シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
小学生には助言・指導が必要

オーバードライヴ

公式サイト:http://overdrive-eiga.com/
オーバードライヴ
(C) 2012 Snitch Film Holdings, LLC
英題:
SNITCH
製作年:
2013年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2013年11月30日
(丸の内ルーブル ほか)
上映時間:
配給:
日活
カラー

チェック:実際にあった潜入捜査を題材にしたサスペンス。濡れ衣によって投獄された息子の解放と引き換えに、麻薬組織への潜入捜査をする男の姿を息詰まるタッチで活写する。『G.I.ジョー バック2リベンジ』などのドウェイン・ジョンソンが主人公にふんし、等身大の父親像を巧みに体現。『デッドマン・ウォーキング』などのスーザン・サランドン、『ローン・レンジャー』などのバリー・ペッパーら、実力派が脇を固めている。壮絶なカースタントやガンファイトはもとより、家族の絆を見つめたドラマ部分にも注目。

ストーリー:何も知らずに友人から麻薬を手渡されたばかりに、逮捕されてしまった18歳の少年。その父親ジョン(ドウェイン・ジョンソン)は、無実の罪を着せられている息子を少しでも早く刑務所から出所できるようにと検事に掛け合う。そんな彼に検事は、捜査に貢献することで刑期が軽減されるシステムがあることを告げる。ほかに手立てはないと感じたジョンは、息子の減刑と彼が巻き込まれた事件の真相をつかむためにも麻薬組織に潜入することに。やがて、組織の中枢へと近づき、大物密売人と対峙(たいじ)するジョンだが……。

オーバードライヴ
(C) 2012 Snitch Film Holdings, LLC

映画短評

  • なかざわひでゆき
    マッチョを封印したD・ジョンソンの社会派アクション
    ★★★★
    »読む«閉じる

     アメリカでは麻薬犯罪で逮捕された場合、仲間を密告すれば量刑を減らしてもらえるという。なので、中には無実の他人を罠にはめるヤツもいるわけだ。例えば本作の主人公の息子のように、麻薬密売で逮捕された友達が勝手に送りつけてきた薬物入りの荷物を受け取ってしまい、仲間に仕立てあげられて逮捕されるというケースもあり得る。その結果、ハメた奴が軽い罪で済み、ハメられた人間が重罪に問われるという理不尽が起きるわけだ。

     しかも、麻薬犯罪に厳しい姿勢で臨む司法は情状酌量を一切認めず。そこで、父親は自らが密売組織のしっぽを掴み、ボスの逮捕に協力することと引き換えに息子の減刑を取り付けようとする。犯罪とは無関係の平凡な父親がいかにして組織へ接触し、決して表に姿を見せない大物ボスをどう捕らえるのかが本作の焦点と言えよう。

     なので、主演のドウェイン・ジョンソンはいつものマッチョヒーローを完全封印し、愛する息子のため命をかける父親を大熱演。実は元特殊部隊のスナイパーでして…なんて言い出すんじゃねえの!?との心配もご無用(笑)。意外にも社会派目線の真面目なアクションで、荒唐無稽を最小限に抑えた姿勢も好印象だ。

動画

映画『オーバードライヴ』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『オーバードライヴ』ポスター
    ポスター
  • 映画『オーバードライヴ』チラシ
    チラシ
  • 映画『オーバードライヴ』チラシ
    チラシ

スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『オーバードライヴ』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「オーバードライブ」成果主義の自己責任の前に from あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】 (2015年5月25日 9時20分)
    ある時期から日本でも 成果主義という言葉がはやり始めました。 年功序列の終身雇用神話が崩れ始めたころに 都合よく使われたような気がしていますが、 成果主義が日本に合うか合わないか? の議論の前に、本当に欧米の成果主義の あり方の意味を理解して取り入れたのか… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画「オーバードライヴ」 アメリカの実話を映画化 from オススメ映画情報 (ジョニー・タピア Cinemas) (2014年11月6日 0時3分)
    アメリカで実際にあった潜入捜査の実話を題材にしたサスペンス[E:sign01] ...[外部サイトの続きを読む]
  • オーバードライヴ (2013) ▲ from どんくらの映画わくわくどきどき (2014年6月2日 4時4分)
    犯罪とは無縁の一般人が息子を救うために、殺される危険を侵しDEAと組んで犯罪組織を罠にかけようとする。実際にあった話からつくられたらしいが、ドウェイン・ジョンソン主演なので大型トレーラーが激走する。 DVDで観た。 > "INSPIRED BY TRUE EVENT"は日本語字幕では「実話を基にした」とされていることが多いが本ブログでは「実話をヒントにした」に書き変えている。このDVDで... ...[外部サイトの続きを読む]
  • オーバードライヴ from 映画レビューブログ (2013年12月10日 23時27分)
    ドウェイン・ジョンソンが逮捕された息子の無罪を晴らすため、麻薬取締局の危険な捜査に協力するアクション作品。 アクションといっても格闘なし、筋肉も見せず、どちらかという ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • オーバードライヴ from ダイターンクラッシュ!! (2013年12月1日 2時2分)
    2013年11月30日(土) 18:50~ 丸の内ルーブル 料金:1250円(109共通鑑賞券をチケットフナキで購入) パンフレット:未確認 誇大広告。詐欺映画。 『オーバードライヴ』公式サイト ザ・ロックが出ている上に、間の抜けたタイトルから、馬鹿力アクション映画を期待したのだが、地味なサスペンス映画だった。 冒頭の実話を元にしているというテロップで不安になったが、まさに的中。 麻薬の取引に巻き込まれ逮捕された息子を救うために、潜入捜査官もどきの行動を取り、カルテルのボス逮捕協力をするトラック ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2013年11月25日の週の公開作品
  3. 『オーバードライヴ』