シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
ニューヨーク 冬物語
(C) 2013 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.
英題:
WINTER TALE
製作年:
2014年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2014年5月16日
(丸の内ピカデリー ほか)
上映時間:
配給:
ワーナー・ブラザース映画
カラー

チェック:余命が残り少ない令嬢と恋に落ちた男が100年の時を超えてたどる数奇な運命を、コリン・ファレル主演で描いた壮大なラブストーリー。マーク・ヘルプリンのベストセラー小説を、『ビューティフル・マインド』でアカデミー賞脚色賞を受賞したアキヴァ・ゴールズマン監督が映画化。ヒロインには美貌のジェシカ・ブラウン・フィンドレイがふんするほか、ラッセル・クロウ、ジェニファー・コネリー、ウィリアム・ハートなどオスカー俳優らが共演する。

ストーリー:1900年代のニューヨーク、幼少期に両親と離れ離れになったピーター(コリン・ファレル)は、裏社会を牛耳る男の下で悪事を働く毎日を過ごしていた。そんなある日、美しい令嬢ベバリー(ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ)と出会った彼は瞬く間に恋に落ちるが、不治の病に侵され余命わずかな彼女は亡くなってしまう。100年後、記憶を失ったピーターは生きる意味さえもわからず街をさまよっていた……。

ニューヨーク 冬物語
(C) 2013 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    『ある日どこかで』や『ジェニーの肖像』の爪の垢でも飲むべし。
    ★★★★
    »読む«閉じる

    僕も含め原作未読の者には凡庸で滅茶苦茶なファンタジーにしか見えないだろう。マジック・リアリズム的な虚実皮膜の摩訶不思議さは稀薄。あまりに唐突にペガサスや悪魔が現れるこの映画、魔術(マジック)はあるが現実味(リアリズム)はない(すべてを繋げる光の筋は美しいが)。『カリオストロの城』の遥かな劣化版じみた前半はまだしも、J.コネリーとその娘の話になる後半は理解不能。A.ゴールズマンの脚色の才に疑念を生じさせるに充分だ(僕は前から認めてないが)。ただ、ヒロインの妹役マッケイラ・トゥィグスの超絶的な可愛さは要チェック。その未来の姿がE.M.セイントになるんだが…えと、100歳超ってことにならない?

  • 平沢 薫
    ニューヨークの思い切りロマンチックな横顔がここに
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    原作は、19世紀末から西暦2000年までの人間群像をマジックリアリズムの手法で描くアメリカ現代文学の傑作と言われる上下巻の長編「ウィンターズ・テイル」。映画化は誰が挑んでも簡単ではない。それは「ビューティフル・マインド」でオスカー受賞の脚本家アキバ・ゴーズルマンでも同じ。

     しかし、映画だからこそのシーンはある。病で発熱したヒロインが「熱があるときは、すべてが光を放って、光ですべてが繋がっているのが分かる」と口にした瞬間、映像が彼女の主観映像に切り替わる、そのスリル。19世紀末の上流階級のスケート遊びは、アンティークのクリスマスカードのよう。ニューヨークの昔と今、2つの貌が味わえる。

  • なかざわひでゆき
    原作の偉大さをほぼ感じさせず(注・僅かなネタバレあり)
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     数奇な運命を背負った男の、100年におよぶ愛の軌跡と自分探しを描くファンタジー。米国では評価の高い現代文学の映画化らしいが、残念ながら本作からその偉大さは殆ど感じられない。
     日常と神話が混在する世界観について異を唱えるつもりは全くないが、原作に文学的な説得力を与えたであろうリアリズムが欠落したため、ただの甘ったるい非現実的なラブロマンスになったことは否めない。ゆえに、天使やら悪魔やらの登場も唐突な違和感しか覚えず。
     ただ、20世紀初頭のN.Y.を再現した映像は文句なく美しいし、今年90歳になる往年の名女優エヴァ・マリー・セイント(「北北西に進路を取れ」)の元気な姿を拝めるのも嬉しい。

動画

映画『ニューヨーク 冬物語』予告編

写真ギャラリー

Warner Bros. / Photofest / ゲッティ イメージズ

ポスター/チラシ

  • 映画『ニューヨーク 冬物語』ポスター
    ポスター
  • 映画『ニューヨーク 冬物語』チラシ
    チラシ

スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ニューヨーク 冬物語』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ニューヨーク 冬物語 (2014) ▲ from どんくらの映画わくわくどきどき (2014年5月24日 2時58分)
    愛する女性の死をどうすることもできなかった青年は100年後も青年のまま生きている。彼はなんのために生かされているのか?という、"悪魔"も出てくるおとぎ話。 退屈はしなかったけれど感動はしなかった。 大邸宅の暖房用の巨大なボイラーがおもしろかった。要するにセントラル・ヒーティングになっている。 > まだ生きているんだ。というのは映画の中の話で、まだ映画に出演しているエヴァ・マリー・セイン... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ニューヨーク 冬物語~シェイクスピア二重翻案? from 佐藤秀の徒然幻視録 (2014年5月18日 21時39分)
    公式サイト。原題:Winter's Tale。マーク・ヘルプリン原作、アキヴァ・ゴールズマン監督。コリン・ファレル、ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ、ジェニファー・コネリー、ラッセル・ ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ニューヨーク 冬物語 from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 (2014年5月17日 1時7分)
    Winter's Tale [Kindle版]19世紀末から2014年まで時を超えて生きる男の愛を描く「ニューヨーク 冬物語」。これは新種の宗教映画か?!1900年代のニューヨーク。ピーターは、裏社会を牛耳る強 ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年5月12日の週の公開作品
  3. 『ニューヨーク 冬物語』