シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)/episode 6 宇宙と地球と

公式サイト:http://www.gundam-unicorn.net/
機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)/episode 6 宇宙と地球と
(C) 創通・サンライズ
製作年:
2013年
製作国:
日本
日本公開:
2013年3月2日
上映時間:
制作:
バンダイビジュアル
カラー

チェック:2010年より新シリーズとして展開している「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)」の6作目。“ラプラスの箱”を巡る戦闘に巻き込まれ、戦いを重ねてきた主人公の少年バナージ・リンクスが、非情な未来を前にして究極の選択を迫られる。監督は、本シリーズのほか『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』シリーズでもメガホンを取る古橋一浩。ストーリーを「亡国のイージス」などの作家・福井晴敏が手掛ける。全7作の最終話を前に盛り上がる、ラプラスの箱の謎にまつわるストーリーや激しい戦闘から目が離せない。

ストーリー:フル・フロンタルの介入で地球連邦軍艦隊からの攻撃を回避したネェル・アーガマだったが、“袖付き”との共同戦線を受諾することに。フロンタルは対連邦の秘策と引き換えに、“ラプラスの箱”の座標をバナージから聞き出そうとする。そんな中、連邦軍の哨戒艦がネェル・アーガマに近づいてくる。哨戒艦を攻撃するか、袖付きとの共同戦線を破棄するか、バナージは苦渋の決断を迫られる。

機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)/episode 6 宇宙と地球と
(C) 創通・サンライズ

ポスター/チラシ

  • 映画『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)/episode 6 宇宙と地球と』ポスター
    ポスター

スタッフ

監督:
オリジナルキャラクターデザイン: 安彦良和
アニメーションキャラクターデザイン: 高橋久美子
モビルスーツ原案: 大河原邦男
メカニカルデザイン: カトキハジメ / 石垣純哉 / 玄馬宣彦
メカニカルデザイン協力: 明貴美加
ディスプレイデザイン: 佐山善則 / 上村秀勝
設定考証: 小倉信也
ストーリー: 福井晴敏
音楽: 澤野弘之
音響監督: 木村絵理子
美術監督: 池田繁美
色彩設計: すずきたかこ
撮影監督: 葛山剛士 / 田中唯
CGディレクター: 藤江智洋
編集: 今井大介

キャスト

(声の出演)
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)/episode 6 宇宙と地球と』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2013年2月25日の週の公開作品
  3. 『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)/episode 6 宇宙と地球と』