シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
オン・ザ・ロード
(C) Gregory Smith
英題:
ON THE ROAD
製作年:
2012年
製作国:
フランス/ブラジル
日本公開:
2013年8月30日
(TOHOシネマズ シャンテ ほか)
上映時間:
配給:
ブロードメディア・スタジオ
カラー/シネマスコープ

チェック:アメリカ文学をけん引したビート・ジェネレーションの中心人物であるジャック・ケルアックの小説を基にした青春作。自分とは真逆の破天荒な性格の男とその妻に出会った作家が、彼らと一緒にアメリカを放浪する中で成長していく姿を映し出す。『コントロール』のサム・ライリー、『トロン:レガシー』のギャレット・ヘドランド、『トワイライト』シリーズのクリステン・スチュワートら実力派が出演。アメリカ、カナダ、メキシコ、アルゼンチンでロケを敢行して撮られた雄大な風景も、深遠な物語にさらなる奥行きを与えている。

ストーリー:父親の死を引きずり鬱屈(うっくつ)とした日々を過ごす青年作家サル・パラダイス(サム・ライリー)。ある日、彼は内省的な自分とは正反対である奔放な男ディーン(ギャレット・ヘドランド)とその幼妻メリールウ(クリステン・スチュワート)と知り合う。社会規範にとらわれずにセックスやドラッグをむさぼるディーンの生き方、メリールウの美貌に惹(ひ)き付けられたサルは、彼らと一緒にニューヨークを飛び出して各地を放浪することに。かつてないほどの充足感と自由を得る彼だったが、そんな日々にも終わりが近づこうとしていた。

オン・ザ・ロード
(C) Gregory Smith

映画短評

  • なかざわひでゆき
    現代の観客へ向けたビートジェネレーション入門
    ★★★★
    »読む«閉じる

    原作を読んだことこそないものの、ビートジェネレーション文学としてタイトルくらいは知っていたので、こいつはきっと難解な代物に違いないと身構えたが、意外にもノスタルジックかつエバーグリーンな青春群像劇に仕上がっていて驚いた。

    ビートジェネレーションとは、いわばヒッピーの前身。ドラッグやフリーセックス、東洋思想への傾倒などをアメリカで最初に実践した世代だと言えよう。当時の社会的価値観から大きく逸脱した主人公たちを、本作では現代の若者にも通じる普遍的なアウトサイダーとして捉え、理想と現実の狭間で揺れ動く彼らの友情を瑞々しく描く。案の定、原作ファンからは評判芳しくないようだが、もはやビートジェネレーションのなんたるかも知らない世代が圧倒的多数な現代人へ向けた映画化として、これは当然の解釈とアプローチであろう。いつの時代も変わらぬ青春の自由と挫折がここにある。

    なお、清純派クリステン・スチュワートの大胆演技、エイミー・アダムスの別人かと思うような変貌ぶりもさることながら、ギャレット・ヘドランドの危うげなアウトロー美青年ぶりにゾクゾク。カメオ出演スティーブ・ブシェミとの“絡み”も必見だ。

  • 森 直人
    ビートニク男子たちの「グッド・オールド・デイズ」
    ★★★★
    »読む«閉じる

    優等生的な作りだが、「原作の映画化」という意味では完璧に近いと思う。つまりジャック・ケルアックの『路上』が最先端の小説ではなく、スタンダードな古典として根付いた時代の視点として。製作総指揮のコッポラは、70年代にはゴダール、90年代にはガス・ヴァン・サントに監督の話を持ちかけたらしいが、もし当時映画化が実現していたら、もっとビートニクのオリジナルに近い速度と前衛性を備えた作風になっていただろう。

    だが、結構マッチョなホモソーシャルの世界で、女性はマスコット扱いというこの青春像は、実は今の感覚で見るとかなり古臭い。その点、この映画は「グッド・オールド・デイズを振り返る」という的確な距離感で捉えているため、“ロマンティックな男子たちの神話”として端正にパッケージングされている。

    監督のウォルター・サレスは『モーターサイクル・ダイアリーズ』で若き日のチェ・ゲバラを描いたが、本作も伝記映画として鑑賞するのが正解かも。尤もお行儀の良さを物足りなく感じた人には、ガチでモラトリアムな自由への希求を刺激する傑作として、ショーン・ペン監督の『イントゥ・ザ・ワイルド』をおすすめしたい。

動画

映画『オン・ザ・ロード』予告編

写真ギャラリー

IFC Films / Photofest / Zeta Image

ポスター/チラシ

  • 映画『オン・ザ・ロード』ポスター
    ポスター
  • 映画『オン・ザ・ロード』チラシ
    チラシ
  • 映画『オン・ザ・ロード』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『オン・ザ・ロード』特製トートバッグ
    特製トートバッグ

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『オン・ザ・ロード』の映画ニュース

  • 英人気ドラマ「The Office」の続編映画がNetflixで配信されることになったと、主演でクリエイターのリッキー・ジャーヴェイスがラジオ番組「オーピー・ウィズ・ジム・ノート...イトルは『デヴィッド・ブレント:ライフ・オン・ザ・ロード(原題) / David Brent: Life On The Roa...
  • ケイト・ブランシェットとロバート・レッドフォードの名優二人が共演する実話を基にした問題作『ニュースの真相』(原題:Truth)が、8月に日本公開されることが明らかになっ...パイダーマン3』のトファー・グレイス、『オン・ザ・ロード』のエリザベス・モス、『シン・シティ 復...
  • テレビドラマ「FARGO/ファーゴ2」のキルステン・ダンストが、交際して4年以上になる俳優のギャレット・ヘドランドと別れたと Us Weekly が報じた。 ギャレットは映画『PAN ...約間近と言われていた二人は2011年に映画『オン・ザ・ロード』の共演で知り合い、2012年1月に初めて公...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「オン・ザ・ロード」 from ここなつ映画レビュー (2013年10月1日 15時1分)
    ディーンと出会ったのは父の死の少し後だ。「何もかも終わり」とひどく落ち込み重い病気になってーやっと立ち直った頃だ。 から始まる本作。小説「路上ーオン・ザ・ロード」の始まりと同じだ。 1950年代のビート・ジェネレーション文学の代表作である「路上ーオン・ザ・ロード」が映画化されると聞き、そしてそれが私の生涯ベスト10に入るだろうと思われる「セントラル・ステーション」の監督ウォーター・サレスが監督すると知った時、正直一体どんな作品になるのか予想もつかなかった。 登場人物が生きている。生き生 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「オン・ザ・ロード」 from prisoner's BLOG (2013年9月23日 9時9分)
    ロードムービーかと思っていたら、必ずしもそうではなくて、場所の移動を具体的・視覚的に見せるより、原作の文学的な意義あるいは人物のモデルの再現の方に映画の作り手の興味がいってしまったのではないか、と思えた。早い話、「道」の映像的な印象が存外軽い。 原作も... ...[外部サイトの続きを読む]
  • オン・ザ・ロード 友達は選びましょう from No War,No Nukes,Love Peace,Love Surfin',Love Beer. (2013年9月18日 9時39分)
    【49うち今年の試写会5】 今朝はもう波無かった。  父親の死を引きずり鬱屈とした日々を過ごす青年作家サル・パラダイス(サム・ライリー)。ある日、彼は内省的な自分とは正反対である奔放な男ディー... ...[外部サイトの続きを読む]
  • オン・ザ・ロード from 佐藤秀の徒然幻視録 (2013年9月17日 16時56分)
    公式サイト。原題:On the Road。フランス=ブラジル。ジャック・ケルアック原作、フランシス・フォード・コッポラ製作総指揮、ウォルター・サレス監督。サム・ライリー、ギャレット・ ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ショートレビュー「オン・ザ・ロード・・・・・評価額1600円」 from ノラネコの呑んで観るシネマ (2013年9月12日 23時11分)
    人生に必要な事は、全て路上にある。 所謂ビート・ジェネレーションの寵児、ジャック・ケルアックが1957年に発表した自伝的小説の映画化である。 第二次世界大戦後間もない1940年代後末、NYに暮す作家志望の... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2013年8月26日の週の公開作品
  3. 『オン・ザ・ロード』