シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
小学生には助言・指導が必要

ベルリンファイル

公式サイト:http://berlinfile.jp/
ベルリンファイル
(C) 2013 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved
英題:
THE BERLIN FILE
製作年:
2013年
製作国:
韓国
日本公開:
2013年7月13日
(新宿ピカデリー ほか)
上映時間:
配給:
CJ Entertainment Japan
カラー

チェック:ハ・ジョンウ、ハン・ソッキュ、チョン・ジヒョンら韓国実力派が共演を果たしたサスペンス・アクション。神出鬼没で出自不明な北朝鮮諜報(ちょうほう)員と韓国国家情報院の優秀なエージェントが、ベルリンを舞台に繰り広げる激闘の行方を活写していく。メガホンを取るのは、『生き残るための3つの取引』のリュ・スンワン。CIA、イスラエル諜報(ちょうほう)特務庁、中東、ドイツ政府の思惑も絡み合う濃密にして予想不可能な展開から、ひと時も目が離せない。

ストーリー:韓国国家情報院のすご腕エージェントであるジンス(ハン・ソッキュ)は、ベルリン市内で行われるアラブ系組織と北朝鮮諜報(ちょうほう)員ジョンソン(ハ・ジョンウ)の武器取引の情報をキャッチ。ジョンソンはホテルから脱出して難を逃れるものの、韓国側に情報が漏れていることに不安を抱く。さらに、北朝鮮大使館の通訳官を務める妻ジョンヒ(チョン・ジヒョン)の二重スパイ疑惑を知らされてがく然とする。韓国国家情報院の追撃を懸命にかわす中、ジョンソンは自分と妻、さらには宿敵ジンスまでもが巨大な陰謀に飲み込まれていることに気付く。

ベルリンファイル
(C) 2013 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved

映画短評

  • 清水 節
    心をえぐるヒリヒリとした諜報戦
    ★★★★
    »読む«閉じる

     『シュリ』が情緒過多な演歌に聞こえ、『ミッション:インポッシブル』が無意識過剰なトムのグラムロックに思えてくるほど、『ベルリンファイル』は辛酸を舐めた者にしか分からない、心をえぐられるようなヒリヒリとしたジャズだ。

     ストーリーは込み入っている。詳細を理解しようと思えば、1度目の鑑賞では取り残されるだろう。主人公は北朝鮮のスパイ。南北朝鮮の分断が生んだ緊張に、アメリカ、ロシアのみならず、アラブとイスラエルの思惑も絡まり合い、ベクトルが錯綜する。冷戦以降のインターナショナルな諜報活動のリアルが、ここにある。

     舞台はかつての分断都市ベルリン。観光映画に堕することなく、ぶっきらぼうに切り取る。ハ・ジョンウの面構えが不敵でいい。銃撃戦も格闘戦も切迫度が高く、北朝鮮の格闘術「撃術」はキレ味満点。裏切り者は誰か。身近な者ほど信頼出来ず、こちらまで情緒不安定に陥りそうになる。チョン・ジヒョンの疑心暗鬼な表情は、もっと評価されるべきだ。

  • 森 直人
    渋い! 言わば『シュリ』×『裏切りのサーカス』
    ★★★★
    »読む«閉じる

    この映画の真のテーマは、クラシックなスパイ映画をいかに現代的に再生させるか、とのある種マニア的な試みではないか? おそらくカギになるのは英国のミステリー作家、ジョン・ル・カレだ(彼の本が画面にちらっと映る!)。冷戦時代の東西分断の象徴であるベルリンは、同時にル・カレの代表作『寒い国から帰ってきたスパイ』など、スパイ小説の定番の舞台でもあった。韓国映画の本作がわざわざベルリンを舞台にしているのは、何よりも往年のスパイ物へのオマージュだと考えていい。朝鮮半島の分断をエンタメ化する流れは『シュリ』から始まったが、『ベルリンファイル』は南北闘争よりも北朝鮮内部のこじれを核として中東も絡めたパズル的な脚本構造を取っており、まさにル・カレの原作を端正に映画化した『裏切りのサーカス』に近い。前半は複雑な人間関係を把握することに集中してほしい。後半は「目指せ『ボーン』シリーズ」とばかりに、活劇の興奮へと沸騰していくから。

  • なかざわひでゆき
    朝鮮半島の悲哀を滲ませるリアルなスパイ劇
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    民族分断の象徴でもあるドイツのベルリンで、韓国と北朝鮮の壮絶な諜報戦が繰り広げられる。CIAやモサド、アラブのテロリストにロシアの武器商人まで絡むインターナショナルな設定のワリに、スケールは意外と小ぢんまり。冷戦時代の東西スパイ活動を身近に感じて育った身としては、007的な荒唐無稽さと一線を画した演出には説得力を感じる。まあ、それなりに映画的なドンパチ&肉弾アクションはあるけれども。ただ、金正恩政権のどす黒い陰謀でも浮かび上がるのかと思いきや、結局はただの内紛ですか。ハン・ソッキュの下手クソすぎる英語もちょっと気になるポイント。とはいえ、同じ民族同士で南北が憎しみ合うばかりか、それぞれの味方同士でも足の引っ張り合いをする朝鮮半島の悲哀は痛切なくらい滲み出て印象深い。

動画

映画『ベルリンファイル』予告編
映画『ベルリンファイル』予告編(30秒)

ポスター/チラシ

  • 映画『ベルリンファイル』ポスター
    ポスター
  • 映画『ベルリンファイル』チラシ
    チラシ
  • 映画『ベルリンファイル』チラシ
    チラシ
  • 映画『ベルリンファイル』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『ベルリンファイル』LED内蔵ハイブリッドスパイペン
    LED内蔵ハイブリッドスパイペン

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本:
武術監督: チョン・ドゥホン

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ベルリンファイル』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『ベルリンファイル』を見た【映画】ベルリンを舞台に韓国と北朝鮮の諜報員たちによる攻防を描き出すスパイアクション from カフェビショップ (2014年1月27日 7時42分)
    「ベルリンファイル」 韓国版ジェイソン・ボーンってことですね。 マット・デイモンの「ボーン・アイデンティティー」っぽい。 やっぱ韓国って映画に関して 技術の吸収が早いっすね。 撮影技術とかをハリウッドで学んで自国の映画に使うとか してるんすかねえ。 … ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ベルリンファイル」 あらすじ&ネタバレ TSUTAYAだけでレンタル開始 from ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て (2013年12月6日 1時38分)
    ハ・ジョンウ、ハン・ソッキュ、チョン・ジヒョンら韓国実力派が共演を果たしたサスペ ...[外部サイトの続きを読む]
  • Kさん命名。(ボンド+ボーン)×ル・カレ÷シュリ=『ベルリンファイル』 from For James Bond 007 Lovers Only (2013年9月5日 0時46分)
    Kさん命名。(ボンド+ボーン)×ル・カレ÷シュリ=『ベルリンファイル』 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ベルリン・ファイル」 from ここなつ映画レビュー (2013年8月29日 18時58分)
    「J.S.A.」を凌ぐ作品!との謳い文句に惹かれて観たものの、全然凌いでませんでした。南北朝鮮対立物、スパイ物、なので、裏切り、密告、広義な意味での処刑、銃撃戦、と何でもアリなのですが。 ファイルと言えば、「オデッサ・ファイル」でも有名なように、スパイ物、と決まっている訳で。ヨーロッパではこのベルリンが、南北朝鮮の諜報活動の重要な拠点になっています。 主人公のハ・ジョンウは、北の諜報員としてこの地に滞在しており、美しい妻のチョン・ジヒョンは、大使館勤務。 「ブンサンケ」で初めて観たハ・ジョ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ベルリンファイル」 from 元・副会長のCinema Days (2013年8月5日 6時23分)
    (英題:THE BERLIN FILE )韓国製スパイ・アクションの快作である。まず舞台をベルリンに置いたのが良い。当地は韓国と北朝鮮の大使館が両方存在し、冷戦後の現在においても情報戦の拠点になっている場所だ。しかも、金正恩体勢になってからの北朝鮮の外交体制が一本... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2013年7月8日の週の公開作品
  3. 『ベルリンファイル』