズ スカラ座 ほか)
上映時間:
配給:
パラマウント ピクチャーズ ジャパン
カラー

チェック:1980年代の人気テレビアニメを原作にした、ヒット・アクションの続編。国際テロ組織コブラによって壊滅状態に追い込まれた機密部隊G.I.ジョーが、リベンジを果たしながらコブラの世界征服計画を打ち砕くために奔走する。前作に引き続き、『君への誓い』のチャニング・テイタム、『悪魔を見た』のイ・ビョンホンが出演し、『スコーピオン・キング』のドウェイン・ジョンソン、大御所ブルース・ウィリスが加わって物語を盛り上げる。断崖(だんがい)絶壁を登りながらの肉弾戦や変形するバイクなど、迫力のアクションや驚異のガジェットも次々と登場。

ストーリー:国際テロ組織コブラの一員ザルタン(アーノルド・ヴォスルー)がアメリカの大統領(ジョナサン・プライス)に成り済まし、宿敵である機密部隊G.I.ジョーの抹殺命令を下す。パキスタンで任務に就いていたG.I.ジョーの面々は壮絶な襲撃を受け、ロードブロック(ドウェイン・ジョンソン)をはじめとする数名を残して壊滅。彼らが絶体絶命に陥っている中、コブラは世界の主要都市を侵略し、ついには核爆弾をロンドンへと落下させる。コブラと戦いたくとも為すすべのないロードブロックたちは、G.I.ジョー初代長官のジョー(ブルース・ウィリス)の助けを得ることにする。

G.I.ジョー バック2リベンジ
(C) 2013 Paramount Pictures. All Rights Reserved. Hasbro and its logo, G.I. JOE and all related characters are Trademarks of Hasbro and used with permission. All Rights Reserved.

映画短評

  • 中山 治美
    アクション映画じゃなくコメディです
    ★★★★
    »読む«閉じる

    テロ組織が米国大統領になりすまして悪事を働くのは、サシャ・バロン・コーエン主演『ディクテーター 身元不明でニューヨーク』のオマージュ!? そのニセ米大統領がサミットで“核のボタン“を押して他国の首脳陣が「じゃ、ウチも!」と慌てて追随するなんてビートたけしのお笑いを見ているかのよう。いや、こんなレベルの低い笑いはたけしさんに失礼か。その発射された核ミサイルの処遇を巡る描写もお粗末で、終始失笑が止まらなかい。なので途中から、大金をかけたコントなのだと自分に言い聞かせて何とか完走。それにしても『エクスペンダブルズ』に『ダイ・ハード』にって、ブルース・ウィリスもいまだ肉体を酷使させられていて大変ですな。

  • 相馬 学
    アクションに身を委ねるだけ! それだけ!?
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    弾丸より速く動け! ワイヤーに吊るされたまま断崖絶壁で戦え! ホワイトハウスを乗っ取れ! ロンドンを爆破しろ! スペクタクルを連ね、ひたすら凄みで押す豪快さ。前作の主人公をあっさりフェイドアウトさせることからも明らかだが、ドラマが前作の続きであるというこだわりがなく、一作目を見ていなくても十分楽しめる。とはいえ、続編として見ているファンには、アトラクション的な要素が強めで、ドラマがおろそかになっている点はいただけない。何も考えず、ただ体感する分には十分楽しいのだが……。

  • くれい響
    前作の反省点を踏まえた戦隊ヒーロー大戦
    ★★★★
    »読む«閉じる

    後半になればなるほど、ダルダルだった前作。その敗因理由を考えれば、キャラがあまりに多すぎて、ストーリーに収拾つかなくなってしまったからだろう。その反省を踏まえてか、ヒーローVS悪役、そしてイ・ビョンホン!と対立構造を明確にさせた。そして、ストーリー展開は、完全に戦隊ヒーローもの。オリジナルに何の思い入れもない、ジョン・M・チュウ監督を起用したのも成功要因。だからこそ、何の躊躇なくG.I.ジョーを壊滅させ、出世作『ステップアップ』シリーズのダンス・シーンのように軽やかなアクションを演出。ここまで徹底してやってくれると気持ち良く、何を演っても同じなドウェイン・ジョンソンのことなんて忘れられる。唯一文句を言うとするなら、断崖絶壁のシーン程度しか感じられなかった3D効果。この程度で公開延期すんじゃねぇ!

  • 森 直人
    ぶっそうな方向へパワーアップしたマッチョイズム
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    四年前(2009年)のシリーズ第一作は「おバカ映画」の珍作として楽しんだのだが、あの時はまだ世界が多少呑気だったのかもしれない。しかしこの第二弾は、北朝鮮の核兵器開発などでピリピリと緊迫化する現状を受けてか、単にぶっそうなタカ派アクションへと嫌な方向にパワーアップした。その意味でのハイライトは、合衆国大統領が核保有国の首脳たちを召集して、幼稚な脅し合いを繰り広げるシーンだろう。もし風刺の視点が明確なら、『モンティ・パイソン』的なブラックジョークとして機能するのだろうが、強圧による抑止に「アメリカの本気」を感じるのでゾッとするだけで笑えない。娯楽映画としても動脈硬化で血管がブチ切れそうな一本調子の3D映像が続き、何から何までマッチョイズムのかたまり。正直疲れた……。むしろテレビ画面の方がラクに観れる気がする。

動画

映画『G.I.ジョー バック2リベンジ』ブルーレイ&DVD予告編
映画『G.I.ジョー バック2リベンジ』特別動画
映画『G.I.ジョー バック2リベンジ』予告編

写真ギャラリー

Paramount Pictures / Photofest / Zeta Image

ポスター/チラシ

  • 映画『G.I.ジョー バック2リベンジ』ポスター
    ポスター
  • 映画『G.I.ジョー バック2リベンジ』チラシ
    チラシ
  • 映画『G.I.ジョー バック2リベンジ』チラシ
    チラシ
  • 映画『G.I.ジョー バック2リベンジ』チラシ
    チラシ

スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『G.I.ジョー バック2リベンジ』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『G.I.ジョー バック2リベンジ』を観ました【映画】 from カフェビショップ (2013年10月13日 19時42分)
    そもそもGIジョーってなんだっけ?みたいな。 アメコミものだったっけか。 忍者が出てくるところはアメコミテイストなんすけど、 基本的にはアーミーアクションものですね。 ロック様が、おう、俺は勝つか負けるなんて気にしてねえ、 勝つまでやるだけなんだぜと拳ひ… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「G.I.ジョー バック2リベンジ」 続編3も決定 イ・ビョンホンが出てる映画 from ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て (2013年9月30日 1時1分)
    1980年代の人気テレビアニメを原作にした、ヒット・アクションの続編[E:sig ...[外部サイトの続きを読む]
  • 最新兵器とおかしな忍者のコンビネーションが、だんだん心地よくなる「G.I.ジョー バック2リベンジ」 from てんシネ探検隊 (2013年7月6日 14時17分)
    1作目よりは確実に楽しめました。 前作では、「イ・ビョンホン」演じる忍者に違和感 ...[外部サイトの続きを読む]
  • G.I.ジョー バック2リベンジ from sailor's tale (2013年6月23日 21時32分)
    様々な特殊兵器や立体的なアクションの面白さはあるものの、今ひとつキャラクターの個性に魅力が感じられず、印象が薄かった前作。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画「G.I.ジョー バック2リベンジ(3D版)」感想 from タナウツネット雑記ブログ (2013年6月18日 21時57分)
    映画「G.I.ジョー バック2リベンジ」観に行ってきました。1980年代に放映されていたアメリカの同名人気アニメを実写化した、2009年公開のアクション映画「G.I.ジ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2013年6月3日の週の公開作品
  3. 『G.I.ジョー バック2リベンジ』