シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
人類資金
(C) 2013「人類資金」制作委員会
製作年:
2013年
製作国:
日本
日本公開:
2013年10月19日
上映時間:
配給:
松竹
カラー

チェック:『亡国のイージス』『大鹿村騒動記』などの阪本順治が監督を務め、原作の福井晴敏と共に脚本も担当したサスペンス。いまだ、その存在が議論されている旧日本軍の秘密資金、M資金をめぐる陰謀と戦いに巻き込まれていく男の姿を活写する。佐藤浩市、香取慎吾、森山未來をはじめユ・ジテやヴィンセント・ギャロら、海外からのキャスト陣を含む豪華な顔ぶれが結集。彼らが見せる演技合戦はもちろん、壮大で緻密な展開のストーリーも見もの。

ストーリー:終戦後、ひそかに回収されたというM資金と呼ばれる旧日本軍の秘密資金。それをネタにした詐欺を行い続けてきた真舟(佐藤浩市)は、石(森山未來)という青年から彼が所属する日本国際文化振興会なる財団の人間に会うよう迫られる。だが、財団のビルに足を踏み入れた瞬間、高遠(観月ありさ)が率いる防衛省秘密組織の一団に襲撃される。石の助けを借りて逃げ出した真舟は、そのまま本庄(岸部一徳)という男に引き合わされ、50億円の報酬と引き換えに某投資ファンドが管理する10兆円ものM資金の奪取を持ち掛けられる。

人類資金
(C) 2013「人類資金」制作委員会

映画短評

  • 清水 節
    志は一流、配役は豪華だが、気宇壮大な物語はリアリティに欠ける
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     戦後日本を陰で牽引したと言われる巨額の「M資金」。都市伝説の域を出ないモチーフを根幹に据えて、マネー資本主義の社会に一石を投じようという壮大な経済サスペンスだ。
     
     素晴らしきテーマの下、主役級の役者が大勢顔を揃え、物語はグローバルに展開する。世界を裏で操る組織の陰謀に巻き込まれる詐欺師は佐藤浩市。組織首謀者の配下に森山未來。M資金運営財団の理事長に仲代達矢。NY投資銀行にはヴィンセント・ギャロ。暗殺者はユ・ジテ。秘密資金を奪取して「世界」を変えようという大風呂敷に身を乗り出すものの、志高き裏組織首謀者が香取慎吾、防衛省秘密職員に観月ありさという人選に違和感を覚えたあたりから、次第に首を傾げはじめる。何しろ謎の全ては膨大なセリフによって説明されてしまう。阪本順治のリアリズム演出は、原作者福井晴敏自身が手掛けた詰め込みすぎの脚本から、リアリティを引き出すことに失敗している。とりわけアクションとギャグは劣悪だ。
     
     虚構と現実の狭間を縫うこのストーリーに説得力を持たせるには、アニメーションこそ相応しかったのではないか。神山健治演出で観てみたかった。

  • 中山 治美
    『エリジウム』にも通じる理想論がココにも
    ★★★★
    »読む«閉じる

     いささか大風呂敷を広げ過ぎた感は否めない。複雑な人間関係は、しばし観客を混乱させるだろう。しかし、今なぜ本作を世に送り出さねばならなかったのか? 作り手たちの狙いは明確だ。
     戦後復興のために極秘に運用されてきたと言われるM資金。それが資本主義社会の渦に呑まれ、マネーゲームの道具になってしまった事に異議を唱える展開だ。その状況はまんま震災復興の状況と重なる。被災者のために集められた支援金が不正利用されていたばかりか、利益を得ようとする輩もいたという事実。それをもうやむやにしてしまっている日本人を覚醒させるべく生まれたのだろう。そんな思いが集約されているのが、映画ラストの、森山未來が国連で行うスピーチだ。阪本順治監督は「正論は泣けるんだよ」と語っていたが、誰もが胸を熱くするに違いない。
     理想論だと言う人もいるかもしれない。しかし、米映画『エリジウム』のラストで富裕層の象徴だった医療ポッドが一般人に解放されたように、映画で夢やロマンを語ってもいいじゃないか。少なくとも勝負をせずに生きている人たちには、本作をけなす資格はないのだ。


スタッフ

監督・脚本:
原作・脚本: 福井晴敏
音楽: 安川午朗

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『人類資金』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『人類資金』を見た【映画】M資金10兆円で世界のルールは変えられるか?阪本順治監督と福井晴敏がタッグを組んだエコノミック・サスペンス from カフェビショップ (2014年5月26日 20時35分)
    わけがわからない。 何がしたかったのだろうか。 香取慎吾はいったいなにがしたかったのかわからない。 マネーゲームに興じるだけの投資資金になりさがった M資金(マンカインドファンド)を 人類の幸福のために使うという 本来の使い方をするために香取慎吾たちは戦… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【 人類資金 】M資金の「М」は МAN のМ from 映画@見取り八段 (2014年3月19日 22時1分)
    人類資金     監督: 阪本順治    出演: 佐藤浩市、香取慎吾、森山未來、観月ありさ、岸部一徳、ヴィンセント・ギャロ、ユ・ジテ、オダギリジョー、寺島進、三浦誠己、石橋蓮司、豊川悦司、仲代達矢 公開: 2013年10月19日 2013年10月24日。劇場観賞 「М資金… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 人類資金 from ダイターンクラッシュ!! (2013年11月6日 0時42分)
    2013年11月4日(月) 15:40~ TOHOシネマズ川崎プレミアスクリーン 料金:0円(フリーパスポート) パンフレット:未確認 流石に高校一年は厳しいだろう。高良も。 『人類資金』公式サイト フリーパスポート7本目。 妙に活躍する佐藤浩市なのだが、こいつがどういう人物なのか皆目判らない。 最初の詐欺なんて、胡散臭いオッサンにしか見えないので、大企業の役員が引っかかるとも思えない。 詐欺の現場に、突然現れて、泳がしてしまう石橋のオヤジは何者だ。 そんな大したことの無い奴が、香取や一徳のスカ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 人類資金 ▲ from どんくらの映画わくわくどきどき (2013年10月29日 2時7分)
    日本軍が保有していた巨額の金塊が終戦とともに行方不明となり、戦後"M資金"として経済に影響を与えている。という話は昔から聞くけれど、その"M資金"が実在するという設定の映画。M資金を管理する組織から10兆円を奪おうとする人たちの本当の目的は? "M"の意味は?  アクションかミステリーの映画かと思って観たら、最後は人道的な主張を叫ぶ映画となった。国連で、みんなが戻ってくるほどの説得力は感じ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 人類資金 from sailor's tale (2013年10月27日 20時42分)
    M資金をめぐるポリティカル・サスペンスを期待すると、期待が外れまくる展開の映画です。 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2013年10月14日の週の公開作品
  3. 『人類資金』