シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

チェック:2009年のソマリア海域人質事件をテーマに、海賊に拉致されたコンテナ船船長をトム・ハンクスが演じたドラマ。船員の救出と引き換えに4日間にわたって海賊の人質となった船長の運命と、海軍特殊部隊ネイビーシールズによる救出作戦を、緊張感あふれる演出で活写する。原作は、船長リチャード・フィリップスが著したノンフィクション。『ボーン』シリーズや『ユナイテッド93』などのポール・グリーングラス監督が映画化した。船長としての誇りと拘束された恐怖を体現するトム・ハンクスの熱演と、リアルで迫力ある救出劇が見どころ。

ストーリー:2009年4月、ソマリア海域を航海中のコンテナ船、マークス・アラバマ号を海賊が襲撃。武器を所持していた4人の海賊に、武装していなかったアラバマ号はあっという間に占拠されてしまう。船長のリチャード・フィリップス(トム・ハンクス)は、20人の乗組員を自由にしてもらう代わりに自らが海賊の人質となり……。

キャプテン・フィリップス

映画短評

  • 清水 節
    時事的テーマを盛り込み海上救出アクションに仕立て上げた秀作
    ★★★★
    »読む«閉じる

     記憶に新しいソマリア沖で起きた海賊襲撃事件の映画化だが、あくまでも息詰まるエンターテインメントを志向している。生命を脅かされた状態下、如何に生き残るのか。4人の海賊を同時に射殺することなど可能なのか。プロセスを丹念に積み重ねる。事実に基づくだけあって展開は一筋縄にいかない。大海原での攻防戦や人質が味わう恐怖のリアリティをドキュメンタリータッチで描いていく。ポール・グリーングラス監督は多用してきた手持ちキャメラによる画面動を抑え気味にし、俳優に委ねた。トム・ハンクスを極限状況に追い込み、表情の変化で絶望と希望を巧みに表現する。
     
     金を収奪しようとする海賊を単純な悪として描いていない。漁師だった男たちが、生活のために海賊になってしまった事実にも触れる。しかし彼らの正当性を認めることなく、人間の愚行として客観視する姿勢は、マスコミ報道よりもニュートラルにさえ映る。トム・ハンクスの演技的見せ場は最後の最後に訪れる。徒手空拳サスペンスに始まり、孤立無援サバイバルを経て、海上救出アクションへ到る。時事的テーマを素早く盛り込み、娯楽活劇に仕立て上げた秀作だ。

  • 相馬 学
    現実味のある実録劇か? はたまたスター映画か!?
    ★★★★
    »読む«閉じる

     ポール・グリーングラスがリアリティを重視する監督であることは、映画ファンには周知の事実。『ボーン・アルティメイタム』のようなアクションも、『ユナイテッド93』などの実録ドラマも、そこに宿る現実味に圧倒される。後者の部類に入る実話ベースの本作も、リアリティが緊張感を醸しだす力作だ。

     手持ちカメラで物事を的確にとらえ、瞬時に何が起こっているのかを観客に理解させるグリーングラス独特の撮影スタイルは健在。船長の指示、それに従う船員たちの動き、海賊たちの戦略や力関係といった要素が無駄なく積み重ねられ、スリルの渦に引き込む。ソマリア海賊の背景をきちんと描いている点も好感度大。彼らを断罪せず、物語を単に勇気ある船長の美談に終わらせない点にもグリーグラスらしいバランスの良さをうかがわせる。

     こういう現実的な映画で往々にして問題となるのは、非現実的であるスターの存在。そういう意味では、トム・ハンクスというメジャー過ぎる人気俳優の起用は賛否が分かれるところだろう。主人公がフィリップスに見えるか、ハンクスに見えるか? スター映画のイメージにとらわれ過ぎないことをお勧めしたい。

  • くれい響
    監督の作家性とエンタメ性の融合に成功
    ★★★★
    »読む«閉じる

     ソマリア海域人質事件を、『ユナイテッド93』も手掛けたドキュメンタリー出身のポール・グリーングラスが監督するのはとても自然な流れである。とはいえ、同じ実話の映画化、しかも、同じ極限状況に追い込まれた人間を描いた作品でも、ノースターだけで固めた『ユナイテッド93』とトム・ハンクスを主演に据えた本作とでは、監督の狙いは若干違う。

     あくまでも、本作はハンクス目的の一般客向けに、ソフトな作りを心掛けたといえるだろう。手持ちカメラのブレも少なく、フィリップス船長と彼を人質にしたソマリア人青年との交流を描いたドラマも強め。後半、ネイビーシールズの救出作戦も、唯一の失敗作『グリーンゾーン』での反省点を踏まえた作りになっている。

     そんな監督の作家性とエンタテイメント性の融合という意味では、本作は成功といえるだろう。本作で“『ボーン』シリーズの人だけではない監督”と感じたら、尋常じゃないほどハードな出世作『ブラディ・サンデー』でド肝を抜かれてほしい。

  • 森 直人
    まるで『仁義なき戦い・ソマリア沖死闘篇』!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    トム・ハンクスが「生きて還る」といっても、『キャスト・アウェイ』的な自力サバイバルを想像すると様子が違う。なんせ人質なので基本的に「耐える」のみ(笑)。しかし主演が地味なぶん、作品を牽引するのはひたすらポール・グリーングラス監督の圧巻の演出力だ。『ユナイテッド93』や『グリーン・ゾーン』で組んだ撮影監督バリー・アクロイド(彼はもともとケン・ローチ組)との名コンビで、匠の域に達したドキュメンタルなカメラワークを武器に2時間14分を一気に駆け抜ける!

    実録物の活劇として、ある種海洋版『仁義なき戦い』のよう。コレを感動の美談として読解するのは勝手だが、作品自体は決してヒロイズムを謳っていない。ソマリア側の描写の充実、常にアメリカを対象化する視点の切り返し。なるだけフラットな「世界情勢の縮図」であることに務めた描出は、娯楽映画魂の沸騰でありつつ、特定のイデオロギーに左右されないジャーナリスティックな姿勢の表出でもある。

    筆者はグリーングラスを「第二のジョン・フランケンハイマー」だと思ってきたが、もはやその形容は失礼。『ボーン』シリーズを経て、独自に高性能な映画作家&職人へと成熟したようだ!

動画

映画『キャプテン・フィリップス』予告編
映画『キャプテン・フィリップス』予告編

写真ギャラリー

Columbia Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

ポスター/チラシ

  • 映画『キャプテン・フィリップス』ポスター
    ポスター
  • 映画『キャプテン・フィリップス』チラシ
    チラシ
  • 映画『キャプテン・フィリップス』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『キャプテン・フィリップス』特製スケジュール帳
    特製スケジュール帳

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『キャプテン・フィリップス』の映画ニュース

読み込み中...

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『キャプテン・フィリップス』を見た【映画】トム・ハンクス主演、海賊による貨物船人質事件を元にした実話サスペンス from カフェビショップ (2014年6月15日 20時37分)
    海賊報道がけっこう頻繁にあって え?現代に海賊ってどういうことだと 具体的なイメージがわかなかったんすけど、 この映画を見ると、そういうことかと納得です。 これは実録犯罪ものですね、ジャンルは。 かなりリアルに感じた。 海賊が貨物船を襲う一部始終を体験… ...[外部サイトの続きを読む]
  • Captain Phillips (キャプテン・フィリップス) from Cinema Review シネマ・レビュー (2014年4月8日 20時1分)
    Captain Phillips (2013) ★★★★☆ (USA) 日本語タイトル: キャプテン・フィリップス official site: http://bd-dvd.sonypictures.jp/captainphillips/ Starring: Tom Hanks(トム・ハンクス), Barkhad Abdi(バーカッド・アブディ), Barkhad Abdi... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「キャプテン・フィリップス/captain phillips」 ソマリア海域人質事件とは? from ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て (2014年4月5日 0時20分)
    2009年のソマリア海域人質事件をテーマに、海賊に拉致されたコンテナ船船長をトム ...[外部サイトの続きを読む]
  • キャプテン・フィリップス from 映画三昧、活字中毒 (2014年1月30日 0時44分)
    ■ 新宿ミラノにて鑑賞キャプテン・フィリップス/CAPTAIN PHILLIPS 2013年/アメリカ/134分 監督: ポール・グリーングラス 出演: トム・ハンクス/バーカッド・アブディ/バーカッド・アブディラマン/ファイサル・アメッド/マハト・M・アリ 公開: 2013年11月29日 公式サイト 2009年03月28日、マースク海運で船長を務めるリチャード・フィリップスは、... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「キャプテン・フィリップス」 from ここなつ映画レビュー (2014年1月19日 1時35分)
    東京国際映画祭のオープニング作品だったけれど、チケットはあっという間にSoldOut。まあ、すぐにロードショー公開される事は判っていたので、そのままスルーして公開を待つ事に。 緊迫感溢れる展開。正に手に汗握る2時間14分。見終わった後、肩が凝ってしまっていた位。実話を元にした話でこれ程ドラマチックな展開はそうそうない。 オマーンからソマリア海域を通過して積荷を運ぶアメリカ船籍の貨物船が、ソマリアの海賊にシージャックされるという物語。海賊達は船長を人質に交渉をしようとする。その船長がキャプ ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク