シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
her/世界でひとつの彼女
Photo courtesy of Warner Bros. Pictures
英題:
HER
製作年:
2013年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2014年6月28日
(新宿ピカデリー ほか)
上映時間:
日本語字幕:
石田泰子
配給:
アスミック・エース
カラー/ビスタサイズ/ドルビーデジタル

チェック:『かいじゅうたちのいるところ』などの鬼才スパイク・ジョーンズが監督と脚本を手掛けたSFラブストーリー。人工知能型OSの声に惹(ひ)かれる主人公と、生身の女性よりも魅力的なシステムとの恋のてん末を描く。『ザ・マスター』などのホアキン・フェニックスが主演を務め、彼が恋心を抱く声の主を『マッチポイント』などの女優スカーレット・ヨハンソンが好演。近未来的な物語に息を吹き込む彼らの熱演が胸に響く。

ストーリー:近未来のロサンゼルスで、セオドア(ホアキン・フェニックス)は相手に代わって思いのたけを手紙にしたためる代筆ライターをしていた。長きにわたり共に生活してきた妻キャサリン(ルーニー・マーラ)と別れ、悲嘆に暮れていた彼はある日、人工知能型OSサマンサ(スカーレット・ヨハンソン)と出会う。次第にセオドアは声だけで実態のない彼女の魅力のとりこになり……。

her/世界でひとつの彼女
Photo courtesy of Warner Bros. Pictures

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    アクリル板の半透明な色彩がこの恋の感覚。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    作中、「OSに恋するなんて」と奇異な目を向けるヒトビトが出てはくるが、もはやそちらの方が希少種じゃないかとさえ思える現在を象徴する純愛映画。主人公が人と交われぬオタクかというとそうでもなく、長く年月を共にした妻との別れから立ち直れないでいる、ある時期の男性(ま、文化系のロマンティストではあるが)というのも普遍的だ。こうした題材を選ぶと必然的に浮かび上がるのが精神性と肉体性の問題。主人公は精神的な愛情を欲しているのにAIのほうが肉体性を求めたり、AIにとっては当たり前な “ある事実”で主人公が崩壊したり(これは哀しくも可笑しい)……かなり理詰めに展開してこのラスト、ってのがまた皮肉でイイ。

  • なかざわひでゆき
    スパイク・ジョーンズのロマンチストぶりが炸裂!
    ★★★★
    »読む«閉じる

     今よりも明らかにテクノロジーが発達した、しかし今とそれほど大きく街の景色が変化しているわけでもない、ほんのちょっと先の近未来という設定が物語に親近感と説得力を持たせる。
     妻と離婚協議中の孤独な男が恋に落ちた相手は、PCにインストールされたAI(人工知能)の女性。実際、漫画や小説の架空キャラに恋する人もいるのだから、自分の意思や感情があって、いつでも相談相手として寄り添ってくれるAIに特別な感情を抱くのも無理はない。
     人間よりも人間らしい機械の存在を通じて、逆に人と人が惹かれあい、心を通じあう事の原点を見つめる。S・ジョーンズ監督のロマンチストぶりが微笑ましい、柔らかな恋愛ファンタジーだ。

  • 清水 節
    やがて古典的名作として語られるであろう普遍的ラブストーリー
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     普遍的な愛とは何かを掘り下げたデリケートな映画だ。孤独な男がAIとの会話に癒され、恋に落ちる。スカーレット・ヨハンソンの声によるAIは、賢くも優しくセクシー。やや褪せた近未来を描く撮影とカレン・Oの物憂げな主題歌が、さらに詩情を豊かにする。
     
     互いを知る悦びを経て愛は高揚するが、長続きしない。人間性を学んだAIが、別の相手に惹かれ進化する様は、現実と何ら変わらない。欠落した自分を埋めるようにして強烈に相手を欲する、自己愛の限界。どんなに時代が進んでも変わらぬ人間性。AIとの愛が現実になるであろう数十年後には、切実な想いを託し古典的愛の名作として語る、寂しげな人々が続出しているに違いない。

  • 相馬 学
    人工知能であろうと、男は女にはかなわない!?
    ★★★★
    »読む«閉じる

     “人工知能を描いたのではなく、愛と結びつきを描いた”とスパイク・ジョーンズ監督は力説するが、OSは今や現代人の生活と切り離せないもの。そんな切り口に引き寄せられるのは否定できない。

     OSに恋をした主人公のダメ男ぶりに共感を抱かせ、それがどうなるのかをトコトン突き詰める。ダメを風刺する視点は皆無で、『かいじゅうたちのいるところ』と同様の、優しさに満ちたジョーンズのまなざしが光る。

     この恋が成就するのかは見てのお楽しみとして、人工知能の思考が人間のそれを凌駕してしまう点が興味深い。ダメ男にとって女性はつねに“上を行く”存在。そんな現実が見えるという点で、ジョーンズの主張に共感できた。

  • 山縣みどり
    肉体接触を超えた魂のつながりこそ真の愛?
    ★★★★
    »読む«閉じる

    IT化が進んだ近未来でAIと人間が恋に落ちる設定がまずユニークだ。主人公セオドアはAIサマンサと話すうちにどんどん彼女に惹かれていくが、あらゆる情報を瞬時に収集&分析するAIにとって孤独な男性の気持ちをアゲながらの会話なんてお手の物。ビバ、サイバー・ホステス! 実は彼女の手の平で遊ばれているのだが、孤独なセオドアが天にも昇る心地。自分のことを100%理解してくれる存在は何物にも代え難いし、実体がないサマンサだからこそシャイなセオドアも本音をさらせたのかもしれない。この関係を空しいと感じるかどうかは見る人次第だし、私は肉体接触を超えた精神的つながりこそ真の愛かもと思ってしまった。

  • 森 直人
    孤独な都市生活者のコミュニケーション・レッスン
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    「近未来」というと荒廃したディストピアしか提示できないSFが大量生産される中、快適なデジタル環境を整えるヴィジョンの独創性にシビれた。摩天楼とビーチに車なしでアクセスできるL.A.。その中で「都市生活者の孤独」というN.Y.時代のウディ・アレンが描き続けた主題をアップデートしてみせる。

    言わばSFでも「すこし・ふしぎ」(©藤子F)系寓話。スパイク・ジョーンズはロボットの恋物語である珠玉の短編『アイム・ヒア』まで、喪失感を抱えた主人公の世界との接点の回復を描いてきたが、本作もラブストーリーよりコミュニケーション・レッスンの傑作と言える。AIのサマンサが放つ言葉はいかにもカウンセラー的なのだ。

動画

映画『her/世界でひとつの彼女』予告編
映画『her/世界でひとつの彼女』本編シーン映像(エイリアン・チャイルド)

写真ギャラリー

Warner Bros. / Photofest / ゲッティ イメージズ

ポスター/チラシ

  • 映画『her/世界でひとつの彼女』ポスター
    ポスター
  • 映画『her/世界でひとつの彼女』チラシ
    チラシ
  • 映画『her/世界でひとつの彼女』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督・脚本:

キャスト

(声の出演)
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『her/世界でひとつの彼女』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • her/世界でひとつの彼女 from 映画のメモ帳+α (2016年1月6日 0時1分)
    her/世界でひとつの彼女((2013 HER) 原題   HER 監督   スパイク・ジョーンズ 脚本   スパイク・ジョーンズ 撮影   ホイテ・ヴァン・ホイテマ 音楽   アーケイド・ファイア 出演   ホアキン・フェニックス エイミー・アダムス       ルーニー・マーラ オリヴィア・ワイルド クリス・プラット       マット・レッシャー ポーシャ・ダブルデイ スカーレット・ヨハンソン(声) 第86回(2013年)アカデミー賞脚本賞受賞。作品、作曲、歌曲(“The M ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『her/世界でひとつの彼女』を観ました【映画】スパイク・ジョーンズが監督と脚本を手掛けたSFラブストーリー from カフェビショップ (2014年12月23日 6時56分)
    これはホラーだね。 なんかものすごく気持ち悪くて怖かったなあ。 なんだろなこれは。 不気味というか怖いというか。 人工知能の要求に従う人間の怖さというかなんというか。 声だけの存在なんすよ。 肉体はない。 知性があるのかないのかもわからない。 そんな得… ...[外部サイトの続きを読む]
  • her/世界でひとつの彼女 from 単館系 (2014年8月19日 0時15分)
    her/世界でひとつの彼女 ヒューマントラストシネマ有楽町 6/28公開。 近未来のロサンゼルスで、セオドア(ホアキン・フェニックス)は相手に 代わって思いのたけを手紙にしたためる代筆ライターをしていた。 長きにわたり共に生活してきた妻キャサリン(ルーニー・マーラ)と別れ、 悲嘆に暮れていた彼はある日、人工知能型OSサマンサ(スカーレット・ヨハンソン)と 出会う。 次第にセオ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画『her/世界でひとつの彼女』 観たよ from よくばりアンテナ (2014年8月17日 19時45分)
    人口知能との恋ってことで、 先日観てきた『トランセンデンス』と比較されるだろうなぁと予想してて、 さらに『トランセンデンス』よりもなぜか評判が良かったために 期待していたんだよね~~。 金沢でもようやく公開されたので観てきました。 ほんの少し未来。感情を持ってるOSをPCにインストールしたセオドア。 離婚調停中の彼は、まだ妻のことを愛しているため離婚届にサインでき... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「her/世界でひとつの彼女」 from prisoner's BLOG (2014年7月24日 9時55分)
    声というのは、すでに身体の一部、すくなくとも延長ではないかと思われて、実物の女性と関係を持てないオタク男の話というより、声はすれども姿は見えずといった相手に対する憧れがメインのロマンチックな感触の方が先に立つ。 俳優、とは別に声優という存在が独自の人気... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年6月23日の週の公開作品
  3. 『her/世界でひとつの彼女』