シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
どなたでもご覧になれます

アラビアの女王 愛と宿命の日々

公式サイト:http://gaga.ne.jp/arabia/
アラビアの女王 愛と宿命の日々
(C) 2013 QOTD FILM INVESTMENT LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
英題:
QUEEN OF THE DESERT
製作年:
2015年
製作国:
アメリカ/モロッコ
日本公開:
2017年1月21日
(新宿シネマカリテほか)
上映時間:
配給:
ギャガ・プラス
製作会社:
Benaroya Pictures / H Films / Raslan Company of America
カラー/シネマスコープ/5.1chデジタル

チェック:イラク建国の立役者として力を尽くしたイギリス人女性ガートルード・ベルの半生を映画化。イギリス上流階級の生活を捨てアラビア各地に赴き、現地の人々から慕われたベルの生きざまを、ドイツの鬼才ヴェルナー・ヘルツォーク監督が描く。ニコール・キッドマンが主演を務め、『127時間』などのジェームズ・フランコ、テレビシリーズ「HOMELAND」などのダミアン・ルイス、『トワイライト』シリーズなどのロバート・パティンソンらが共演。

ストーリー:イギリスの裕福な家庭に生まれ、オックスフォード大学を卒業したガートルード・ベル(ニコール・キッドマン)は上流階級の生活に別れを告げて、アラビアへと旅立つ。イラン、ヨルダン、シリアなどアラビア各地を旅してさまざまな部族と交流を重ね、砂漠に魅了される。アラビアの地に根付き情熱を傾けた彼女は、その後イラク建国に大きく関わっていく。

アラビアの女王 愛と宿命の日々
(C) 2013 QOTD FILM INVESTMENT LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

映画短評

  • 山縣みどり
    カラフルな経歴の女性の人生を単純に描くってアリ!?
    ★★★★
    »読む«閉じる

    アラビアのロレンスより先に砂漠のロマンに魅了され、考古学のパイオニアとなった貴族令嬢カートルード・ベルの人生をヴェルナー・ヘルツォーク監督が描くとあって期待が高まるわな。でも政治的メッセージは皆無だし、イギリス外務省の諜報員としての側面はほとんど無視された、恋を失った女の一代記になっていてがっかり。イラクにおけるスンニ派VSシーア派問題やクルド人をはじめ、中東が抱える問題の原点はアラブ通だったベルの独断という説もあるわけで、彼女が境界線を決めた経緯やそこに至った心模様をもっと描いてほしかった。聡明で先進的で華麗な経歴を持つ女性の人生がこんなにフラットに描かれたことに驚いたよ。

  • 平沢 薫
    風が、砂漠の上をどこまでも吹き渡っていく
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     オープニングクレジットとエンディングクレジットの双方で、風が広大な砂漠の上をどこまでも吹き渡っていく。その2つに挟まれた本編で、主人公は砂漠の上をラクダで進み続けていく。そのようにして砂漠の風のごとく描かれる主人公の人物像が清々しい。
     主人公は20世紀初頭の英国が息苦しく、砂漠に行って初めて呼吸するのが楽になり、生涯に渡って砂漠を行きながら、砂漠の美しさを書いていく。実在の人物がモデルなこともあり、家族や恋愛もあれば政治も絡むが、ヘルツォーク監督はそうした伝記的事実には比重を置かず、ただ砂漠を愛してそれに徹した人物を描く。主人公の心が高揚するとき、砂漠の空がより高さを増していく。

動画

ニコール・キッドマン主演の伝記ドラマ!映画『アラビアの女王 愛と宿命の日々』予告編

» 『アラビアの女王 愛と宿命の日々』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

(C) 2013 QOTD FILM INVESTMENT LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

ポスター/チラシ

  • 映画『アラビアの女王 愛と宿命の日々』ポスター
    ポスター
  • 映画『アラビアの女王 愛と宿命の日々』チラシ
    チラシ
  • 映画『アラビアの女王 愛と宿命の日々』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『アラビアの女王 愛と宿命の日々』一筆箋
    一筆箋

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

キャスティング: サラ・ベンチェグラ
サウンドミキサー: ポール・パラゴン
オーケストラ指揮: アンディ・ブラウン

キャスト

ガートルード・ベル:
ヘンリー・カドガン:
トーマス・エドワード・ロレンス:
リチャード・ダウティ=ワイリー:
ファトゥーフ:
フローランス・ベル:
ヒュー・ベル:
ウィンストン・チャーチル:
マーク・サイクス:
フローレンス・ラセル:
ミセス・ラセルズ:
トンプソン:
チェスター伯爵:
アーノルド・ランシー:
ハーヴェンハースト:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「アラビアの女王 愛と宿命の日々」 from ここなつ映画レビュー (2017年1月24日 14時24分)
    面白かった…のだろうか?いやいや、単なるラブロマンスなのなら最初からそう言ってくれなきゃ。「砂漠の女王」と呼ばれたイギリス人女性ガートルード・ベルが、イラン、ヨルダンからシリアなど、アラビア半島を2500kmラクダのみで渡り歩き、部族と交流した上で遂にはイラク建国の立役者となったその一代記、と言われて観たものだから、すっかり肩透かしを食らった感じである。もっと血湧き肉躍る冒険譚で(アクションなんか決して必要ないのだが)、オスマン帝国滅亡の後、各帝国主義が食指を伸ばす中、アラビアの縦横にびっと無体に線を引いた ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「アラビアの女王 愛と宿命の日々」世界には、まだまだ知らないことが…。 from シネマ親父の“日々是妄言” (2017年1月19日 21時16分)
    吾輩、歴史は結構好きな方ですが、このお話はまったく存じておりませんでした。「アラビアの女王 愛と宿命の日々」(GAGA)。かつてアラビアの歴史に、燦然と名を刻んだ女性の物語です。  19世紀後半のイギリス。裕福な家庭に生まれ、オックスフォード大学を女性として初めて首席で卒業した才女、ガートルード・ベル(ニコール・キッドマン)。社交界へデビューするも、女性はお飾りとしか見なされない退屈さに嫌気が差し、父に頼み込んでテヘラン駐在公使である叔父がいるペルシャへと旅立つ。アラビアの砂漠に魅了されたガ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「アラビアの女王 愛と宿命の日々」:ニコールの若々しさ from 大江戸時夫の東京温度 (2017年1月12日 23時30分)
    試写会で映画『アラビアの女王 愛と宿命の日々』を観ました。なんと久々の(ですよね ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年1月16日の週の公開作品
  3. 『アラビアの女王 愛と宿命の日々』