シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
どなたでもご覧になれます

ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅

公式サイト:http://www.nebraska-movie.jp
ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅
(C) 2013 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
英題:
NEBRASKA
製作年:
2013年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2014年2月28日
(TOHOシネマズシャンテ ほか)
上映時間:
配給:
ロングライド
モノクロ/シネマスコープ/ドルビー・デジタル

チェック:『ファミリー・ツリー』などのアレクサンダー・ペインがメガホンを取り、頑固な父と息子が旅を通して家族の絆を取り戻す様子を描くロードムービー。大金が当選したという通知を信じる父とそれを怪しむ息子が、モンタナからネブラスカまで車で旅する途中に立ち寄った父の故郷で、父の意外な真実に遭遇しながらつながりを深めていく様子を映し出す。父と息子の役には、『帰郷』などのブルース・ダーンと『最凶家族計画』などのウィル・フォーテ。不器用だけれど憎めないキャラクターや、本作でカンヌ国際映画祭男優賞を受賞したブルースの演技に魅了される。

ストーリー:100万ドルが当たったという通知を受け取ったウディ(ブルース・ダーン)。それはどう見てもインチキだったが、徒歩でもモンタナからネブラスカまで金を受け取ろうとするウディに息子のデイビッド(ウィル・フォーテ)が付き添うことに。こうして始まった父と息子の4州をまたぐ車での旅。途中、立ち寄った父の故郷で、デイビッドは父の意外な過去を知ることになる。

ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅
(C) 2013 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

映画短評

  • 清水 節
    移動すらままならぬ老いた父と中年息子は、荒野をめざす
    ★★★★
    »読む«閉じる

     アメリカがくたびれている。アレクサンダー・ペイン監督お得意のペーソスに飛んだ家族ドラマではあるのだが、様相が異なる。泣き笑いよりも悲哀の色が濃いのだ。
     
     モノクロのシネスコ画面の中で、父が旅へ出ようともがく。60~70年代アメリカ映画のスタイルは、なかなか作動しない。目的は幻の懸賞金。『アバウト・シュミット』の老後にはまだ活力が漲っていたが、本作の残酷な老いは、移動すらままならない。息子が手を差し延べ、ようやく景色が流れ出し、老人と中年のロード・ムービーが始まる。
     
     さびれた中西部の荒漠とした風景を彷徨う、父ブルース・ダーンの佇まいに映画史が重なる。これは生きる尊厳についての名画だ。

  • くれい響
    頑固じいさん子2人
    ★★★★
    »読む«閉じる

     今年のオスカー候補は激しい人間ドラマが多いが、そういう意味で異彩を放つ本作。モノクロ映像で綴られる親子のロードムービーということで敬遠する人ももいるだろうが、オスカー常連監督の実力はタダモノじゃない。インチキ懸賞金を信じる頑固オヤジあるあるに、その金にたかろうとする田舎あるあると、これまで以上にダメ人間を温かくシニカルに描き、ガッツポーズしたくなるほど見事な着地を決めてくれる。
     アメリカン・ニューシネマへのオマージュからのブルース・ダーンやイヤミなステイシー・キーチのキャスティングも見事だが、母役のジューン・スキップがとてつもなく素晴らしい。劇中見せる彼女のトボケた表情が頭から離れない!

  • 中山 治美
    モノクロ映像がさらに侘びしさを誘う現代のアメリカ
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    『アバウト・シュミット』と『サイドウェイ』で、人間の些細な悩みを米国の雄大な景色で包み込むように描いてきたA・ペイン監督。だが、同じロードムービーでも趣が違う。
     親子の情愛を深める旅は、経済不況にあえぐ寂れた街や人を通り過ぎる。貧しさは人の心をトゲトゲしくし、久々に再会した兄弟や友人たちの言葉は険があって笑うことすらはばかれる感じだ。しかし、これがペイン監督の目を通して見た今の米国そのものであり、優れた監督が持つ゛作家性゛というものだろう。
     ただ物語は、D・リンチ監督『ストレイト・ストーリー』とカブる。ブルース・ダーンの味、様様である。

  • なかざわひでゆき
    高齢の親を持つ世代なら尚更のこと心に染みる作品
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     人間は年を取ると丸くなると言われるが、実際はそうでもない。怒りっぽくなったり、せっかちになったり、我が強くなったり。しかし、自分が老い先短いと悟った時にやり残した事が多ければ、若い頃のように体が動かないことを思い知らされれば、不満や焦りから多少偏屈になってしまうのも仕方あるまい。それが人間というものだろう。
     本作はそんな年老いて思い込みの激しくなった父親と中年息子の一風変わった道中記。ユルい笑いとシビアな現実を織り交ぜつつ、面と向かって愛していると言えない不器用な親子の姿を暖かく見つめる。ブルース・ダーンの偏屈ジイさんぶりも微笑ましい。高齢の親を持つ世代には尚更、心に染みる映画だろう。

動画

映画『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』予告編

写真ギャラリー

Paramount Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

ポスター/チラシ

  • 映画『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』ポスター
    ポスター
  • 映画『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』チラシ
    チラシ
  • 映画『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』米版ポスタービジュアルのポストカード
    米版ポスタービジュアルのポストカード

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

アシスタントディレクター・製作総指揮: ジョージ・パーラ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅 (2013) ▲ from どんくらの映画わくわくどきどき (2014年5月22日 3時33分)
    若い頃からアル中で今はそれにボケも加わった老いた父につきあって、恋人に逃げられたばかりの息子がありもしない多額の賞金を受け取るための旅に出る。  親切そうに見える人たちがカネの匂いで豹変する。デイビッドにしてもただの店員なのにに店を経営していると見栄を張る。見た目も中身もワルのいとこたちが一番正直なのかも。  老人ホームが良いのか悪いのかという議論があるけれどどこの国にもある課題なのだろ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅 from 映画三昧、活字中毒 (2014年4月19日 22時17分)
    ■ TOHOシネマズ シャンテにて鑑賞ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅/NEBRASKA 2013年/アメリカ/115分 監督: アレクサンダー・ペイン 出演: ブルース・ダーン/ウィル・フォーテ/ジューン・スキッブ/ステイシー・キーチ/ボブ・オデンカーク 公式サイト 公開: 2014年02月28日 モンタナ州で暮らすデイビッド・グラントの元に、警察から、父ウディが高速道路を歩い... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅 from ダイターンクラッシュ!! (2014年4月5日 23時43分)
    2014年4月2日(水) 12:25~ TOHOシネマズシャンテ3 料金:0円(フリーパス) パンフレット:未確認 シニカルなコメディ 『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』公式サイト 父子の和解の感動的な話なのかと思っていたが、シニカルなコメディだった。 少々老人をバカにしている嫌いも。 グチグチと嫌味も多い上に下品な言葉を吐く、鬱陶しい母親だが、家族を守る正義の人だった。 変な奴ばっかり出てくるのだが、特に従兄弟のデブ兄弟が、頭の悪さ全開で楽しい。 お勧め度:☆☆☆★ 辛口度:☆☆☆ 俺度: ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」:達者な作り from 大江戸時夫の東京温度 (2014年4月3日 22時42分)
    映画『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』は、モノクロ・ワイドの画面がいい味出して ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」 from 元・副会長のCinema Days (2014年3月30日 6時21分)
    (原題:Nebraska)アメリカンドリームも過剰な国粋主義も過ぎ去った時、あとに残されたのは虚飾を剥ぎ取られた“素”のアメリカと、身近なかけがえのない人々との絆だけであった。諦念の底に見つける優しさと一筋の希望とを描き出す、アレクサンダー・ペイン監督による... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年2月24日の週の公開作品
  3. 『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』