シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
夏の終り
(C) 2012年映画「夏の終り」製作委員会
製作年:
2012年
製作国:
日本
日本公開:
2013年8月31日
上映時間:
配給:
クロックワークス
カラー

チェック:作家、尼僧として活躍する瀬戸内寂聴が自身の体験を基につづったロングセラー小説を、『海炭市叙景』などの熊切和嘉監督が映画化。妻子がいながら不倫を続ける年上の男性作家、昔関係のあった女性にさまざまな感情が芽生え苦しむ年下の男、その二人の間で揺れ動く女性が織り成す三角関係を描く。自らのうちに潜む女の業に苦悩しながらも自分なりの愛を追い求めるヒロインを、満島ひかりが熱演。相手役をベテラン小林薫と綾野剛が務める。

ストーリー:結婚して子どももいる年上の作家・慎吾(小林薫)と長きにわたって一緒に生活している知子(満島ひかり)は、慎吾が妻と知子の間を行き来する生活に不満もなく、妻と離婚してほしいと思ったこともなかった。そんなある日、かつて彼女が家庭を捨てて駆け落ちした相手の涼太(綾野剛)と再会。それ以来知子の心は揺らぎはじめ、慎吾との関係を継続させつつも涼太と以前のような関係に戻ってしまい……。

夏の終り
(C) 2012年映画「夏の終り」製作委員会

映画短評

  • 清水 節
    薄暗い昭和30年代の息遣いの中に満島ひかりの情念が立ち込める
    ★★★★
    »読む«閉じる

     別れられない女と男。愛か惰性か。ストーリーを伝える映画ではない。熊切和嘉監督の眼差しが、満島ひかりの魅力を際立たせる光と影の集積だ。昭和30年代の息遣いの中で、女は、男と男の間で漂う。妻子ある年上の売れない作家・小林薫と、かつての年下の恋人・綾野剛――優柔不断な中年と、生気なき若者。食事、雨、坂道…短い象徴的なシーンの積み重ねの中の表情が、三人の関係性を炙り出す。爛れている。しかし湿っぽい性愛描写はない。電話や手紙を介して、年上男のまだ見ぬ妻への嫉妬を表わすシーンが秀逸。世間から取り残された彼らの、心象風景としての超自然的場面も効果的だ。
     
     淡路島などに再現された、貧しくも生活感に満ちた当時の東京が、もうひとつの主役。『横道世之介』で80年代を再現した、撮影・近藤龍人&美術・安宅紀史の陰影礼賛が傑出している。成瀬巳喜男作品には及ばないと断じるシネフィルは現れるだろうが、聞き流せばよい。ここにはしっかりと時間や空気が流れている。分かちがたい精神に充ちている。そして何より、満島ひかりの吐息、汗、覚悟…が、映画を豊かにしている。つまり情念が立ち込めている。

動画

映画『夏の終り』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『夏の終り』ポスター
    ポスター
  • 映画『夏の終り』チラシ
    チラシ
  • 映画『夏の終り』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督:
原作: 瀬戸内寂聴

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『夏の終り』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「夏の終り」 あらすじ&ネタバレ from ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て (2014年4月3日 0時7分)
    作家、尼僧として活躍する瀬戸内寂聴が自身の体験を基につづったロングセラー小説を、 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『夏の終り』を観た【映画】瀬戸内寂聴原作、満島ひかり、綾野剛、小林薫共演、二人の男の間で揺れ動く女の物語 from カフェビショップ (2014年4月2日 19時41分)
    映像はよかったんすけどねえ。 昭和ロマンな映像でよかったですね。 銀残しっていうやつですかね。 ちょっと黒っぽい映像で、 陰影礼賛な雰囲気でよかったんすよ。 昔の長屋の雰囲気。 昼間なのに家の中は真っ暗で 明かりも小さい電灯で 部屋の隅は薄暗いあの感じ… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「夏の終り」 from 元・副会長のCinema Days (2013年11月7日 6時29分)
    何やら熊切和嘉監督としては“方向性を間違えた”ような感じの映画である。彼の真骨頂はダメ人間を容赦なく描くところにあると思うのだが、どう考えても本作のヒロインは“ダメ”ではなく、それどころかアグレッシヴでとことん前向きだ。この違和感が最後まで拭いきれない... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 872「夏の終り」 from わたしの(わたしの東京の日常と)映画日記。 (2013年9月13日 18時25分)
    シャニダールの花、ガッチャマンに引き続き、2013年夏の 綾野剛さんを観に行きました。熊切和嘉監督作品。 猫さん(大きいネコさん、小さなネコさん)の演技が光っていました。それと、高峰秀子さんの名前を見かけたことがとても印象的でした。 . ...[外部サイトの続きを読む]
  • 夏の終り from 映画三昧、活字中毒 (2013年9月9日 1時51分)
    ■ ユナイテッド・シネマ豊洲にて鑑賞夏の終り 2012年/日本/114分 監督: 熊切和嘉 出演: 満島ひかり/綾野剛/小林薫 公開: 2013年08月31日 公式サイト 相澤知子が、作家の小杉慎吾と不倫の関係に... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2013年8月26日の週の公開作品
  3. 『夏の終り』