シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
マラヴィータ
(C) EUROPACORO - TF1 FILMS PRODUCTION - GRIVE PRODUCTIONS Photo:Jessica Forde
英題:
MALAVITA
製作年:
2013年
製作国:
アメリカ/フランス
日本公開:
2013年11月15日
(TOHOシネマズ 有楽座 ほか)
上映時間:
配給:
ブロードメディア・スタジオ
カラー

チェック:ロバート・デ・ニーロ演じる元大物マフィア一家と現役マフィアとの対立を、製作総指揮マーティン・スコセッシ、監督リュック・ベッソンで描くクライムコメディー。FBIの証人保護プログラムのもとで偽名を使い、世界を転々とする元大物マフィアファミリーがマフィアの雇った殺し屋グループとの壮絶な戦いを繰り広げる。主人公の妻役にミシェル・ファイファー、一家を監視するFBI捜査官役でトミー・リー・ジョーンズが共演。一家が見せる豪快で息の合ったアクションはもちろん、スコセッシとデ・ニーロが組んだ『グッドフェローズ』をほうふつさせるシーンなども見どころだ。

ストーリー:フランスのノルマンディー地方の田舎町に引っ越してきたアメリカ人のブレイク一家。主人のフレッド・ブレイク(ロバート・デ・ニーロ)は元マフィアで、FBIの証人保護プログラムを適用されているため、一家は世界中を転々としながら暮らしている。そんなある日、フレッドに恨みを持つマフィアのドンが彼らの居場所を特定し、殺し屋軍団を送り込むが……。

マラヴィータ
(C) EUROPACORO - TF1 FILMS PRODUCTION - GRIVE PRODUCTIONS Photo:Jessica Forde

映画短評

  • なかざわひでゆき
    仁義なきファミリーの愉快で危ない逃亡生活
    ★★★★
    »読む«閉じる

     役立たずな修理業者を半殺しにするマフィアの父親にお手製の爆弾でスーパーマーケットを吹っ飛ばす母親、でもってナンパな男子をテニスラケットでボコボコにする娘に学内シンジケートを作って学校の裏社会を牛耳る息子。そんな仁義なきファミリーの愉快で危ない逃亡生活を描いたバイオレンス・コメディである。

     前半は潜伏先のフランスで地域社会に溶け込もうとする一家の悪戦苦闘を描く。なにしろ、世間との価値観がズレた人々だけに、やることなすこと裏目に出ることこの上なし。FBIの証人保護監視下に置かれているので、本当はひっそりと暮らさねばならないのだが、いやでも目立ってしまうわけだ。で、案の定というか、組織の暗殺団に居どころを嗅ぎつけられ、後半は一家総出の全面バトル。悲壮感すら漂わせた決死の肉弾戦は、漫画的な荒唐無稽を回避した絶妙のバランス感だ。

     古いマフィア映画へのオマージュを交えつつ、肩の凝らない良質なB級娯楽映画に仕上げたベッソン監督の演出は安定感抜群。暴れん坊オヤジを楽しげに演じるデ・ニーロも素敵だが、その横で呆れた顔しながら一家を見守るFBI捜査官トミー・リー・ジョーンズが最高に微笑ましい。

  • 森 直人
    ベッソンの才覚と交渉力が生んだ強力な「企画もの」
    ★★★★
    »読む«閉じる

    リュック・ベッソンは、いま最も毀誉褒貶の激しい映画人のひとりかもしれない。それは彼の率いるヨーロッパ・コープ社が良くも悪くも安めの娯楽路線をひた走っているうえ、自身の監督作の出来が冴えず、『グラン・ブルー』あるいは『レオン』までの作家として尖っていた時期との落差がきっついからだろう。

    だが本作『マラヴィータ』を観ると、ベッソンの才覚を思い知らされる。この映画のキモは交渉力だ。原作は数年前に『隣りのマフィア』の題で邦訳が出た小説なのだが、重要なアイテムとして『グッドフェローズ』が登場する。本作ではそれを単なるネタで済まさず、なんとデ・ニーロを主演に迎え、スコセッシを製作総指揮に引き入れた。「本物」を組み込むことで、ギャング映画史をメタ視点で捉えたパロディ喜劇の決定版を成立させてしまったのだ。

    原作者のトニーノ・ブナキスタは、『リード・マイ・リップス』などジャック・オディアール監督作の脚本家としても知られるが、オディアールの渋く硬質な作風では、この鷹揚なノリの「企画もの」にそぐわない。やはりベッソンだからこその一本。「自分にしかできない仕事」を持っている人間は結局強いね!

動画

映画『マラヴィータ』予告編

写真ギャラリー

Photofest / ゲッティ イメージズ

ポスター/チラシ

  • 映画『マラヴィータ』ポスター
    ポスター
  • 映画『マラヴィータ』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督・脚本:

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『マラヴィータ』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『マラヴィータ』を見た【映画】ロバート・デ・ニーロ主演、リュック・ベッソン監督によるコメディ from カフェビショップ (2015年6月11日 21時10分)
    ロバート・デ・ニーロのコメディ映画。 なかなかおもしろかったっすねえ。 最初から半分ぐらいまでは。 最後がちょっとイマイチだったなあ。 出だしは上々。 なんか普通のありふれた家族の引っ越し風景。 フランス生活が始まるアメリカ人家族。 普通なんだけど、 … ...[外部サイトの続きを読む]
  • マラヴィータ (2013) ▲ from どんくらの映画わくわくどきどき (2014年6月13日 3時26分)
    フランスの片田舎に引っ越してきたアメリカ人一家(ファミリー)、実は彼らは元マフィアのファミリーだった。 一家は皆殺しを命じられた殺し屋に追われているけれど、おとなしく隠れている家族ではない。気にくわない地元住人は排除する。 コメディだけどもっとはじけてほしかった。追い詰められたマギーが反撃しないのにがっかり。 DVDで観た。 □ ファミリーを密告した元マフィアのジョヴァンニ・マン... ...[外部サイトの続きを読む]
  • マラヴィータ from Some Like It Hot (2014年2月3日 21時17分)
    ■「マラヴィータ/Malavita」(2013年・アメリカ=フランス) 監督=リュック・ベッソン 主演=ロバート・デ・ニーロ ミシェル・ファイファー トミー・リー・ジョーンズ  「劇場映画を10本監督したら引退する」とか言ってたリュック・ベッソン監督。結局楽し... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「マラヴィータ」(東京国際映画祭2013) from ここなつ映画レビュー (2014年1月21日 10時15分)
    東京国際映画祭特別招待作品。何故すぐにロードショー公開されると判っている作品を敢えて観に行こうかと思ったかというと、もちろんロバート・デ・ニーロが大好きだからというのが第一の理由だけど、まあ、お祭りっぽく肩の凝らない作品を観たいな、という気持ちから。作品の意図を考えたり、何かに激しく共感したり嫌悪したりを映画祭の間にずっとしてるのも疲れるし。で、ホントのお祭り気分で気楽にチケット取ったら、なんと!ロバート・デ・ニーロの舞台挨拶があるというではないの!!知らないで取ったのに!超ラッキー!舞台挨拶マニアではない ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「マラヴィータ」 from prisoner's BLOG (2013年12月9日 8時58分)
    デニーロも若いときずいぶん老け役をやってきたが、実際に年取るとどれとも違う。 それらの老け役イメージを含めて重ねたスターイメージを下敷きにした作り。自己パロディといった趣で、それをスター顔見世的な軽さでやっている。 けっこう笑えた記憶があるのだが、時間... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2013年11月11日の週の公開作品
  3. 『マラヴィータ』