シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
15歳以上がご覧になれます

荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~

公式サイト:http://kouya-tsuraiyo.jp/
荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~
(C) Universal Pictures
英題:
A MILLION WAYS TO DIE IN THE WEST
製作年:
2014年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2014年10月10日
(TOHOシネマズシャンテほか)
上映時間:
日本語字幕:
種市譲二
配給:
シンカ / パルコ
カラー/シネマスコープ/ドルビーSRD

チェック:世界的大ヒットコメディー『テッド』で注目を浴びたセス・マクファーレン監督が放つ異色ウエスタン。無法者がのさばる西部開拓時代の田舎町を舞台に、さえないオタクの羊飼いが謎めいた美女と恋に落ちたばかりに、西部きっての極悪人から命を狙われるさまを描く。スゴ腕ガンマンが主人公という西部劇の常識を覆し、銃すら撃てないヘッポコ男の主人公をマクファーレン監督自ら演じるほか、オスカー女優シャーリーズ・セロン、『96時間』シリーズなどのリーアム・ニーソンら豪華キャストが共演。

ストーリー:1882年アリゾナ、パッとしない羊飼いのアルバート(セス・マクファーレン)は無法者がはびこる西部の町を嫌い、オタク友達とグチる毎日を過ごしていた。射撃経験すらない彼は決闘からも逃げ出すありさまで、ガールフレンドのルイーズ(アマンダ・セイフライド)は嫌気が差し、彼のもとから去ってしまう。そんなある日、抜群の射撃センスを持つ美女アンナ(シャーリーズ・セロン)と出会い恋に落ちるが、同じころ西部一の大悪党クリンチ(リーアム・ニーソン)が町に現れ……。

荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~
(C) Universal Pictures

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    童貞と娼婦のクリスチャンカップルも最高(笑)。
    ★★★★
    »読む«閉じる

    原題がいうように「西部で死ぬ方法は百万とおりある」らしいが、おそらく相当リサーチしたのだろう、平均寿命が30歳代だった時代の西部トリヴィアを、いかにも“勉強しましたよ”ってな素振りも隠さずにあからさまに連打。もちろん、お得意のう×こち××んゲロ脱糞ギャグもつるべ打ち、それでもテーマ曲は『大いなる西部』そのままだし(!)、特異な岩が屹立するロケーションや素晴らしい色合いの夕景はまるでジョン・フォード映画。結果的に西部劇愛…というよりもアメリカ映画愛に溢れる痴的で知的な異色作に仕立てたセス、やはりタダ者ではないのである。C.セロンもL.ニースンも、君たちホントこんなの好きよねえと呆れるばかり。

  • なかざわひでゆき
    可愛い羊がいっぱい出てくる動物映画…なわけないですね
    ★★★★
    »読む«閉じる

     古き良き西部劇のマッチョ精神を今風のシニカルな目線で意地悪に茶化しつつ、「テッド」からさらにお下劣度を増した下ネタのつるべ打ちで観客を笑いのるつぼへと誘う、場合によっては超ドン引きさせるセス・マクファーレンの最新作。一見すると西部劇をバカにしているようでいて、実はじわじわと西部劇愛のにじみ出てくるところが好印象だ。
     今回は脚本・監督のみならず主演までこなすセスの有り余る才能にも脱帽。シャーリーズ・セロンを相手に全く引けを取らないスター性は立派だ。あちこちに散りばめられたカメオ出演&オタクネタにもニンマリ。とはいえ、人間の排泄物と羊のオチン○ンが苦手な方はマジ要注意なのであしからず。

  • 山縣みどり
    物語も役者陣もK点越えのグロスアウト・コメディ
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    可愛いテディベアがお下劣な言動をぶちかます『テッド』で日本でも知名度が上がったセス・マクファーレン監督が本領発揮した快作。開拓時代を絶対に生き延びれない草食系な羊飼いが“男らしく”成長するのが本筋だが、彼を仕込むのが美人ガンマンというあたりはフェミニスト映画? なわけは当然なく、実はいまだにビバ開拓精神!なマッチョを笑う映画だ。弾丸のように繰り出されるジョークやアッと驚くカメオ出演は映画好きなら爆笑必至だし、アクション俳優化が進むリーアニ・ニーソンはまさかのケツ出し。物語はもちろん役者陣にもK点越えを確約するセスってやっぱり才能アリ。ただし今回のジョークはグロスアウト系なので女子は引くかも。

  • 相馬 学
    下品なギャグの妙味と、ダメ男のドラマが際立つ
    ★★★★
    »読む«閉じる

     ざっくり言えば、テディベア抜きの『テッド』西部劇バージョン。開拓時代の西部にも存在した、ギークな文系男のダメっぷりで笑いをとりつつ、共感を引く。

     タフでなければ生きていけない荒くれ者ばかりの荒野で、“生まれる時代を間違えた”男を置いてみる発想の面白さ。ケンカさえできない主人公の情けなさはもちろん、『テッド』組のジョバンニ・リビジふんする、やはりヘタレな友人とのかけあいも絶妙。

     テディベアの魅力が抜け落ちた分、下品なギャグが際立ち、西部らしいバイオレンスも露骨でドン引きも危惧される。が、ダメ男のドラマが『テッド』以上に際立っているのも事実で、その類の作品が好きならば文句なしにオススメ。

  • 平沢 薫
    才人セス・マクファーレン VS 西部劇!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    この試合、今回は西部劇の勝ち? マクファーレンといえば、25歳で手掛けたTVアニメ「ファミリー・ガイ」が大ヒット、映画に進出した初監督作「テッド」も大ヒット、そこで初めて声優ではなく主人公を演じたのが本作。本作の基本コンセプトは、"西部劇の世界に本人が演じる現代人の感覚を持つ主人公を置き、彼の視点から西部劇のお約束の数々を笑う"というものだったのでは? 序盤はそう思わせるのだが、途中からだんだん普通の西部劇に。彼流のお下劣ギャグは大量投入されるが、西部劇というものはビクともしない、そんなふうに見えてくる。しかし、こういう果敢な挑戦をしちゃうところが、マクファーレンの魅力。それを痛感する1本。

  • くれい響
    西部劇が苦手な人ほど楽しめる!?
    ★★★★
    »読む«閉じる

    前作『テッド』で炸裂だった下ネタ&ブラックユーモアは、ここでも健在。設定は西部だが、要は生まれる時代と場所を間違えたヘタレ男のカルチャーギャップ・コメディだ。“ドク”や“ニガー”をはじめ、妙に力が入ったカメオや、『クイック&デッド』のシャロン・ストーンを狙ったようなシャーリーズ・セロンの起用のようなイヤミのないオマージュも、いくら『テッド2』のヒロインだからって、原点に戻って『ミーン・ガールズ』的ヤな女を演ってしまうアマンダ・セイブライドの懐の深さもステキだ。とはいえ、プロットが愛する『やぶれかぶれ一発勝負!!』とほとんど同じとは、これ如何に!? リメイクだったら満点だったのに!!

動画

映画『荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~』予告編
有吉テッドが復活!映画『荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~』予告編

写真ギャラリー

Universal Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

ポスター/チラシ

  • 映画『荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~』ポスター
    ポスター
  • 映画『荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~』チラシ
    チラシ
  • 映画『荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~』特製ポストカード 5種1セット
    特製ポストカード 5種1セット

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本・製作:
プロダクションデザイナー: スティーヴン・ラインウィーヴァー
視覚効果監修: ブライアー・クラーク
キャスティング: シャイラ・ジャフィー

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 荒野はつらいよ アリゾナより愛をこめて (2014) ▲▲ from どんくらの映画わくわくどきどき (2014年10月18日 2時24分)
    おもしろかった。上映館が近かったらまた観たいところだけど。 大げさなオープニングクレジットや荒野に岩山がそそり立つ美しい風景など昔の西部劇を思わせる。でも中身はかなり下品なコメディ。大口を開けてゲラゲラ笑うシャーリーズ・セロンがかわいかった。 町はずれの納屋の中にエメット・ブラウン博士とデロリアンがいた。 エンド・クレジット後にちょこっと映像あり > アマンダ・セイフライドは自分... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~/ここじゃ毎日、人が死ぬ from 映画感想 * FRAGILE (2014年10月16日 11時47分)
    荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~A MILLION WAYS TO DIE IN THE WEST/監督:セス・マクファーレン/2014年/アメリカ 下品すぎて、わたしがつらいよ…。 TOHOシネマズシャンテ、E-9で鑑賞。 「TED」は未見です。リーアム・ニーソンに釣られて見に行きました。 あらすじ:西部で女を巡ってあれこれします。 西部開拓時代アリゾナの田舎町で暮らす地味な羊飼いアルバート(セス・マクファーレン)は、かわいい彼女ルイーズ(アマンダ・セイフライド)にふら ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~』 (2014) from 相木悟の映画評 (2014年10月15日 11時10分)
    マクファーレン流、お下劣西部劇コメディを堪能せよ! バカバカしくも、その実、真っ当な青春モノで、なおかつジャンル映画への愛を感じる良コメディではあった。 本作は、『テッド』(12)で一大旋風を巻き起こしたセス・マクファーレン監督作。今回は堂々、顔出し... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 荒野はつらいよ アリゾナより愛をこめて / A Million Ways to Die in the West from 勝手に映画評 (2014年10月12日 17時25分)
    TEDで一世を風靡した(?)セス・マクファーレンの作品。R15+指定の作品です。 冒頭、“いかにも西部劇”と言う雰囲気の映像と、音楽で始まります。今回西部劇コメディを映画化するに際し、監督で主演のセス・マクファーレンは、過去の西部劇へのオマージュを込めたらしいです... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画:荒野はつらいよ アリゾナから愛をこめて A MILLION WAYS TO DIE IN THE WEST 正統派 脱力系西部劇! from 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ (2014年10月12日 10時8分)
    世界中で大ブーム「テッド」の監督だけでなく、アカデミー賞の司会を軽々とこなしたセス・マクファーレン。 (ゴイス!) 彼の新作が登場! しかも本人が主役で。 舞台は、1882年、西部開拓時代のアリゾナの小さな街。 ここでマクファーレンが強調するのは、いかに... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年10月6日の週の公開作品
  3. 『荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~』