シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
死霊館
(C) 2013 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED.
英題:
THE CONJURING
製作年:
2013年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2013年10月11日
上映時間:
1時間52分
配給:
ワーナー・ブラザース映画
カラー

チェック:『ソウ』シリーズなどで有名なジェームズ・ワン監督が、アメリカで実際に起きた出来事を基に描くオカルトホラー。不可解な怪現象に悩まされる一家の相談を受けた心霊学者の夫妻が、調査に赴いた館で壮絶な恐怖を味わう。実在の心霊学者ウォーレン夫妻には、『インシディアス』などのパトリック・ウィルソンと『マイレージ、マイライフ』などのヴェラ・ファーミガ。そのほか『きみがぼくを見つけた日』などのロン・リヴィングストン、『I SHOT ANDY WARHOL』などのリリ・テイラーが共演。

ストーリー:1971年アメリカ・ロードアイランド州、両親と5人の娘たちが古びた一軒家に引っ越してくる。しかし、毎朝母親の体にあざができ、一定の時間に止まる時計など不気味な怪現象が次々と発生し、娘たちに危害が及んだことから、一家は心霊学者のウォーレン夫妻(パトリック・ウィルソン、ヴェラ・ファーミガ)に解決してほしいと依頼する。夫妻が現地を調査すると恐るべき歴史が明らかになり、夫妻は館に巣食う邪悪な存在に立ち向かうが……。

死霊館
(C) 2013 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED.

映画短評

  • 清水 節
    限りなく現実の恐怖体験に近い!震え上がる感覚が甦る傑作ホラー
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     深夜、何気ない軋みにすら敏感に反応してしまう。本作が、真の恐怖を招き寄せたせいだ。
     
     近年のホラーの主流に抗っている。主観撮影でリアリティを声高に唱えることもなく、執拗な特殊効果もなければ、目を背けるような残虐さもない。1971年という時代背景が丹念に再現され、悪魔払いを使命とする実在したウォーレン夫妻が紹介されたあと、単刀直入に忌わしき事件へといざなう。平凡な夫婦と5人の娘が引っ越して来た、片田舎の古びた一軒家。愛犬は家に入りたがらず、家中の時計は同じ時刻に止まった。そして現象が始まる。出没、憑依、攻撃――映画の構成は、純粋に悪魔の法則に従っている。音と気配の演出が秀逸だ。取り憑かれた家で、何も起きないカットの積み重ねが恐ろしい。引き画のワンショットの中に、突如入り込む恐怖の対象。脅えが極まった瞬間にカットアウト。抑制が効き、計算され尽くした生理的かつ根源的な恐怖が、ただひたすら観る者を襲うのだ。
     
     もはやJホラーは過去のものとして、貞子のバラエティ化に走った日本の映画人は、悔しさでうなされているだろう。これは、震え上がる感覚を甦らせる心理ホラーの傑作だ。

  • なかざわひでゆき
    潔いくらいにストレートな絶叫ホラー
    ★★★★
    »読む«閉じる

     ゾンビもヴァンパイアも結構やりきったよね…ということなのか、このところ徐々に増えつつある心霊ホラー。しかし、モキュメンタリーという仕掛けが全てだった「パラノーマル・アクティビティ」の大成功を例外とすれば、これといって盛り上がるような様子もなく。「エクソシスト」や「たたり」など古典のプロトタイプに縛られたり、小手先のアート系を気取ってみせたりする退屈な作品が多い中、臆することなくストレートな絶叫ムービーを志向した本作の潔さは逆に新鮮だ。

     確かに、こちらも「家」や「悪魔の棲む家」なんかの亜流に違いないのだが、前戯も早々に本番へと突入するスピード感に一切の迷いなし。不安を煽る心理描写やメタファーなどの遠回りも必要最小限。こうした幽霊屋敷ものでは移り住んできた家族にいろいろと問題があったりするものだが、本作の場合は貧しいながらも肩を寄せ合う仲良し一家が凶暴な悪霊の理不尽極まりない仕打ちに地獄めぐりさせられる様を、文字通りジェットコースター感覚で描く。ノリとしてはほぼアクション。取り憑かれたリリ・テイラーの狂乱ぶりがまた圧巻だ。その突き抜けた姿勢は痛快ですらある。

  • 相馬 学
    実話に即したつくりだからこそ怖い幽霊奇談
    ★★★★
    »読む«閉じる

     2013年、ホラー映画としては現時点で全米最高の興行収入を上げている作品であり、『インシディアス』のジェームズ・ワン監督の新作である。ホラー好きとしては期待せざるをえないが、それに応える堂々たるオカルト映画で、嬉しくなる。

     一軒家に引っ越してきた一家を襲う心霊現象という話はよくあるが、その謎に挑む心霊研究家夫婦の推理の過程がたどられ、スリルが広がる。登場人物は多いが、誰もが“何か”に脅かされ、それらがすべてショック描写として機能しているのでビジュアル的にも見どころがある。

     しかし、何よりも本作の恐怖を支えているのは実話という要素だろう。心霊描写に映画的な脚色はあるものの、ドキュメンタリーを思わせるワン監督の演出は、それらをリアリティと地続きのものとして体感させる。次作『インシディアス2』も楽しみになってきた!

動画

映画『死霊館』予告編
映画『死霊館』予告編

写真ギャラリー

New Line Cinema / Photofest / Zeta Image

ポスター/チラシ

  • 映画『死霊館』ポスター
    ポスター
  • 映画『死霊館』チラシ
    チラシ
  • 映画『死霊館』チラシ
    チラシ

スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『死霊館』の映画ニュース

  • 映画『アナベル 死霊館の人形』で全米を恐怖に陥れたアナベル人形が初来日を果たした。本作は、『死霊館』に登場した呪われた人形の誕生の秘密を描いたホラー作品。来日中の...定だ。(編集部・市川遥) 映画『アナベル 死霊館の人形』は2015年2月28日より新宿ピカデリ...
  • 大ヒットゲーム「メタルギア ソリッド」(KONAMI)の小島秀夫監督が、突如として世に放った謎のホラーゲーム「P.T.」(PlayStation Storeで無料配信中)。一人称視点でルー...ゃないですか。最近観て一番怖かったのも『死霊館』で。昔から映画マニアだったんですけど、...
  • 『死霊館』に登場した呪われた人形の誕生の秘密を描いたホラー映画『Annabelle』の邦題が『アナベル 死霊館の人形』に決まり、2015年2月28日より日本公開されることがわかっ...ヒットしたホラー映画となった『アナベル 死霊館の人形』。『死霊館』のジェームズ・ワン監...

読み込み中...

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 【 死霊館 】実話ベース本気ホラー from 映画@見取り八段 (2014年4月17日 4時45分)
    死霊館~ THE CONJURING ~     監督: ジェームズ・ワン    出演: ヴェラ・ファーミガ、パトリック・ウィルソン、リリ・テイラー、ロン・リヴィングストン、シャンリー・カズウェル、ヘイリー・マクファーランド、ジョーイ・キング、マッケンジー・フォイ、カイ… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『死霊館』を見た【映画】「ソウ」「インシディアス」のジェームズ・ワン監督が衝撃の事件を基に描く戦慄のオカルト・ホラー from カフェビショップ (2014年3月9日 6時58分)
    うーん。 これはいまいちかなあ。 昔からこういう形式の映画ってありますね。 悪霊がとりついて、悪霊ハンターが悪霊退治に来て、 悪霊と対決して、 最後は家族って最高やん?という感じで終わるやつ。 大昔に「ポルターガイスト」とかありましたね。 あれ結構ブー… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 死霊館 (2013) ▲ from どんくらの映画わくわくどきどき (2014年3月3日 3時13分)
    結構怖いホラー。DVDで観た。  ウォーレン夫妻(実在)は1951年に"the New England Society for Psychic Research"を設立し、米国で1万件以上の心霊現象を調査してきた。  この映画は1971年に夫妻が調査した「ペロン一家の事件」を元にしていて、映画にはロレイン・ウォーレンもコンサルタントとして参加している。この映画の中ではウォーレン夫妻の... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「死霊館」 ウォーレン夫婦の実話を映画化(;゜Д゜)! あらすじ&ネタバレ 続編、スピンオフもありか? from ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て (2014年2月9日 0時4分)
    『ソウ』シリーズなどで有名なジェームズ・ワン監督がアメリカで実際に起きた出来事を ...[外部サイトの続きを読む]
  • 死霊館 from ダイターンクラッシュ!! (2013年10月20日 3時11分)
    2013年10月19日(土) 19:00~ 109シネマズ川崎6 料金:1000円(ポイントカード会員感謝の日) パンフレット:未確認 古臭いが故に目新しい。正統派オカルト映画。 『死霊館』公式サイト 元来「ソウ」の奴なのだが、その後のホラーは、あまり奇をてらっていない。 それの最終局面か、極めてオーソドックスな、正統派オカルト映画。 大音量やビジュアルで怖がらせると言う安易な手段に頼っていない。 近年まれに見る正しい恐怖映画だ。 (ちょっと「スペル」のオマージュか?と勘ぐるシーンもあるけど。) ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク