シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
アーロと少年
(C) 2016 Disney / Pixar. All Rights Reserved.
英題:
THE GOOD DINOSAUR
製作年:
2015年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2016年3月12日
上映時間:
配給:
ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
カラー

チェック:数々の名作を世に送り出してきたディズニー/ピクサーが、恐竜と少年の出会いを軸に壮大なスケールで描くアニメーション。絶滅せずに生き残った恐竜たちが高度な文明を築いた地球を舞台に、恐竜と人間の子供を待ち受ける大冒険を描く。監督を務めるのは、『モンスターズ・ユニバーシティ』などでボイスキャストを務めてきたピーター・ソーン。まるで別世界の地球で、外見も性格も対照的な彼らが織り成すドラマが感動を呼ぶ。

ストーリー:3きょうだいの中でも体が小さな末っ子アーロは、甘えん坊で臆病な性格のため、常にみんなにからかわれていた。アーロは体が大きい兄や姉たちに少なからず劣等感を抱いていたが、両親の深い愛情に包まれてすくすくと育っていく。だが、ある日、アーロは川の急流にのまれ、たった一人で見覚えのない場所にたどり着き……。

アーロと少年
(C) 2016 Disney / Pixar. All Rights Reserved.

映画短評

  • 森 直人
    ピー助ではなくのび太的なアーロ
    ★★★★
    »読む«閉じる

    宣伝ヴィジュアルで『のび太の恐竜』じゃん!と思ってたら、のび太とピー助の役回りが逆だった。しかも草食恐竜(アパトサウルスって渋いね~)が農耕生活を営んでいる……。これは“ifもしも”とも呼べない完っ全な空想の産物である。恐竜好きの立場から言うと、「家族」や「成長」といった主題の使い方も含め、ちょっとベタに擬人化しすぎでは?と思ったのが正直なところ。

    ただ、お話には乗りにくかったぶん、描写力の凄まじさには感動した。キャラクター化された恐竜・動物がリアル志向の自然の風景と心地良く馴染んでいる様はまさに圧巻。西部劇風味も◎。純粋にアニメ工房としてのピクサーの実力を改めて感じ入った一本。

  • 中山 治美
    人間ってちっぽけだ!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    画期的なアニメだ。
    恐竜ほかあらゆる動物が話すのに、言葉を持たぬのは人間だけ!
    こうした創作物は、どうしても人間が自然界の中で頂点という驕りがどこかにかいま見えるのだが、この物語では最下層。
    単にコレ、原始はそうだった?ということを示しているのではないだろう。
    今も大自然においては人間は弱くて小さい。
    だから群れずにはいられない存在であることを気づかせてくれる。
    その美しくも残酷な自然の描写が、実写かと見紛うほど精密で目を奪われた。
    二度ケニアへ行ったことがあるのだが、鑑賞後、またあのデッカい自然に会いたくなってズムズしている。

  • くれい響
    ピクサー最多の視覚効果数で描く、圧巻の自然描写
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    『ダイナソー』に比べ、可愛いキャラによるディズニー/ピクサーおなじみのバディもので、“はじめての里帰り”ともいえるお約束なストーリー。ヒンドゥー・ヒーローものな同時上映の「ボクのスーパーチーム」に比べ、驚きや発見はないが、草食のアパトサウルスは農業に勤しみ、肉食のTレックスはカウボーイとしてバッファローを放牧。そんな人間より発達した恐竜による日常は、とにかく斬新だ。そして、ウットリするほどのホタルの光に、美しく羽ばたくコウノトリの群れなど、ピクサー最多の視覚効果数を駆使して描かれた大自然とそこで生きる動物たちの姿は圧巻。ほぼ、これだけで感動のクライマックスまで引っ張る力技に頭が下がります。

  • 平沢 薫
    もしも恐竜が絶滅しなければ世界は輝いていた
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     もしも恐竜が絶滅せず、人間ではなく彼らが地球を支配していたら世界はどのようになったのか。その答を描くのが本作。なので、この世界の自然は、空も川も土も、植物も昆虫も、ただただ輝かしく美しく、もしも人間が影響を与えなければこんな姿をしていたのに違いないと思わせる。自然が、まるで実写と変わらないリアルさを実現しつつ、現実のままの姿ではなく、本来あるべき姿で出現するのだ。中でも、川の氾濫に巻き込まれて気を失った主人公が、嵐の後で川の浅瀬で目覚める時の、彼のまぶたが開くのにつれて目の前に広がる、流れる水の透明さ、その水が太陽の光を反射して放つ、柔らかな光の揺らめき。その美しさに息を飲む。

動画

映画『アーロと少年』ミュージック予告編
映画『アーロと少年』予告編
映画『アーロと少年』特報
映画『アーロと少年』特別映像
映画『アーロと少年』本編映像
ピクサー最新作『アーロと少年』は現代版ウッディとバズ!製作者が語る映像!

ポスター/チラシ

  • 映画『アーロと少年』ポスター
    ポスター

前売券特典

  • 映画『アーロと少年』“初とも”キラキラチャーム
    “初とも”キラキラチャーム

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

製作総指揮: ジョン・ラセター

キャスト

ママ:
ブッチ:
ナッシュ:
ラムジー:
アーロ:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『アーロと少年』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • アーロと少年/君となら、強くなれうわあああああああ from 映画感想 * FRAGILE (2016年3月22日 13時52分)
    アーロと少年The Good Dinosaur/監督:ピーター・ソーン/2015年/アメリカ 狂気と不安が入り交じる置いてきぼり映画 飛行機内で鑑賞。日本語吹き替えもあったけれど、フランシス・マクドーマンドの声が聞きたかったので英語で。アニメなら英語でも大丈夫だと思いましてですね。 あらすじ:恐竜が川に流されて少年と出会いました。 弱気でどんくさい恐竜アーロは、お父さんと一緒にいる時、鉄砲水に流されるんだけど、お父さん死んじゃって、家からも離れちゃったしどうしようっていうときに、少年と出 ...[外部サイトの続きを読む]
  • アーロと少年・・・・・評価額1750円 from ノラネコの呑んで観るシネマ (2016年3月16日 23時24分)
    永遠に、友だち。 6500万年の昔、大隕石が地球にぶつからず、恐竜たちが滅びなかった世界を舞台にした、冒険ファンタジー。 とある事件によって、故郷から遠く離れてしまった臆病な恐竜の子ども・アーロと、ひょんな事から彼と行動を共にする人間の子ども・スポットとの出会いと別れの物語を、アメリカ中西部を模した雄大な自然を背景に描く。 脚本は「インサイド・ヘッド」のメグ・レフォーヴ、監督は短編... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ピクサー「アーロと少年」と「ライオンキング」 from エンターテイメント日誌 (2016年3月15日 12時56分)
    評価:B- 公式サイトはこちら。 僕はピクサーの長編第1作目「トイ・ストーリー」 ...[外部サイトの続きを読む]
  • アーロと少年 from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 (2016年3月12日 1時7分)
    アーロと少年 (ディズニーアニメ小説版) [単行本(ソフトカバー)]地球に隕石が衝突せず、恐竜が絶滅を免れた世界。恐竜のアーロは、兄弟と比べて体が小さく、怖がりの甘えん坊だ。 ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • i need money from i need money (2014年10月18日 15時43分)
    映画『ザ・グッド・ダイナソー(原題)』 - シネマトゥデイ ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年3月7日の週の公開作品
  3. 『アーロと少年』