シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
リベンジ・マッチ
(C) 2013 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.
英題:
GRUDGE MATCH
製作年:
2013年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2014年4月4日
上映時間:
配給:
ワーナー・ブラザース映画
カラー

チェック:シルヴェスター・スタローン、ロバート・デ・ニーロの豪華共演によるアクション。ライバル同士として火花を散らしていたものの、決着をつけぬまま引退してしまったボクサーたちが30年の時を経てリングに上がって戦う姿を追う。メガホンを取るのは、『ゲット スマート』などのピーター・シーガル。『ロッキー』シリーズに『レイジング・ブル』と、それぞれがボクシングムービーの名作を代表作として抱えているスタローンとデ・ニーロが拳を交わす姿に、熱いものが込み上げる。

ストーリー:1980年代初頭のピッツバーグ。お互いにすさまじい対抗心をむき出しにし、チャンピオンを目指して連戦連勝を重ねてきたボクサーのヘンリー・“レイザー”・シャープ(シルヴェスター・スタローン)とビリー・“ザ・キッド”・マクドネン(ロバート・デ・ニーロ)。ついに決勝戦を迎えることになった二人だが、試合前夜にヘンリーが突然の引退を表明してしまう。多くの謎を残した上に、決着もつかないまま30年が経過。プロモーターのダンテ・スレートJr.は、彼らに再びリングに上がって雌雄を決するファイナルマッチをオファーする。

リベンジ・マッチ
(C) 2013 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.

映画短評

  • 山縣みどり
    3本だと折れない矢の逸話が頭に浮かびました!?
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     大スターも年取ると主演を張るのが難しい。そこで数で勝負と大物が結集してファンを喜ばせるマーケットが活気づいている。『RED』効果? これは『ロッキー』vs『レイジング・ブル』がセールスポイント。2ボクシング映画の金字塔2本を貶すのかと怒る人もいそうだけど、キャラクター設定がスター本人の来歴や作品歴を反映させたりと映画ファンならニヤリとする小技も効いている。ロッキーはいつまでたってもピュアな心を持ち、ラモッタは小商いしながら無頼人生を突っ走る。しかもアラン・アーキンがトレーナー役でチャチャを入れるからたまらん。まさに3本束ねて折れない矢となったコメディ快作。肩肘張らずに楽しんでほしい。

  • 相馬 学
    アホらしくも、意外に(?)キッチリ人間ドラマ
    ★★★★
    »読む«閉じる

     卵一気飲みのロッキー・バルボアことスタローンと、引退後は漫談もやるジェイク・ラモッタことデ・ニーロ。そんなパロディを踏まえた、老ボクサーの対決はコメディ色をまといながらも泣かせる作り。

     イイ歳こき過ぎの感がある老人対決は、結局のところギャグである……というコメディへの割り切りがイイ。YouTube世代の笑いのネタになるのも正しい。

     それでも泣かせるのは、ふたりの歩んできた人生がしっかり見えてくるから。彼らがここまで何を背負って生きてきたのか? それが何気にきちんと描かれているからこそ、クライマックスのファイトに熱がこもるというものだ!

  • くれい響
    主演の2人以上に作り手の本気度が伝わる
    ★★★★
    »読む«閉じる

    予告での全身タイツ姿のスタローンとデ・ニーロには危機感を覚えたが、そこは天下のワーナーブラザーズ作品。同じ過去作などのセルフパロディ満載なジジイ・スター自虐映画いえども、エンタメ性優先の『エクスペンダブルズ』に比べ、作り手の「ネタ映画には終わらせねぇ」という本気度が伝わってくる。結果、アダム・サンドラー主演作でその実力を開花させたピーター・シーガル監督らしい、日本人好みな涙と笑いの人情ドラマに仕上がった。
    引退前になかったYou Tubeや総合格闘技などが後押し、ふたたび表舞台に上がるジジイに声援を送りたくなるのは当然。エンドクレジットに登場するゲストも、ベタながらうれしいものである。

  • なかざわひでゆき
    老体に鞭打つ頑固ジイさんたちのガチンコ勝負にシビレる!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     まさしく「ロッキー」VS「レイジング・ブル」。若き日のスタローンとデ・ニーロの映像を加工した冒頭のフラッシュバックで、一気にテンション上がる映画ファンも少なくなかろう。
     老境に差しかかった往年の人気ボクサー2人が、30年前に果たせなかったリベンジマッチへ挑む。高齢化時代の元気なお爺ちゃんたちが頑張っているというよりは、いつまでも意地を張り続ける頑固ジイさんたちが、老体に鞭打って過去の落とし前をつけるといった感じ。勿論、そこがグッとくるポイントだ。
     人間いつだって人生の軌道修正は出来るという前向きなメッセージに加え、老いの現実を笑い飛ばした痛烈なユーモアも最高。実にいい気分になれる作品だ。

  • 森 直人
    マジで言いますけど、感動した!!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    自らの肉体とファンの記憶に刻まれたキャリア(映画史)を活かし、老人ネタで攻める。これってイーストウッドの専売特許だったはずだが、『リベンジ・マッチ』はその廉価版として一見揶揄の対象になりそうだ。

    確かにラジー賞常連のスタローンが『ロッキー』をパロったり、同類のジジイ映画『ラストベガス』も控えるデ・ニーロの開き直りは賞味期限切れの大安売りに映るかもしれない。

    しかし! むしろ自意識やプライドのガードを降ろしたベテランの柔らかな姿に、筆者は感動してしまった。“リスタートを切る”際の脱力から本気へのギアチェンジは、紛れもなくプロ。イーストウッドは神だが、凡人が目指せる素敵なジジイ達がここにいる!

動画

映画『リベンジ・マッチ』特別映像
映画『リベンジ・マッチ』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『リベンジ・マッチ』ポスター
    ポスター
  • 映画『リベンジ・マッチ』チラシ
    チラシ

スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『リベンジ・マッチ』の映画ニュース

  • 2011年に製作され大ヒットを記録したフランス映画『最強のふたり』の米版リメイク作品で、ニール・バーガーがメガホンを取ることになったとDeadlineほか複数メディアが報じ...・クランストンが大富豪役に挑戦し、映画『リベンジ・マッチ』のケヴィン・ハートがスラムの黒人青年を...
  • テレビアニメ「ONE PIECE ワンピース」の完全オリジナル新作となるスペシャルアニメ「ワンピース~アドベンチャー オブ ネブランディア~」が12月19日午後9時~11時10分に放...賊団が、新世界で冒険を続けるルフィたちにリベンジマッチを仕掛ける。最も航海が困難とされる新世界...
  • 映画『トランスフォーマー』『リベンジ・マッチ』などに出演している俳優のアンソニー・アンダーソンが、ホワイトハウスの中を無許可で探索し、追い出されたことがあるとト...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『リベンジ・マッチ』を観ました【映画】レイジング・ブルVS.ロッキー、シルベスター・スタローンとロバート・デ・ニーロのW主演で贈るボクシングコメディ from カフェビショップ (2014年12月17日 7時16分)
    ロッキーvs.レイジング・ブル。 じじいたちのセルフパロディシリーズの一本っすね。 若かりし時、 ロッキーというボクサーを演じてスターになったシルヴェスター・スタローンと、 レイジング・ブルでジェイク・ラモッタを演じたロバート・デ・ニーロが その役を彷彿と… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「リベンジ・マッチ」スタローンの到達点ともいえる from soramove (2014年4月29日 18時18分)
    「リベンジ・マッチ」★★★☆ シルベスター・スタローン、ロバート・デ・二―ロ、 キム・ベイシンガー、ケビン・ハート、 ジョン・バーンサル出演 ピーター・シーガル監督、 113分 2014年4月4日公開 2013,ポニーキャニオン、東宝東和  (原題/原作:GRUDGE MATCH) <リンク:<a href="http://blog.with2.net/link.php?38257">人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「予告を劇場で見た時 まさ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「リベンジ・マッチ」 from prisoner&#039;s BLOG (2014年4月27日 10時40分)
    オープニングで「ロッキー」や「レイジング・ブル」に着色などのデジタル処理を施して、主人公二人の若い頃の試合の映像に仕立てているが、その後はデジタル風味を排したあえて昔からのつながりを生かした作り。 舞台は「ロッキー」の舞台のフィラデルフィアと同じペンシ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • リベンジ・マッチ (2013) ▲ from どんくらの映画わくわくどきどき (2014年4月19日 3時33分)
    スタローンがボクサーを演じる。と言っても「ロッキー」ではない。しかし生卵を飲んだりトラックを引っ張ったりは「ロッキー」の場面。ロバート・デ・ニーロも「レイジング・ブル(1980)」でボクサーを演じた。 コメディではないけれど結構笑える。とは言え、お年寄りなんだから5ラウンド戦くらいでもいいだろうに。 □ 80年代、ピッツバーグ出身で人気を二分するふたりの不敗のボクサー、キッドとレザー... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「リベンジ・マッチ」 from ここなつ映画レビュー (2014年4月18日 12時56分)
    「ハナタレ共、これが人生を賭けた闘いだ」のコピーはいいね。ハナタレなのかハナタレを恫喝する方なのかは、もはや自分自身よくわからないのだけれど。コピーの割には軽いテイスト。大人のポップコーンムービー。まあいずれにしても、「レイジング・ブル」のロバート・デニーロや「ロッキー」のシルベスター・スタローンをライブで観て来た人にはこたえられない、はず。もちろん当時もその肉体の酷使には舌を巻いたものだが、今回も色んなハンディ(網膜剥離などの深刻なものから酒や不摂生などのあるあるネタまで)を乗り越えてリングに立とうとする ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年3月31日の週の公開作品
  3. 『リベンジ・マッチ』