シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
永遠の0
(C) 2013「永遠の0」製作委員会
製作年:
2013年
製作国:
日本
日本公開:
2013年12月21日
上映時間:
配給:
東宝
カラー

チェック:零戦搭乗員の悲劇を描いた百田尚樹のベストセラーを、『ALWAYS』シリーズなどの監督・山崎貴が映画化した戦争ドラマ。祖父の歴史を調べる孫の視点から、“海軍一の臆病者”と呼ばれたパイロットの真実の姿を、現代と過去を交錯させながらつづっていく。主人公の特攻隊員役に、『天地明察』『図書館戦争』などの岡田准一。現代に生きる孫に三浦春馬がふんするほか、井上真央や夏八木勲など若手からベテランまで多彩な俳優が共演する。生と死を描く奥深い物語はもちろん、サザンオールスターズによる心にしみる主題歌にも注目。

ストーリー:祖母の葬儀の席で会ったことのない実の祖父・宮部久蔵(岡田准一)の存在を聞いた佐伯健太郎(三浦春馬)。進路に迷っていた健太郎は、太平洋戦争の終戦間際に特攻隊員として出撃した零戦パイロットだったという祖父のことが気に掛かり、かつての戦友たちを訪ねる。そして、天才的な技術を持ちながら“海軍一の臆病者”と呼ばれ、生還することにこだわった祖父の思いも寄らない真実を健太郎は知ることとなり……。

永遠の0
(C) 2013「永遠の0」製作委員会

映画短評

  • 清水 節
    結果的に「日本を取り戻す」意識の強化に奉仕する感動の大安売り
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     三丁目、ヤマト、そして零戦…日本人が愛おしむ過去をCGで情緒過多に再現するVFXマン・山崎貴監督作品として一貫している。愁嘆場のつるべ打ち。感動映画製造職人が「戦争」と結び付いた今、流した涙の意味に慎重であらねばならない。
     
     トラウマを与えなければ戦争映画としては不十分な趨勢から逆行している。「特攻」を否定するなら、家族や戦友との絆を美しく描くだけでなく、なぜ主人公の酷たらしい死体すら見せないのか。表面的に反戦を唱えながらも、結果的に「日本を取り戻す」民族意識の強化に奉仕する巧みなプロパガンダだ。若者の曖昧な生に輪郭を与えるために、この国の空に再び戦闘機が舞う時代が来ないことを願う。


スタッフ

監督:
原作: 百田尚樹
脚本: 林民夫
音楽: 佐藤直紀

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『永遠の0』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『永遠の0』vs『アメリカン・スナイパー』 三つの危うさ from 映画のブログ (2015年3月8日 6時57分)
    クリント・イーストウッド監督の傑作『アメリカン・スナイパー』の記事に、梅茶さんからコメントをいただいた。  返事のコメントが長文になるのはいつものことだが、あまりにも長いので別の記事にした。  以下は、梅茶さんのコメントへの返信として書いたものである。 【梅茶さんのコメント】 --- タイトル:自己犠牲の捉え方… ナドレックさん、いつも楽しく読ませてもらっています。この... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『永遠の0』を観た【映画】百田尚樹のベストセラー小説を山崎貴監督、岡田准一、三浦春馬、夏八木勲らで映画化した戦争ドラマ from カフェビショップ (2014年8月6日 7時38分)
    よくわからない。 こういう戦争ものってどう見たらいいのか よくわからないんすよ。 どういうドラマとして見ればいいのかっていうかねえ。 感動ドラマなのか、 英雄的ドラマなのか、 戦争は絶対にダメだドラマなのか 守るもののために戦うことは悪くないドラマなの… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 永遠の0 from 映画三昧、活字中毒 (2014年1月30日 0時41分)
    ■ 新所沢レッツシネパークにて鑑賞永遠の0 2013年/日本/144分 監督: 山崎貴 出演: 岡田准一/三浦春馬/井上真央/濱田岳/新井浩文 公開: 2013年12月21日 公式サイト 2004年。司法浪人中の佐伯健太郎は、母方の祖母である大石松乃の葬儀で、祖父の賢一郎は松乃の2人目の夫であり、自分とは血の繋がりがないことを知る。実の祖父である宮部久蔵は、太平洋戦争で特攻隊とし... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「永遠の0」:語り継ぐことの大切さ from 大江戸時夫の東京温度 (2014年1月19日 23時49分)
    映画『永遠の0』は大ヒット中ですが、うーん、あえて思想性はニュートラルにセットし ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「永遠の0」 from 元・副会長のCinema Days (2014年1月9日 6時41分)
    山崎貴監督らしい、突っ込みの足りない映画だ。司法試験の受験に失敗して悶々とした毎日を送る青年・佐伯健太郎は、祖母の葬儀で母と姉から自分には戦死した実の祖父がいることを知らされる。本当の祖父は戦時中に特攻隊として戦死し、祖母は娘である健太郎の母を連れ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2013年12月16日の週の公開作品
  3. 『永遠の0』