シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

チェック:『釣りバカ日誌』シリーズの朝原雄三が監督を務め、江戸時代に包丁侍として料理の腕を振るった武家に嫁いだ主人公の紆余(うよ)曲折を描く人間ドラマ。加賀藩に実際に存在した料理担当武士・舟木伝内と息子が残したレシピ集「料理無言抄」を題材に、当時の台所事情に迫る。気の強いヒロインを上戸彩、年下の夫を高良健吾が好演。伝統的な和食の世界はもとより、家族や夫婦の絆などを見つめる普遍的な人情劇が胸に染みる。

ストーリー:春(上戸彩)は人並み外れた料理の才能と味覚を持っていたが、勝ち気過ぎてたった1年で婚家から離縁を言い渡される。加賀藩で料理方を務める舟木伝内(西田敏行)に料理の腕を見込まれた彼女は、彼のたっての願いで伝内の息子安信(高良健吾)のもとへ嫁ぐことに。だが、包丁侍の家に生まれた跡取り息子の夫は料理が大の苦手で……。

武士の献立
(C) 2013「武士の献立」製作委員会

映画短評

  • 中山 治美
    ドロッドロの加賀騒動を台所から爽やかに
    ★★★★
    »読む«閉じる

     『武士の家計簿』の二番煎じと侮るなかれ。通称“加賀騒動“と呼ばれる加賀前田家の家督相続を、実在した包丁侍の家庭から描くという新たな歴史の考察に挑んだ意欲作だ。さらに当時のレシピ集「料理無言抄」を紐解き、武家や庶民の食文化を再現するという、風俗史学にも切り込んでいる。『武士の家計簿』のヒットがなければ生まれなかった企画であり、やり尽くされた感のある時代劇に一筋の光をもたらす新機軸かもしれない。現に、本作がワールドプレミア上映されたサンセバスチャン国際映画祭では、時代劇=チャンバラというイメージの強い外国人にとっても新鮮に映ったようだ。
     ただ企画の志の高さに反して、主演2人の芝居は現代風で、おまけにエンディング曲は超ポップと軽過ぎるきらいも。さらに言えば、クライマックスの饗応料理の品々を、もう少しきちんと見せて欲しかった。包丁侍夫妻が絆を深めることになった加賀食材巡りの旅がどんな結果になったのか、重要なシーンだと思うのだが。ちなみに筆者はプレス用資料に掲載された写真で確認出来たが、果たして観客に伝わるだろうか? 

  • なかざわひでゆき
    理不尽な武家社会で己の道を模索する人々を日本的情緒豊かに描く
    ★★★★
    »読む«閉じる

     江戸時代の武家の食卓なんぞを見目麗しく再現しつつ、やっぱり日本料理っていいよねえ、伝統文化っていいよねえ、なんて能天気なことをのたまうホームドラマ時代劇みたいなものを予想していたら、見事なくらいに裏切られて嬉しくなった。

     ここで描かれるのは、武士としてのアイデンティティを失った若き包丁侍(藩主の料理人)の苦悩と葛藤、そんな夫を3歩下がりながらも支えていく妻の逞しさ、そして個人の自由意思を許さない全体主義的な武家社会の厳しさだ。格式を重んじる社会構造の中で人はいかにして生きるべきなのか、どうすれば理想と現実の折り合いをつけられるのか。不本意な運命に耐え忍ぶ人々を互いにつなぎとめ、時には希望へのヒントを与えるもの。それが、本作の場合は“料理”なのである。

     ことのほかシリアスな物語を日本的情緒と大らかさで包み込んだ朝原雄三監督の演出は実に味わい深く、古き良き日本映画の伝統を今に感じさせる。大和撫子の強さと優しさを体現した上戸彩の情感豊かな演技も素晴らしい。惜しむらくは、純和風な映画とあまりに不釣合いなエンディングのテーマ曲だろうか。せっかくの余韻を台無しにしてしまっている。

  • 相馬 学
    今風のヒロイン像が魅力的な、風通しのよい時代劇
    ★★★★
    »読む«閉じる

     タイトルが表わすとおりの時代劇で、江戸時代の武家社会の一面が切り取られているが、堅苦しさはない。武家に嫁いだヒロインの視点で物語は語られ、その勝ち気なほど前向きな生き方が魅力的にとらえられているからか、とてもモダンで、風通しのよいドラマとなった。

     年下の夫に邪険にされても簡単にはヘコまないし、武家の嫁としての身分をわきまえながらも主張すべきことは主張する。何より、調理場に立つ姿がとても印象深く、包丁や箸のさばきが活き活きと映える。料理の腕に自信があり、それを楽しんでやっているヒロインの姿勢が凛としていて、いい。

     そういう意味ではヒロイン、上戸彩ありきの作品ではあるが、いらだちを抱えながらも寡黙で、感情表現が上手ではない夫にふんした高良健吾のたたずまいも妙味。時代劇とは縁の薄い、彼らと同世代の観客にも訴えるものがあるのではないだろうか。

  • 森 直人
    職人は黙って仕事をする
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    失礼な物言いながら「意外に良かった」という感想に尽きる。企画の枠組みは相当デンジャラス。あからさまに『武士の家計簿』を受けた二匹めのどじょう狙いで、しかも『かもめ食堂』や『南極料理人』以来、定番のネタとなった「食」。さらに上戸彩が「理想の妻」って『半沢直樹』ですよね……。これだけわかりやすくお客に見透かされるのって逆に損では?と心配になるほど。

    ところが実際に映画を観ると、あざとい印象が不思議なほど払拭されている。ケレン味や派手さは全くなく、淡々とキープされる安定感。特にテレビナイズされた上戸彩の大ぶりなキャラ的演技が、古き良き撮影所映画のトーン&マナーに落ち着いていくのは結構驚いた。

    監督の朝原雄三は、少女マンガのさわやかな映画化『時の輝き』でデビューした松竹の社員監督。『釣りバカ日誌』シリーズの後期を担い、その中で小津安二郎にオマージュを捧げた(『麦秋』の引用もある)『釣りバカ日誌15 ハマちゃんに明日はない!?』という忘れ難い名品もそっとモノにしている。どんな仕事も黙って引き受け、一定以上の品質に仕上げる。そんな「職人の美徳」が底抜けな企画の外壁を静かに支えている。

動画

映画『武士の献立』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『武士の献立』ポスター
    ポスター
  • 映画『武士の献立』ポスター
    ポスター
  • 映画『武士の献立』チラシ
    チラシ
  • 映画『武士の献立』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『武士の献立』スマートフォン立て
    スマートフォン立て

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督:
音楽: 岩代太郎

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『武士の献立』の映画ニュース

  • リリー・フランキーが2017年公開予定の映画『一茶』で主演を務め、俳諧師・小林一茶を演じることが明らかになった。 没後20周年を迎える作家・藤沢周平さんが残した「一茶」...などの吉村芳之。脚本は『武士の家計簿』『武士の献立』など時代劇を得意とする柏田道夫が手掛け...
  • 女優の佐々木希が、韓国の人気グループ SUPER JUNIOR のイェソンと初共演でダブル主演を務める映画『いきなり先生になったボクが彼女に恋をした』で、韓国語に初挑戦するこ...ルロケで描いたロマンチックコメディー。『武士の献立』などの朝原雄三監督がメガホンを取った。...
  • 俳優の佐藤浩市と女優の樋口可南子が夫婦を演じる映画『愛を積むひと』の最新映像が公開され、佐藤が男の弱さをさらけ出して涙するシーンが披露された。 本作はエドワード・...ていく姿を描く。 メガホンを取ったのは 『武士の献立』などを手掛けた朝原雄三監督。父と疎遠に...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『武士の献立』を観た【映画】上戸彩・高良健吾出演、江戸時代の加賀藩を舞台に台所を切り盛りする包丁侍とその妻のドラマを描く時代劇 from カフェビショップ (2014年8月7日 7時39分)
    これはよく出来たよくある時代劇でしたなあ。 時代劇でよくあるよくあるっていうドラマだった。 俺は剣で生きるぞと思ってるけども 家の都合で仕方ないから包丁侍。 夢を諦めていやいやお仕事。 それが人と出会って変わっていくドラマ。 よくあるよくある。 幼い頃… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「武士の献立」:上戸彩が好演 from 大江戸時夫の東京温度 (2014年1月8日 22時50分)
    映画『武士の献立』は、松竹内で制作のきっかけとなったであろう『武士の家計簿』より ...[外部サイトの続きを読む]
  • 921「武士の献立」。 from わたしの(わたしの東京の日常と)映画日記。 (2013年12月23日 13時33分)
    前回に引き続き、大好きな 高良健吾さんを観に行ってきました。朝原雄三監督作品。 大好きな 高良健吾さんは素敵でした。ただそれだけでした。 . ...[外部サイトの続きを読む]
  • 武士の献立 from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 (2013年12月19日 0時36分)
    武士の献立 オリジナルサウンドトラック [CD]料理で藩に仕える包丁侍の家に嫁いだヒロインの奮闘を描く人情時代劇「武士の献立」。江戸時代って、実はグルメな時代だったのだ!江戸 ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 武士の献立~夫を救うオ・モ・テ・ナ・シ心 from 佐藤秀の徒然幻視録 (2013年12月15日 20時18分)
    公式サイト。朝原雄三監督、上戸彩、高良健吾、余貴美子、西田敏行、夏川結衣、成海璃子、柄本佑、緒形直人、鹿賀丈史、ふせえり、宮川一朗太、猪野学、海老瀬はな、浜野謙太、笹 ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2013年12月9日の週の公開作品
  3. 『武士の献立』