シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

チェック:インドネシアで製作され、その鮮烈なバイオレンス描写で称賛されたアクション映画の続編。前作で激闘を繰り広げた警官ラマが、マフィアに潜入した果てに日本ヤクザとの抗争や殺し屋たちとの戦いに身を投じる。『キアヌ・リーブス ファイティング・タイガー』などのイコ・ウワイスが前作より続投し、その脇を『舟を編む』などの松田龍平、テレビドラマ「湯けむりスナイパー」などの遠藤憲一、『猫侍』などの北村一輝ら日本人キャストが固める。拳のほかにバットやハンマーも繰り出す肉弾戦に加え、男たちの思惑が激突する熱いドラマも見もの。

ストーリー:上層部からマフィアへの潜入捜査を命じられ、組織と関わりのある悪徳政治家や警察関係者を暴き出すことになった警官ラマ(イコ・ウワイス)。囚人を装って刑務所に入った彼は、マフィアのボスを父親に持つウチョと出会って組織のメンバーとして迎えられる。だが、父親に対する反発と野心を募らせたウチョが新興組織と協力することになってから、裏社会で抗争が勃発してしまう。やがてラマは、ゴトウ(遠藤憲一)率いる日本人ヤクザ、ハンマー・ガールやバッド・ボーイといった特殊な殺し屋たちとの対峙(たいじ)を余儀なくされていく。

ザ・レイド GOKUDO
(C) 2013 PT Merantau Films

映画短評

  • なかざわひでゆき
    アクションはもちろん役者の面構えも素晴らしい
    ★★★★
    »読む«閉じる

     とにかくアクションの凄まじさがハンパじゃない。それも、見ていて思わず“イタタ…!”と呟いてしまうような。銃撃戦や肉弾格闘戦を交えたカーチェイスなど、よくぞ死人が出なかったものだと唸らされる。
     日本ヤクザの出番は少ないものの、監督がヤクザ映画のファンだとあってか、その存在感は抜群。だが、それ以上にシビれるのは、素晴らしいほどに不敵な面構えをしたインドネシア人俳優たちだ。
     前作とは一味違った殺し屋の悲哀を漂わせるヤヤン・ルヒアン、「V/H/S ネクストレベル」の教祖役も記憶に新しいエピィ・クスナンダールなどの荒々しくも強烈な個性が、このウルトラハードボイルドな物語に異様な熱気を与えている。

  • ミルクマン斉藤
    といいつつも三作目に期待せずにはいられない!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    ひたすらまっすぐなエスカレーションの中に壮絶なシラック・アクションを展開した前作はまさにエポックだが、この続編は物語がいきなり複雑に。『インファナル・アフェア』的潜入捜査ものに『用心棒』的な二極抗争攪乱もの、さらに日本のヤクザまで加わって、より深化したとはいえるけれど…。そのぶん、ほとんどホラーかよ、ってくらいエグい死に方が続出するハイレヴェルなアクション(女刺客の電車内大暴れは『GANTZ』だね)の数々が物語のつなぎのようになってしまい、インパクトが弱まったのは勿体ない。前作のマッド・ドッグ役よりもキャラクターにふくらみのあるヤヤン・ルヒアンが、案外あっさり消えてしまうのも惜しいな。

  • 清水 節
    『るろ剣』2部作に並び今年BESTのアクションシーンが満載!
    ★★★★
    »読む«閉じる

     誰もが前作同様、シンプルな純粋活劇を期待したことだろう。まんまとそれをかわしたのは、ギャレス・エバンス監督が演出力の幅を見せつける矜恃と野心だ。裏社会の掟をめぐる重厚なドラマ。潜入捜査がもたらすサスペンス。そして随所にちりばめた限定空間バトルの数々。とりわけ刑務所中庭での大乱闘は、ぬかるんだ地面に足を取られ、格闘術シラットの鮮やかさを封じ込められながらも、撮影・編集・音楽も相俟ってバイオレンス描写に美学さえ感じさせる。香港から呼び寄せたチームが披露するカーアクションも冴えを見せている。日本のヤクザ役・松田龍平の活躍を匂わせるパート3の実現には、大いに期待したい。

  • 森 直人
    前作は超傑作、今作は痛快大作!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    インドネシアの特殊格闘術シラットを軸にひとつのビルで凝縮型のアクションを繰り広げ、『死亡遊戯』や『ダイ・ハード』と比較された前作。しかし今回は全体のスタイルを変えてきた。言わば『インファナル・アフェア』+『ゴッドファーザー』+『キル・ビル』。潜入捜査物であり、マフィアのファミリー劇であり、「ハンマー・ガール」というゴーゴー夕張的な戦闘女子キャラ等が登場する!

    驚くべきは、これだけ盛り沢山なのに表現密度が高いこと。真っ向勝負のストーリーテリングの中、鋭く速いアクションを炸裂させる。監督G・エヴァンスは完全に実力証明を果たした。あとは日本勢=「極道」の活躍が本格化するであろう第3弾が楽しみだ!

  • 平沢 薫
    アドレナリンが体内で分泌する音がする
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    音響が尋常ではない。音が、登場人物の体内の状況を体感させる。アドレナリンの分泌する音がする。血の気が引いて行く音がする。登場人物の血流の変化が、まるで自分の体内の出来事のように感じられる。格闘場面のカメラワークも普通ではない。まるで格闘者のすぐ近くにいて、その動きにつられて目が動いてしまうかのように、急にカメラの被写体に対する角度が変化する。

    もともと、東南アジアの伝統武術シラッドの実際の使い手たちが出演し実際に格闘するリアルさが魅力の本シリーズだが、この肉弾戦の迫力は、本物の実演のせいだけではない。この監督が他分野を撮るとどうなるのか気になるが、すでに「3」製作が決定しているようだ。

動画

映画『ザ・レイド GOKUDO』予告編
映画『ザ・レイド GOKUDO』日本版特報
映画『ザ・レイド GOKUDO』特別映像

ポスター/チラシ

  • 映画『ザ・レイド GOKUDO』ポスター
    ポスター
  • 映画『ザ・レイド GOKUDO』ポスター
    ポスター
  • 映画『ザ・レイド GOKUDO』チラシ
    チラシ
  • 映画『ザ・レイド GOKUDO』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『ザ・レイド GOKUDO』あなたの耳を潜入捜査−『ザ・レイド MEN-BO』
    あなたの耳を潜入捜査−『ザ・レイド MEN-BO』

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本:

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ザ・レイド GOKUDO』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『ザ・レイド GOKUDO』を見た【映画】インドネシア発、ギャレス・エヴァンス監督イコ・ウワイス主演によるハードアクション from カフェビショップ (2015年5月24日 19時41分)
    いやー、アクションは満足ですね。 というかアクションを見るための映画で ストーリーとかそういうのは まあ、どうでもいい感じですよ。 潜入捜査官ものとしては けっこういい加減な描写が多い。 財布にそんなもん入れたらすぐバレるぞみたいな。 ハンドガンを片手… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ザ・レイド2 GOKUDO」 続編3もありそう(  ̄▽ ̄) from オススメ映画情報 (ジョニー・タピア Cinemas) (2015年3月16日 0時16分)
    インドネシア映画再び[E:sign03] インドネシアで製作され、その鮮烈なバイ ...[外部サイトの続きを読む]
  • ザ・レイド GOKUDO from ダイターンクラッシュ!! (2014年12月18日 22時31分)
    2014年12月9日(火) 18:20~ 丸の内TOEI? 料金:1400円(チケットフナキで前売り券を購入) パンフレット:未確認 全く活躍しない日本勢。 『ザ・レイド GOKUDO』公式サイト 全編素手で殺しまくる印象のある前作だが、ほんの少しだけ複雑になったストーリーとともに悪戯に長くなって、話の3分の2までが退屈で拷問状態だ。 で、拷問の後は、前作のように素手で殺しまくり。 日本人ヤクザの龍平と北村は、何しに出て来たのだろうという状態。 お勧め度:☆☆★ 殺戮度:☆☆☆☆ 俺度:☆☆★ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ザ・レイド GOKUDO」:5W1Hのしっかりした超絶アクション描写 from 大江戸時夫の東京温度 (2014年12月6日 23時56分)
    映画『ザ・レイド』1作目は見逃がしているのですが、スケールアップした2作目の『ザ ...[外部サイトの続きを読む]
  • ザ・レイド GOKUDO/刮目のアクションシーン from MOVIE BOYS (2014年11月27日 21時48分)
    ギャレス・エヴァンス監督による『ザ・レイド』の続編。インドネシアの格闘術シラットを駆使したハードバイオレンスアクションだ。主演は『キアヌ・リーブス ファイティング・タイガー』のイコ・ウワイスが前作から引き続き務める。共演にインドネシアの名優ティオ・パクサディウォ、アリフィン・プトラが、そして松田龍平、遠藤賢一、北村一輝といった日本人俳優が出演するのも見どころだ。 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年11月17日の週の公開作品
  3. 『ザ・レイド GOKUDO』