シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
シン・シティ 復讐の女神
(C) 2014 Maddartico Limited. All Rights Reserved.
英題:
SIN CITY: A DAME TO KILL FOR
製作年:
2014年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2015年1月10日
(TOHOシネマズスカラ座ほか)
上映時間:
日本語字幕:
林完治
提供:
ハピネット
提供・配給:
ギャガ
カラー/ビスタサイズ/5.1ch

チェック:人気グラフィックノベルを基にしたクライムアクション第2弾。犯罪と欲望が渦巻く街シン・シティを舞台に、その支配者である悪徳議員へのリベンジを誓う者たちの姿を活写する。監督にロバート・ロドリゲス、フランク・ミラー、主演にジェシカ・アルバ、ミッキー・ローク、ブルース・ウィリスと、前作のメンバーが結集。さらに、『ミルク』などのジョシュ・ブローリン、『ドン・ジョン』などのジョセフ・ゴードン=レヴィットら実力派が新たに共演。ハードボイルドな物語に加え、鮮烈なビジュアルの数々にも注目。

ストーリー:どこからともなく、ならず者たちが集う街シン・シティ。ストリップバーの看板ダンサーのナンシー(ジェシカ・アルバ)は、なまめかしいダンスで男たちを癒やしながら愛していた刑事ハーティガンに死をもたらした街の支配者ロアーク上院議員(パワーズ・ブース)に復讐(ふくしゅう)するチャンスをうかがっていた。だが、ロアークは手段を尽くして力を拡大、さらに悪女エヴァ(エヴァ・グリーン)の登場で街の腐敗は加速していく。そんな中、ギャンブラーのジョニー(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)がロアークにポーカーで勝負を挑む。

シン・シティ 復讐の女神
(C) 2014 Maddartico Limited. All Rights Reserved.

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    妊娠中デヴォン青木の不在がチト残念。
    ★★★★
    »読む«閉じる

    「グラフィック・ノヴェルの映画化」という次元では限りなく原典に忠実でありつつ、俗流ハードボイルドのモノクロ世界を映像に移し替える実験アニメーション的試みが大成功した前作。その正統な続編だけあり同様の陶酔感はあるもののやや小じんまりした印象、とりわけJ.ゴードン=レヴィットのパートは消化不良だ。しかしメインともいうべきジョシュ・ブローリンのエピソードで彼を誘惑する魔性の女エヴァ・グリーンが、サイレント映画時代のヴァンプじみた妖艶さを撒き散らして圧巻。実のところ彼女しか印象に残らないくらいの毒の強さ。ま、彼女のファンとしては『300 帝国の進撃』といいこんな役ばっかり続くのが心配だが。

  • 中山 治美
    ハードボイルドな世界のヘタレたち
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     劇画を活かした映像から痛快なアクションを期待してしまうが、登場人物が揃ってしみったれていて、これはどうしたことか。
     ナンシーは呑んだくれ、ドワイトは2度も同じ女にハメられる。復讐っていうより、身から出た錆に片をつけただけ。特に゛傲慢なギャンブラー゛が触れ込みのジョニーは、いきがった割には早々に痛い目に遭う。ジョセフ・ゴードン=レヴィット目当てなら、尚更脱力だ。
     そこで一人気を吐くのがエヴァ・グリーンだ。もはやお約束の悪女&エロ担当。でもそれも『ダーク・シャドウ』に『300〈スリーハンドレッド〉~帝国の進撃~』と連発されると食傷気味。米映画はエヴァ姉さんに頼るのをいい加減やめなはれ。
     

  • 相馬 学
    待たせ過ぎ! が、ファンの期待にキッチリ応える
    ★★★★
    »読む«閉じる

     前作の前日談や後日談が入り交じるオムニバスの構図、モノクロのコミック的な映像、徹底したハードボイルド調。前作のファンとしては、そんな一作目の魅力が健在であるだけで満足だ。

     キャラの濃さも健在で、とりわけ女優陣の活躍がイイ。“復讐の女神”ことジェシカ・アルバの前作以上にセクシーな魅力や、『300<スリーハンドレッド> 帝国の進撃』に続いてフランク・ミラー作品の悪女にふんしたエヴァ・グリーンの、シーンの半分が裸という魔性キャラにブッ飛んだ。

     前作から9年という年月は待たせ過ぎという気がしないでもない。それでもファンには同窓会的な空気が感じられ、続編としの機能をきっちり果たしている。

  • 平沢 薫
    あの闇と光だけの街、再び
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    これはもう純粋な、見る至福。ポスターを見てピンとくる人には期待通りの世界が体験できるし、関係ない人にはまったく関係ない。そういう映画。05年公開の前作と、世界観も映像手法もまったく同じなのは、前作がすでに完成形だったことを証明している。

    フランク・ミラーが黒と白のみで描いた叙情派ハードボイルド・コミックを、この世界を愛するロバート・ロドリゲスと共に監督。俳優以外はすべてデジタル。色彩は白と黒で、ごく稀に赤や黄の極彩色が出現する。ひとつの世界を映像化するにあたって、そのための"手法"を独自に開発したところがこのシリーズの真髄。コミックでも実写でもない、このシリーズだけの映像に陶酔できる。

  • くれい響
    呆れるほど正統すぎる9年ぶりの続編
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    3Dなど技術面は向上しているはずだが、基本やってることは前作とまったく変わらないという意味で評価できる9年ぶりの続編。だからこそ、ヴィジュアルの衝撃は皆無に等しいが、前作好きなら十分満足できる仕上がり。母になっても劣化を感じさせないジェシカ・アルバを筆頭に、前作のキャストをできるだけ集めた意気込みは買いたいが、フランク・ミラー繋がりで、『300~帝国の進撃~』に続き、ここでもビッチな魅力をふりまくエヴァ・グリーンの存在感が圧倒的! それにしてもジョセフ・ゴードン=レヴィットがしっかりカッコいい、さすらいのギャンブラーのエピソード。あのオチ、なんとかならなかったものか。

  • なかざわひでゆき
    このマンネリ感もまた醍醐味か?
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     フランク・ミラーのグラフィックノベルを映画化したシリーズ第2弾。モノクロを基調としたノワーリッシュなビジュアルと、セックス&バイオレンス全開な演出は健在だ。続編の宿命としてのマンネリ感は否めないが、この世界観がたまらんのよ!というファンならばひと安心。ただ、スタイルを重視し過ぎてテンポが悪くなったようにも思う。
     前作から9年という歳月を感じさせない美貌のジェシカ・アルバは、一方で出し惜しみ加減も相変わらず。その代わり(?)として、悪女役エヴァ・グリーン嬢が脱ぎ担当を一手に担う。直接的な絡みこそないものの、デニス・ヘイスバートとジュード・チコレッラの共演も「24」ファンにはちょっと嬉しい。

動画

ブルース・ウィリス、ジェシカ・アルバら再結集!映画『シン・シティ 復讐の女神』予告編 ver. 2
映画『シン・シティ 復讐の女神』予告編
映画『シン・シティ 復讐の女神』ジェシカ・アルバのストリップダンスシーン

写真ギャラリー

Dimension Films / Photofest / ゲッティ イメージズ

ポスター/チラシ

  • 映画『シン・シティ 復讐の女神』ポスター
    ポスター
  • 映画『シン・シティ 復讐の女神』ポスター
    ポスター
  • 映画『シン・シティ 復讐の女神』ポスター
    ポスター
  • 映画『シン・シティ 復讐の女神』ポスター
    ポスター
  • 映画『シン・シティ 復讐の女神』ポスター
    ポスター
  • 映画『シン・シティ 復讐の女神』ポスター
    ポスター
  • 映画『シン・シティ 復讐の女神』ポスター
    ポスター
  • 映画『シン・シティ 復讐の女神』ポスター
    ポスター
  • 映画『シン・シティ 復讐の女神』チラシ
    チラシ
  • 映画『シン・シティ 復讐の女神』チラシ
    チラシ
  • 映画『シン・シティ 復讐の女神』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『シン・シティ 復讐の女神』特製トランプ
    特製トランプ

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・撮影・編集・音楽:
監督・原作・脚本:
キャスティング: メアリー・ヴァーニュー

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『シン・シティ 復讐の女神』の映画ニュース

  • マーベルコミック「デアデビル」シリーズや、「シン・シティ」シリーズなどでおなじみのフランク・ミラーのコミック「ハードボイルド」の映画化が、ワーナー・ブラザースに...入っていて、もし成立すれば、製作は映画『シン・シティ 復讐の女神』のスティーヴン・リュローと...
  • シリーズ作品が4作も作られた映画『スパイキッズ』(2001)から15年……おもちゃのようなスパイ道具を操っていたスパイ一家のお姉ちゃんや弟は、今や立派な大人へと成長してい...うで、彼の監督作『マチェーテ・キルズ』『シン・シティ 復讐の女神』にもしっかりと呼ばれていま...
  • 世界的な人気を誇る歌手レディー・ガガが、ブラッドリー・クーパーが監督デビューを果たす映画『スタア誕生』のリメイク作品で、主演交渉に入ったことが The Hollywood Rep...てこの度、映画『マチェーテ・キルズ』、『シン・シティ 復讐の女神』などの映画出演経験もあるレ...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画「シン・シティ 復讐の女神」いつかのミュージックビデオみたいだ from soramove (2015年2月15日 11時0分)
    映画「シン・シティ 復讐の女神」★★☆ ミッキー・ローク、ジェシカ・アルバ、 ジョシュ・ブローリン、 ジョセフ・ゴードン=レビット、ロザリオ・ドーソン 出演 ロバート・ロドリゲス、フランク・ミラー 監督、 103分、2015年1月10日公開 2014,アメリカ,ギャガ (原題/原作:SIN CITY :A DAME TO KILL FOR) <リンク:<a href="http://blog.with2.net/link.php?38257">人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブロ ...[外部サイトの続きを読む]
  • シン・シティ 復讐の女神 from sailor's tale (2015年2月8日 19時36分)
    4つのエピソードからなるオムニバス映画です。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「シン・シティ 復讐の女神」 from 元・副会長のCinema Days (2015年1月31日 6時25分)
    (原題:Sin City:A Dame to Kill For )前作に比べると、大幅に落ちる出来。この続編が作られたのが前回から時間がかなり経ってからであり、(キャストの入れ替えなどもあって)インパクトの強さを持続出来なかったことが一番の敗因だろう。やはり映画製作にはタイミ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画「シン・シティ 復讐の女神」@TOHOシネマズ日本橋 from 新・辛口映画館 (2015年1月24日 22時33分)
    公開一週目の金曜日夜。日本橋自慢のTCXスクリーンが完備された、スクリーン8には20数名程度の閑散とした客入りだ。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • シン・シティ 復讐の女神/愛を利用し、力に変える from 映画感想 * FRAGILE (2015年1月16日 12時0分)
    シン・シティ 復讐の女神SIN CITY: A DAME TO KILL FOR/監督:ロバート・ロドリゲス/2014年/アメリカ エヴァ・グリーンの女神っぷり! 新宿ピカデリー シアター5、G-10で鑑賞。F列でも良かったと思います。原作未読、前作はお正月休みにテレビで見ました。公開時には見ていないし、DVDも持っていないので、テレビ用に規制が入っていたのかは未確認です。 あらすじ:あちらこちらで復讐劇です。 踊り子ナンシー(ジェシカ・アルバ)は、かつて愛した男(ブルース・ウィリス) ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年1月5日の週の公開作品
  3. 『シン・シティ 復讐の女神』