シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
ケープタウン
(C) 2013 ESKWAD-PATHE PRODUCTION-LOBSTER TREE-M6FILMS
英題:
ZULU
製作年:
2013年
製作国:
フランス
日本公開:
2014年8月30日
(新宿バルト9 ほか)
上映時間:
配給:
クロックワークス
カラー/シネマスコープ/DCP5.1ch

チェック:『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズなどのオーランド・ブルームと、『大統領の執事の涙』などのフォレスト・ウィテカーが共演を果たしたサスペンスアクション。南アフリカの大都会ケープタウンを舞台に、そこに巣食う深い闇の世界をあぶり出す。キャリル・フェリーの推理小説「ZULU」を基に、『ラルゴ・ウィンチ 裏切りと陰謀』などのジェローム・サルがメガホンを取る。人気と実力を併せ持つ主演俳優たちの熱演や、緊迫した展開に目がくぎ付け。

ストーリー:ある日、南アフリカのケープタウンで、引退した人気ラグビー選手の娘が殺害されるという事件が発生。2人の刑事ブライアン(オーランド・ブルーム)とアリ(フォレスト・ウィテカー)が捜査を続けていくと、少女とある薬物の売人の関係が明らかになる。その危険な薬物は、ここのところ頻発している子供失踪事件の現場に残されていた物と同じで……。

ケープタウン
(C) 2013 ESKWAD-PATHE PRODUCTION-LOBSTER TREE-M6FILMS

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    フランス製ミステリのユルさもまた味。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    アパルトヘイトという負の歴史を背景にした警察ドラマ。酸鼻な描写も続出し、今なお灯りの届かぬ闇の深さを思わせはするが……謎の核心が見えてくるとともに、そのリアリティは薄らいでいく。非道な優生政策は歴史上ままあるから、実際にこんな研究があった可能性は否定できないにしろ、犯罪の背景となるスラム街のロケーション、麻薬マフィアの面構えが本気なだけに、唐突なマッド・サイエンティストの登場はいささか荒唐無稽 (ま、それも面白いのだが)。原題からみても主役はズールー族のF.ウィテカー。それにしてはズールーである特殊性が描かれなさすぎるが、ラストの“追跡”には西部劇的なロマンティシズムがあって、いい。

  • なかざわひでゆき
    過去に蝕まれた南アフリカ社会の暗部を描く
    ★★★★
    »読む«閉じる

     南アフリカのケープタウンで起きた凄惨な殺人事件。その真相を追う刑事コンビの前に、アパルトヘイトという過去の忌まわしい亡霊が立ちはだかる。
     マンデラ氏は罪を赦すことで国民の和解を訴え、実際に多くの加害者が刑罰を逃れた。確かにアパルトヘイトは消滅したが、その暗い記憶と痛ましい傷跡は人々の心に深く刻まれ、精算されなかった過去が今もなお社会を蝕み続けているのだ。
     それは主人公たちも同様。捜査が核心へ迫るたびに、彼らの古傷も疼いていく。アル中の薄汚れた刑事役で男臭い肉体美まで披露するオーランド・ブルームも健闘しているが、穏健な良識派の憤怒を全身に迸らせるフォレスト・ウィテカーの大熱演は圧巻だ。

  • 相馬 学
    “状況”はもちろん“人間”も壮絶な社会派サスペンス
    ★★★★
    »読む«閉じる

     アパルトヘイトが撤廃されてから20年が経つとはいえ、傷あとは簡単には癒えないし、癒えることのない傷もある。そんな現実を伝えている点で社会派サスペンスの歯応えは十分。

     危険すぎるドラッグ流通事件の真相が、少しずつあぶり出されるサスペンス。真実が明かされるほど、南アフリカの過去と現在の、地続きの闇が見えてくる。

     そんな“状況”以上に切実に迫ってくるのが、フォレスト・ウィテカーふんする刑事の“人間”のドラマ。一見マジメだが、アバルトヘイト時代に受けた凄惨な迫害により、心の傷がジワジワと浮かび上がる。そのストレスや怒りが一気に噴出するクライマックスに仰天させられた。

  • 山縣みどり
    南アフリカに刻まれた溝の深さを思い知る
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     アパルトヘイトは撤廃されたものの、南アにおける貧困層は今なお圧倒的に非白人層だし、失業や貧困から生まれる犯罪も蔓延している。本作は強行犯撲滅課所属の刑事アリとブライアンが殺人事件の捜査をきっかけに歴史の闇に潜む過去の亡霊を暴く展開で、物語には南アの現状と政治問題が色濃く反映されている。捜査の進行とともに明らかになるのが人知れず葬られるホームレスの子供たちや弱者を食い物にする犯罪者、そして彼らを陰で操るエリート層の存在や事なかれ主義の官僚たち。どんな国でも起こりえる事件だが、南アの残酷な歴史と驚愕の現状を知っているとさらなる苦々しさが胸をよぎる。やはり南アに刻まれた溝は深いのだ。

動画

映画『ケープタウン』本編映像
映画『ケープタウン』予告編
オーランド・ブルーム「ミンナダイスキ!」映画『ケープタウン』来日記者会見

ポスター/チラシ

  • 映画『ケープタウン』ポスター
    ポスター
  • 映画『ケープタウン』チラシ
    チラシ
  • 映画『ケープタウン』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『ケープタウン』ポストカード
    ポストカード

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本:
プロダクションデザイン: ロラン・オット
オリジナル音楽: アレクサンドル・デスプラ
衣装デザイン: レイ・ドネリー

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ケープタウン』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『ケープタウン』を見た【映画】オーランド・ブルーム、フォレスト・ウィテカー出演のサスペンスアクション from カフェビショップ (2015年5月5日 6時44分)
    「ケープタウン」 タフな映画っすねえ。 そこだけ。 刑事アクションとかサスペンスとかは そんなに盛り上がることもないんだけど、 南アフリカのデンジャーな部分が 感じられるところが良い。 フォレスト・ウィテカーとオーランド・ブルームが刑事なんすけど、 … ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ケープタウン」 あらすじ&ネタバレ from オススメ映画情報 (ジョニー・タピア Cinemas) (2015年3月12日 0時6分)
    社会派サスペンス[E:sign03] 『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズな ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画『ケープタウン』★ZULU族アリがたどりついた砂漠と青空 from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆** (2014年10月10日 21時21分)
        作品について http://cinema.pia.co.jp/title/165203/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。     タイトルが『ケープタウン』で、アパルトヘイトのあった南アフリカ共和国が舞台だと わかりやすくなっています。 原題『ZULU』 は、黒人の部族名。 これはこれで、“ZULU族”の物語を見せるんだな、という予感も。   ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ケープタウン from 映画三昧、活字中毒 (2014年9月22日 0時34分)
    ■ ユナイテッド・シネマ豊洲にて鑑賞ケープタウン/ZULU 2013年/フランス、南アフリカ/107分 監督: ジェローム・サル 出演: オーランド・ブルーム/フォレスト・ウィテカー/コンラッド・ケンプ/ジョエル・カイエンベ/インゲ・ベックマン 公式サイト 公開: 2014年08月30日 アパルトヘイトの傷跡がいまだ残る南アフリカのケープタウン。ズールー族の出身ながらも警部まで出... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『 ケープタウン 』「赦し」の鎖 from 映画@見取り八段 (2014年9月4日 4時33分)
    ケープタウン~ ZULU ~      監督: ジェローム・サル    キャスト: オーランド・ブルーム、フォレスト・ウィテカー、コンラッド・ケンプ、インゲ・ベックマン、ティナリー・ヴァン・ウィック、ルガルド・ヴァン・デン・ベルグ、ランドール・メイジエ、パトリッ… ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年8月25日の週の公開作品
  3. 『ケープタウン』