シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
オブリビオン
(C) 2013 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.
英題:
OBLIVION
製作年:
2013年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2013年5月31日
(TOHOシネマズ 日劇 ほか)
上映時間:
配給:
東宝東和
カラー

チェック:『ミッション:インポッシブル』シリーズなどのトム・クルーズ主演によるSF大作。エイリアンの襲撃で半壊して捨てられた地球を監視していた男が、謎めいた人物との遭遇を機に自身と地球の運命を左右する事態に巻き込まれていく。『トロン:レガシー』で注目を浴びたジョセフ・コシンスキーが監督を務め、名優モーガン・フリーマン、『007/慰めの報酬』のオルガ・キュリレンコら、実力派たちが脇を固めている。壮大かつ予測不可能なストーリーに加えて、半壊した地球の鮮烈なビジュアルからも目が離せない。

ストーリー:エイリアン“スカヴ”の侵略を食い止めたものの、その戦いによって地球が半壊してから60年。生き残った者たちがほかの惑星へと移住してしまった中、ジャック・ハーパー(トム・クルーズ)だけが地球に残って上空から偵察していた。パトロールに向かっていた彼は、誰一人として生存しているわけがないエリアで何者かの襲撃を受けてしまう。混乱するジャックの前に現れたのは、ビーチ(モーガン・フリーマン)という謎の男。彼との遭遇を機に、ジャックは地球、人類、そして自身の運命を担う冒険に出ることに。

オブリビオン
(C) 2013 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

映画短評

  • なかざわひでゆき
    宗教哲学的な世界観の貫かれたSF大作
    ★★★★
    »読む«閉じる

    異星人との全面戦争の末に人類が他の惑星へ移住してしまった後の地球で、監視任務に当たる男性ジャックとそのパートナーの女性ヴィクトリア。しかし、墜落した宇宙船から発見された謎の女性ジュリアの登場で、彼らの信じる世界が音を立てて崩れていく。神秘的な映像美や宗教哲学的なストーリーが「2001年宇宙の旅」や「惑星ソラリス」を彷彿とさせつつ、アクションやロマンスを織り交ぜながら立派にエンターテインメント大作として成立させている点が秀逸。決して説明過多に陥ることなく、観客に想像の余地を残すような語り口も上手い。しかし、自分はいったい何者なのか?という自己探求的なテーマや、精神と肉体の関わりについての捉え方に、サイエントロジーの強い影響を感じるのは果たして考えすぎだろうか…?

  • 相馬 学
    世界観が魅力のSFハードボイルド
    ★★★★
    »読む«閉じる

    清潔で無菌的なスカイタワーと、朽ち果てた建物の残骸が残る荒廃した地上。計算されたそんなビジュアルに、まず心が躍る。活動的だが、どこか魂が抜けたような主人公に宿るミステリーに興味を引き寄せられる。前半のテンポの緩さは気になるものの、『月に囚われた男』を思わせる意外性に満ちたドラマに魅了された。無機的な世界観の中で、肉体の躍動を的確にとらえているのはジョセフ・コジンスキー監督の作家性だろうか。今後の作品にも注目したい。

  • 森 直人
    お話は雑だが、ジオラマ的な映像美を偏愛!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    偏愛の一本。お話は後半、ムリヤリな展開で完全に破綻しているが、映像美は本当に素晴らしい……というか「ちょうどいい」。CGで塗り固めすぎない視覚効果は、最近ありがちなVFXの暴走による感覚麻痺を回避しており、ジオラマ的な快楽に満ちている。過去のSF作品のパッチワークという作品組成も、リチャード・マシスン『地球最後の男(アイ・アム・レジェンド)』的な無人の地球のヴィジョンをベースとした「いいとこ取り」だとポジティヴに解釈(笑)。特にツボだったのは、緑と湖に囲まれた隠れ家のスローライフ感。アナログレコードでレッド・ツェッペリンの「ランブル・オン」やプロコル・ハルムの「青い影」を聴くシーンはグッときた。風刺の質は異なるが、1973年作品『ソイレント・グリーン』で安楽死に使われた映像と重なるイメージ。

  • くれい響
    監督のSF映画愛が大分泌!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    『アウトロー』に続いて、トム・クルーズの作品選びのセンスが光った一作であることは間違いない。『惑星ソラリス』『スター・ウォーズ』をはじめ、どこかで見たシチュエーション、どこかで見たシーン、どこかで見たガジェットの連続ゆえ、決して目新しさはない。とはいえ、『トロン:レガシー』では見られなかったジョセフ・コジンスキー監督のSF映画に対する愛が全編に渡って大分泌! この「SF好きで悪いか!?」と言わんばかりの潔さは、逆に評価に値するほど。ちなみに、設定や名優のもったいない使い方など、『トロン』のスティーブン・リズバーガー監督が後に撮った『風の惑星/スリップストリーム』との共通項が多いことも興味深い。

  • シネマトゥデイ編集長・下村 麻美
    ビジュアルはマル、ストーリーは雑
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    『トロン:レガシー』でのビジュアルが一定の評価を得たジョセフ・コジンスキー監督だけあって映像の美しさについては期待を裏切らない。

    半崩壊した地球上に残る過去の建造物と、それでも美しさの片鱗を残す地球、そして無機質な建造物とのコントラストが美しく、空間のスケールを効果的に見せる手腕はさすが。

    ただ、『トロン:レガシー』にも言えることだったが、設定や構成などストーリーの作りが雑。傑作になり得る可能性もあったテーマだけに、ドラマをもう少し掘り下げることができる監督だったら……と思うと残念。

動画

映画『オブリビオン』予告編

写真ギャラリー

Universal Pictures / Photofest / Zeta Image

ポスター/チラシ

  • 映画『オブリビオン』ポスター
    ポスター
  • 映画『オブリビオン』チラシ
    チラシ
  • 映画『オブリビオン』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『オブリビオン』スマートタッチペン
    スマートタッチペン

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『オブリビオン』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • トム・クルーズのすべて from Re:play (2014年10月1日 16時59分)
    トム・クルーズ(Tom Cruise、1962- )は、アメリカのニューヨーク州出身の俳優です。 もう言わずもがなのトップスターですよね。彼ほど長い間ハリウッドの第一線で活躍し続けているイケメン俳優はいないんじゃないかというくらい数多くの映画に主演している1人です。 映画を作ることが大好きと公言するくらいの仕事人間で、もともとレスリングをやっていたくらい体もしっかりと鍛えています。 そのため50歳を超えてもアクション映画で主演を務めていたり、SF映画でスタントマンを使わずに自分できわどいシーンに&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『オブリビオン』を観ました【映画】 from カフェビショップ (2013年10月28日 20時1分)
    なんか最近観ないSFらしいSFを観たって感じっすねえ。 これぞSFな要素がてんこ盛りで、 映像は当然最新クオリティなので 新しい感じがするんだけど、 話はものすごい昔のSF小説のやつみたいに 王道で定番っていうかね、 そんな感じだったっすねえ。 SFといえば、価… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「オブリビオン」 意味は忘却 from ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て (2013年10月9日 0時5分)
    『ミッション:インポッシブル』シリーズなどのトム・クルーズ主演によるSF大作[E ...[外部サイトの続きを読む]
  • オブリビオン from 晴れたらいいね~ (2013年10月7日 0時31分)
    な~んとなく観に行こうと思っていたのに、行きそびれてしまったトムさんの近未来SF。トムのアクション付き映画にしては、ひねりがあったかもしれん。ほとんど情報を入れてなくて ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 846「オブリビオン」 from わたしの(わたしの東京の日常と)映画日記。 (2013年6月20日 22時41分)
    トム・クルーズさんと モーガン・フリーマンさんが共演している作品って ちょっと珍しいかなと思い(そうでもないのかもしれないけれど)(笑) 観に行って来ました。ジョセフ・コシンスキー監督作品。 「トロン」の続編をつくった監督の映画ということで、それほどに期待はしていなかったのですが(正直「トロン:モドキー」はとてもつらい映画だった)(笑) やはりわたしの思い通りだったというか、そんな感じでした。(笑) 「トロン:モドキーー」同様、映像の美しさは素晴らしいものがありましたが、お話がちょっと... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2013年5月27日の週の公開作品
  3. 『オブリビオン』