シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
大統領の執事の涙
(C) 2013,Butler Films,LLC.All Rights Reserved.
英題:
LEE DANIELS' THE BUTLER
製作年:
2013年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2014年2月15日
(新宿ピカデリー ほか)
上映時間:
配給:
アスミック・エース
カラー

チェック:実在したホワイトハウスの黒人執事の人生をモデルにしたドラマ。奴隷から大統領執事となり、7人の大統領に仕えた男の波乱に満ちた軌跡を追う。主演を務める『ラストキング・オブ・スコットランド』などのフォレスト・ウィテカーを筆頭に、ジョン・キューザック、ジェーン・フォンダ、テレンス・ハワードなどの実力派が結集。メガホンを取るのは、『プレシャス』などのリー・ダニエルズ。濃密なドラマとストーリー展開に加え、アメリカ近代史を見つめた壮大な視点にも引き込まれる。

ストーリー:綿花畑で働く奴隷の息子に生まれた黒人、セシル・ゲインズ(フォレスト・ウィテカー)。ホテルのボーイとなって懸命に働き、ホワイトハウスの執事へと抜てきされる。アイゼンハワー、ケネディ、ジョンソン、フォードなど、歴代の大統領に仕えながら、キューバ危機、ケネディ暗殺、ベトナム戦争といったアメリカの国家的大局を目の当たりにしてきたセシル。その一方で、白人の従者である父親を恥じる長男との衝突をはじめ、彼とその家族もさまざまな荒波にもまれる。

大統領の執事の涙
(C) 2013,Butler Films,LLC.All Rights Reserved.

映画短評

  • 中山 治美
    黒人差別の歴史は、まるっと本作にお任せ
    ★★★★
    »読む«閉じる

     本年度米アカデミー賞では同じく黒人奴隷問題を描いた『それでも夜は明ける』にお株を奪われてしまった。だが、歴史を一から学ぶ上で本作は必見だ。 
     キング牧師の奮闘など断片的に彼らの闘いを知っているが、改めて黒人執事の生涯を通して振り返ると、今ある彼らの地位は血や涙を流しながら勝ち取ってきたモノであることを思い知らされる。しかも世の流れにノって政府が黒人解放に動くも、ホワイトハウス内の彼らの待遇は向上しなかったという皮肉も効いている。
     本作はオバマ大統領効果で誕生したのは明白だ。だが、いまだ歴然と存在する人種差別を鑑みると、問題の根深さは歴史の長さと比例することを痛感せずにはいられないだろう。

  • なかざわひでゆき
    古き良きアメリカの裏側は生き地獄だった
    ★★★★
    »読む«閉じる

     歴代米大統領に仕えてきた実在の黒人執事セシル・ゲインズの半生を通じ、アフリカ系アメリカ人の歩んできた苦難と残酷の近代史を振り返る歴史ドラマ。“アメリカは外国の歴史についてとやかく言うが、自国の暗い歴史は見て見ぬふりをする。強制収容所なんてアメリカには200年も存在したのに”という劇中のモノローグが象徴的だ。古き良きアメリカの裏側は生き地獄にほかならなかったのである。
     農園育ちのセシルと公民権運動世代の息子の確執など、一部に批判のある事実の脚色も差別の歴史を紐解く意味で効果的。なお、ジェーン・フォンダやマライア・キャリーなど豪華脇役陣は、油断していると見逃すことも多いので要注意。

動画

映画『大統領の執事の涙』予告編
映画『大統領の執事の涙』特報

写真ギャラリー

The Weinstein Company / Photofest / ゲッティ イメージズ

ポスター/チラシ

  • 映画『大統領の執事の涙』ポスター
    ポスター
  • 映画『大統領の執事の涙』チラシ
    チラシ
  • 映画『大統領の執事の涙』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督・プロデューサー:
プロデューサー: ローラ・ジスキン

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『大統領の執事の涙』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 大統領の執事の涙 from 映画のメモ帳+α (2016年5月26日 0時19分)
    大統領の執事の涙(2013 アメリカ) 原題   LEE DANIELS' THE BUTLER 監督   リー・ダニエルズ 原作   ウィル・ヘイグッド 脚本   ダニー・ストロング 撮影   アンドリュー・ダン 音楽   ホドリゴ・レオン 出演   フォレスト・ウィテカー オプラ・ウィンフリー ジョン・キューザック ジェーン・フォンダ       キューバ・グッディング・Jr テレンス・ハワード レニー・クラヴィッツ       ジェームズ・マースデン デヴィッド・オイェロウォ ヴ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『大統領の執事の涙』他にご用はございませんか from 映画@見取り八段 (2015年4月14日 1時27分)
    監督: リー・ダニエルズ    キャスト: フォレスト・ウィテカー、オプラ・ウィン ...[外部サイトの続きを読む]
  • 大統領の執事の涙 from 映画三昧、活字中毒 (2014年3月23日 2時20分)
    ■ TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて鑑賞大統領の執事の涙/LEE DANIELS' THE BUTLER 2013年/アメリカ/132分 監督: リー・ダニエルズ 出演: フォレスト・ウィテカー/オプラ・ウィンフリー/ジョン・キューザック/ジェーン・フォンダ/キューバ・グッディング・Jr 公開: 2014年02月15日 公式サイト 黒人に対する差別が根強く残る1926年。ジョー... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『大統領の執事の涙』 人間の範囲はどこまでか? from 映画のブログ (2014年3月9日 22時27分)
    西洋で発明されたものはたくさんある。  映画にラジオにレコード、蛍光灯に冷蔵庫に洗濯機、さらに自動車、飛行機、潜水艦といった物質的なものはもとより、大航海時代には遠方への航海のために多くの人から出資を募る株式会社の仕組みが考案され、統治システムとして議会政治も発達した。  西洋の発明品の中でも、私がもっとも重視しているのは「人権」だ。  この発明はあまりにも斬新すぎて、まだ世界に充分... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 大統領の執事の涙 from ダイターンクラッシュ!! (2014年3月2日 23時29分)
    2014年3月1日(土) 16:45~ 109シネマズ川崎2 料金:1000円(ファーストデイ) パンフレット:未確認 アミン大統領、アメリカ大統領に仕える 『大統領の執事の涙』公式サイト アミン大統領を演じたフォレスト・ウィテカーが、ホワイトハウスの大統領執事を演じる。 アイゼンハワーからレーガンまでの7代に仕える。 まったく気が付かないロビン・ウィリアムスだとか、全然似ていないジョン・キューザック、これまた気が付かないスナイプ先生のレーガン、ジェーン・フォンダのナンシー・レーガンと大統領の側の役 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年2月10日の週の公開作品
  3. 『大統領の執事の涙』