シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
最終目的地
(C) 2008 ST. PANCRAS INC. ALL RIGHTS RESERVED
英題:
THE CITY OF YOUR FINAL DESTINATION
製作年:
2008年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2012年10月6日
上映時間:
配給:
ツイン
カラー/35ミリ/1:1.85

チェック:『眺めのいい部屋』『ハワーズ・エンド』などで知られる巨匠ジェームズ・アイヴォリー監督が手掛けた文芸ドラマ。自殺した作家の伝記執筆のため遺族が暮らす南米ウルグアイを訪れた青年の存在が、彼らの間に波紋を投げ掛け、それぞれが人生の最終地点を問うさまを描く。出演は名優アンソニー・ホプキンス、『ユー・キャン・カウント・オン・ミー』のローラ・リニー、『アンチクライスト』のシャルロット・ゲンズブール、テレビドラマ「LOST」や『ラッシュアワー3』など国際的に活躍する真田広之ら実力派がそろう。

ストーリー:コロラド大学の教員オマー(オマー・メトワリー)は、1冊の著作を残し自ら命を絶った作家ユルス・グントの伝記執筆の許可を得るため、ウルグアイのユルスの屋敷を訪れる。そこではユルスの兄アダム(アンソニー・ホプキンス)とその恋人、ユルスの妻、そしてユルスの愛人と娘が一緒に暮らしていた。オマーは、遺族のキャロライン、アーデン、アダムに伝記執筆にあたっての交渉をするが、アダムに話を持ち掛けると……。

最終目的地
(C) 2008 ST. PANCRAS INC. ALL RIGHTS RESERVED

動画

映画『最終目的地』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『最終目的地』ポスター
    ポスター
  • 映画『最終目的地』チラシ
    チラシ
  • 映画『最終目的地』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『最終目的地』南米生まれの「マテ茶」(提供:日本緑茶センター)
    南米生まれの「マテ茶」(提供:日本緑茶センター)

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

衣装デザイン: キャロル・ラムジー
ラインプロデューサー: ディアナ・フレイ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『最終目的地』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 人生の夏休み……『最終目的地』を観た【映画】 from カフェビショップ (2013年7月21日 20時42分)
    人生の中休み。 なんか夏休みっていうかね、休暇みたいな映画っすね。 自殺した伝説の小説家の伝記を書こうと思った 作家になりたい文学教師が、 作家の遺族に執筆許可を求めて 遺族のもとを訪れる話。 自殺した作家の兄とそのパートナーである男と、 作家の妻と、 … ...[外部サイトの続きを読む]
  • The City of Your Final Destination (最終目的地) from Cinema Review シネマ・レビュー (2013年6月11日 11時33分)
    The City of Your Final Destination (2009) ★★☆☆☆ (USA) 日本語タイトル: 最終目的地 official site: http://www.u-picc.com/saishu/ Starring: Anthony Hopkins(アンソニー・ホプキンス), Laura Li... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画『最終目的地』★生きている限りイイ“destination”がありそうです from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆** (2013年1月29日 17時46分)
          作品について http://cinema.pia.co.jp/title/159934/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。 原題『 THE CITY OF YOUR FINAL DESTINATION 』     アメリカの大学で文学を教えるオマー(イラン系らしい)は、 自殺した作家の伝記を執筆したいが、遺族の承認が得られなかった。 ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「最終目的地」 from 元・副会長のCinema Days (2012年12月27日 6時54分)
    (原題:The City of Your Final Destination)殊更ドラマティックな出来事もなく、展開は“ゆるい”とも感じるが、描かれるドラマは深いという玄妙な映画だ。ピーター・キャメロンの原作を得たジェイムズ・アイヴォリィ監督の、的確な仕事ぶりを久々に堪能できる。  ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 最終目的地 ▲ from どんくらの映画わくわくどきどき (2012年10月25日 3時27分)
    何年も家族と周辺の限られた人たちとしか会わない生活に突然侵入してきた他人に、それぞれが人生を振り返りこれからの人生を思う。自分だったらこんな世間の流れから隔離された場所に住み続けられるだろう。こ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2012年10月1日の週の公開作品
  3. 『最終目的地』