シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
小学生には助言・指導が必要

ラッシュ/プライドと友情

公式サイト:http://rush.gaga.ne.jp/

チェック:F1レーサー、ニキ・ラウダとジェームス・ハントが壮絶なタイトル争いを繰り広げたドラマを映画化。事故で大けがを負いながらもシーズン中に復帰したラウダと、性格もドライビングスタイルも正反対なハントの死闘とライバル関係を、臨場感あふれるレースシーンと共に描く。監督は、『ビューティフル・マインド』などの名匠ロン・ハワード。陽気なハントをクリス・ヘムズワース、冷静沈着なラウダをダニエル・ブリュールが演じる。

ストーリー:性格もレーススタイルも相反するF1レーサー、ニキ・ラウダ(ダニエル・ブリュール)とジェームス・ハント(クリス・ヘムズワース)が激しい首位争いを繰り広げていた1976年。ランキング1位だったラウダはドイツ大会で大事故に遭遇し、深いけがを負う。復活は無理だと思われたがわずか6週間でレースに復帰し、日本の富士スピードウェイでのシリーズ最後のレースに臨む。

ラッシュ/プライドと友情
(C) 2013 RUSH FILMS LIMITED / EGOLITOSSELL FILM AND ACTION IMAGE.ALL RIGHTS RESERVED.

映画短評

  • 清水 節
    狂気に満ちた70年代の欲望とスピードに魅せられて
    ★★★★
    »読む«閉じる

     F1に関心なき者もグイグイと引きずり込む、スクリーンを切り裂く悪魔のような映像。欲望とスピードと勝利に魅せられた人生。クレイジーな70年代を走り抜けた伝説的ライバル同士の苛烈をきわめる対決。破天荒な熱き実話に対し、演出も演技も負けていない。
     
     “壊し屋ハント”と“走るコンピュータ”。敵対関係にあった彼らの距離が接近する過程に真実味が宿る。70年代に『バニシング IN TURBO』で監督デビューしたロン・ハワードは、水を得た魚のように技巧に走りまくる。過剰に思える編集と音楽も、劇的すぎる運命を前にしては、程よい加減だ。惜しむらくは、富士スピードウェイにおける最終決戦の描写が淡泊なことか。

  • 中山 治美
    ライバルがいるからこそ面白いスポーツの醍醐味がここに
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     清原和清VS.桑田真澄、浅田真央VS.キム・ヨナ、アイルトン・セナVS.アラン・プロストetc…伝説に残るライバル関係がその競技を盛り上げてきたが、それが対照的なキャラクター同士となれば恰好のドラマになる。生い立ち、性格、レースに挑む姿勢から女まで全方位からラウダVS.ハントを分析し、頂点を極めた゛同士゛としての愛憎を導き出す。脚本は『フロスト×ニクソン』のピーター・モーガン。さすがの職人技だ。
     とはいえ無条件に前のめりになるのは、忠実に再現された数々のレースシーンだろう。手に汗握る興奮とは、まさにこの事。セナ亡き後、F1を離れたファンの心をも再び焚きつけてくれそうだ。

  • くれい響
    ロン・ハワード監督の職人技を久しぶりに堪能
    ★★★★
    »読む«閉じる

     レースシーンは悪くはないが、日本GPの描写はモノ足りなく、『グラン・プリ』にはかなわない。とはいえ、久しぶりにロン・ハワード監督の職人技が冴え渡り、初期作でみられた周りが見えなくなる男の性を描写。ヤリチンとネズミ顔、対照的な人生を描くだけに焦点を絞っているため、観方によって淡泊なダイジェストに見えたり、キャラの内面が見えてこないという意見もあるだろう。だが、それがリアルで、たまに2人が出会うからこそ、スパイスとして効いてくる。
     もちろん西ドイツGPの映像を観たいがために『ポール・ポジション』に行ったら、シドニー・ロームの実況レポートを延々見せられた苦い過去を持つアラフォーは必修!

  • 相馬 学
    焦点が絞れているからこそシビレる硬派ドラマ
    ★★★★
    »読む«閉じる

     F1ドキュメンタリー映画『ポール・ポジション』を知る70年代世代には歓迎。当時の天才レーサー、ジェームズ・ハントとニキ・ラウダのデッドヒートや、後者のクラッシュ~カムバックの舞台裏を覗けるのか嬉しい。

     ハントとラウダの性格の違いや、ライバル意識のぶつかり合いに加え、映画はクラッシュ後のラウダのカムバックに向けた根性や、その原因を作ったハントの苦悩にスポットを当てる。それぞれの内なる闘いに裏打ちされたデッドヒートの壮絶さに、アツいものを覚える観客は少なくないはずだ。

     演出も演技もこのアツさのために機能していると言っても過言ではない。焦点の絞りこみによる勝利。

  • 森 直人
    シンプル・イズ・ベスト!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    アカデミー賞に向けての賞レースからは弾かれているが、筆者が「本当に面白いシネマGP」で優勝のチェッカーフラッグを振りたいのは本作である! コレは“男の娯楽映画”として理想的にシェイプされた一本!

    スピード! アクション! メカフェチ! 好敵手同士のドラマ! さらに「無理して勝つより、しのぐことが大切だな」など阿佐田哲也的な教訓まで得られてしまう。

    『バニシング IN TURBO』から監督業をスタートしたロン・ハワードの最高作か?とも思うが、ぶっちゃけ筆者が燃えているのは、ニキ・ラウダも「ニック・ラムダ」の名で登場したTVアニメ『グランプリの鷹』(77~78年)の記憶が甦っているからです!

動画

映画『ラッシュ/プライドと友情』予告編
映画『ラッシュ(原題)』特報

ポスター/チラシ

  • 映画『ラッシュ/プライドと友情』ポスター
    ポスター
  • 映画『ラッシュ/プライドと友情』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『ラッシュ/プライドと友情』RUSHオリジナルネックストラップ
    RUSHオリジナルネックストラップ

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

衣装デザイン: ジュリアン・デイ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ラッシュ/プライドと友情』の映画ニュース

  • 先週末(10月28日~10月30日)の全米ボックスオフィスランキングが発表され、映画『ダ・ヴィンチ・コード』シリーズ第3弾『インフェルノ』が興行収入1,486万425ドル(約14億...数字となってしまった。ハワード監督作は『ラッシュ/プライドと友情』(2013)、『白鯨との闘い』(2015)と近...
  • 映画『シャイン』でアカデミー賞主演男優賞に輝いたオーストラリア出身の俳優ジェフリー・ラッシュが、ナショナル・ジオグラフィック製作のアンソロジー・ドラマ(シーズン...定。同シリーズのパイロット番組は、映画『ラッシュ/プライドと友情』『白鯨との闘い』のロン・ハワードがメガ...
  • 映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のニコラス・ホルトと、『マトリックス』シリーズなどの名プロデューサーであるジョエル・シルヴァーが放つ新作映画『アウトバー...ースを主演に迎えたロン・ハワード監督作『ラッシュ/プライドと友情』でダイナミックでパワフルなカーアクショ...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『ラッシュ/プライドと友情』を観た【映画】F1レーサー、ニキ・ラウダとジェームス・ハント from カフェビショップ (2014年8月19日 7時22分)
    うーむ、思い出しますねえ。 セナプロストブームだった頃のF1を。 ニキ・ラウダの時のブームは知らないので、 こういうライバル関係で思い出すのはセナとプロストだなあ。 あの二人もすごくなかったすか。 なんかスタート直後のコーナーで 同じチームなのに お互い… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「RUSHープライドと友情ー」 from ここなつ映画レビュー (2014年5月23日 19時6分)
    この作品を観に行ったのは、東京に大雪が降った日の事でした。どうしても済ませなければならない用事があり、こんな天気にわざわざ出掛けるのだからついでに観て来よう、と。暇を持て余している次男が一緒に行きたいと言うので、「観るのはこの作品。それでもいい?」と念押しして同行させる事に。「友情ものとかオレ好きじゃないんだよね。」と前から言っていた事もあり、どうするかと思いきや、大雪の日にお出掛け、の誘惑に負けてついてくる事に。鑑賞後曰く、「ちゃんとした映画だったから面白かった。」…生意気言っちゃって!でも事実だからしょ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ラッシュ/プライドと友情」 from 元・副会長のCinema Days (2014年3月19日 6時32分)
    (原題:Rush)ロン・ハワード監督らしい実録映画である。展開は精緻を極め、映像は練り上げられ、俳優の動かし方には淀みは無い。しかし、この監督の作品のほとんどがそうであるように、見終わっての印象は希薄だ。有り体に言ってしまえば、本作から得られたのは“こう... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ラッシュ プライドと友情 from Some Like It Hot (2014年2月23日 21時8分)
    ■「ラッシュ プライドと友情/Rush」(2013年・アメリカ) ●2013年英国アカデミー賞 編集賞 監督=ロン・ハワード 主演=クリス・ヘムズワース ダニエル・ブリュール オリヴィア・ワイルド アレクサンドラ・マリア・ララ  1977年頃、少年だった僕らはス... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ラッシュ プライドと友情」:“生涯の1本”は大げさだなあ from 大江戸時夫の東京温度 (2014年2月20日 23時25分)
    映画『ラッシュ プライドと友情』は、しばらく低調だった(と小生は思うのですが)ロ ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年2月3日の週の公開作品
  3. 『ラッシュ/プライドと友情』