シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
麦子さんと
(C) 『麦子さんと』製作委員会
製作年:
2013年
製作国:
日本
日本公開:
2013年12月21日
上映時間:
配給:
ファントム・フィルム
カラー

チェック:『純喫茶磯辺』『さんかく』など独特なセンスで注目を浴びる吉田恵輔監督が、構想に7年かけたハートフル・ドラマ。納骨のため亡き母の故郷を訪れたヒロインが、町の人々との交流を経て母の知られざる一面に触れ、それまでとは違う母に対する思いを抱いていく。声優を夢見るオタク女子の主人公に、連続テレビ小説「梅ちゃん先生」が好評だった堀北真希がふんし、兄役に『探偵はBARにいる』シリーズの松田龍平、二人の母をベテラン余貴美子が演じる。

ストーリー:声優を目指して奮闘中の麦子(堀北真希)が、兄・憲男(松田龍平)と暮らすところに、かつて二人を捨てた母・彩子(余貴美子)が戻ってくるが、間もなく病のために、帰らぬ人となる。麦子は、納骨のため母がかつて青春を謳歌(おうか)した田舎を訪れると、町の人気者だった彩子に似ている麦子の登場に町の人々は活気づく。そんな彼らと交流するうちに、麦子は自分の知らない母の一面を垣間見ることになり……。

麦子さんと
(C) 『麦子さんと』製作委員会

映画短評

  • 中山 治美
    仲、恵令奈に続き、堀北真希も攻略
    ★★★★
    »読む«閉じる

     『純喫茶磯辺』の仲里依紗、『さんかく』の小野恵令奈と女の子を描くことに定評のある吉田恵輔監督。これまでは新人だったが、堀北真希をも手中に収めるとは、演出力の高さを実証したと言えるだろう。そこにはスタイリストや芸達者な俳優陣の力もあるが、可笑しくも愛おしい吉田ワールドに巻き込んでいる
     その分、脚本はいつもの吉田作品より角もなく、母子の愛憎劇は既視感を呼び覚ます。麦子が亡き母への憎悪を、母と同じ境遇の女性にぶつける展開はいささか強引だ。だがそれも、堀北の可愛さで大目に見てしまいそう。何はともあれ、一定の品質をキープし続けている職業監督の存在は、今の日本映画界の大きな希望。でも、今のままで。

  • くれい響
    間違いなく堀北真希の代表作
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     前作『ばしゃ馬さんとビッグマウス』に比べれば、恐ろしいぐらいに毒っ気なく、ストレートに泣ける映画…のようにみえる。だが、今回吉田恵輔が観客にブチまけた毒は、母親に対する“罪悪感”。つまり、あまりに身近なテーマだったことで、万人受けの感動作に仕上がってしまったのである。
     よく見れば、単に趣味でしかない美少女アニメを挿入したり、前半と後半で舞台とキャラを分割するシナリオスクールで叩かれそうな構成にしたりと、意図的に無謀な試みに挑んでいるのが分かる。そして、前作で関ジャニ・安田に注がれた監督の優しい眼差し。今回は堀北真希に120%注がれ、間違いなく彼女の代表作を作り上げたといえる。

  • 相馬 学
    プライドと赦しのせめぎ合いに迫る、愛すべき成長劇
    ★★★★
    »読む«閉じる

     『ばしゃ馬さんとビッグマウス』の記憶も新しいうちに新作を放つ吉田恵輔監督の精力的な姿勢はもちろんだが、それ以上にクオリティが落ちない点に恐れ入る。

     自分を捨てた母に対するヒロインの複雑な心情に映画は寄り添う。 “自尊心”と“赦し”がせめぎ合う主人公の胸の内に迫り、見ているこちらの心情にシンクロさせる巧さに唸らされた。人間の未成熟な部分を愛情とユーモア、リアリティをもって描ける、日本では稀有な才能と言ってよいのではないだろうか。

     影のあるまなざしが活きた堀北真希の好演も光る逸品。「赤いスイートピー」の叙情に気持ちをつかまれるのは昭和生まれの観客の特権!? 

  • 森 直人
    あまロスを埋めるかもしれない梅ちゃん先生の主演作
    ★★★★
    »読む«閉じる

    傑作『ばしゃ馬さんとビッグマウス』に続く吉田恵輔の監督作だが、こちらも素晴らしい出来。アニメ声優の夢をめざす女子という「自己実現」のモチーフは前作と共通しつつ、本軸は母と娘の絆を描いた親子もの。

    松田聖子の「赤いスイートピー」が美しく使われ、東京と地方、現在と80年代をアイドルというキーワードでつなぐ作劇は『あまちゃん』に近い。実際、NHK朝ドラばりのウェルメイドな感動作で、これまでロリコンやストーカーなどダメ恋愛系を得意とした吉田が正統派の実力を証明する一本だ。

    同時に堀北真希の“素材力”=萌え性も見事に引き出されている。もし彼女本人の歌唱が聴けたら問答無用の領域に突き抜けたかも。

動画

映画『麦子さんと』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『麦子さんと』ポスター
    ポスター
  • 映画『麦子さんと』チラシ
    チラシ
  • 映画『麦子さんと』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督・脚本:
脚本: 仁志原了

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『麦子さんと』の映画ニュース

  • V6の森田剛が映画初主演を果たした『ヒメアノ~ル』が、現地時間22日~30日にイタリアで開催される第18回ウディネ・ファーイースト映画祭のコンペティション部門に正式出品...ます」と太鼓判を押す本作。『さんかく』『麦子さんと』などで独特のセンスが光った吉田恵輔監督...
  • V6の森田剛が初主演を務め、人気漫画家・古谷実の衝撃作を実写化する映画『ヒメアノ~ル』(2016年5月28日公開)が、映画倫理委員会(映倫)の審査により、R15+指定を受けた...愛美が演じる。『銀の匙 Silver Spoon』『麦子さんと』などの吉田恵輔監督がメガホンを取った。...
  • V6の森田剛が、古谷実の人気コミックを『銀の匙 Silver Spoon』の吉田恵輔監督で映画化する『ヒメアノ~ル』にて、連続殺人鬼・森田正一役に挑戦することが明らかになった。...ンの阿部ユカ役で佐津川愛美が出演。映画『麦子さんと』『さんかく』などユーモラスで繊細な人間...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『麦子さんと』を観た【映画】吉田恵輔監督、堀北真希主演の母と娘のハートフルドラマ from カフェビショップ (2014年10月8日 7時14分)
    親子の話っすね。 なんでわたしを捨てたのお母さん!とすねてる子供が 母親の死後に納骨のために 母の故郷を訪れて母の若いころを知って お母さんにはお母さんの事情があったんだと 当たり前のことに気がついて 少し大人になる話。 なかなかよかったですね。 何が… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画『麦子さんと』★母への後悔が愛情に変わる涙 from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆** (2014年2月21日 22時25分)
        作品について http://cinema.pia.co.jp/title/162300/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。     感動作というので、楽しみに鑑賞しました ☆     幼い頃に別れ、突然、同居することになった母親の出現に 戸惑う、麦子。 母とは思えず、他人行儀な麦子も、 一緒に住むうちに、心通いましたーーというこ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『少年H』『麦子さんと』『グッモーエビアン!』『ザ・コール [緊急通報指令室]』 ムービープラス・アワード2013 from 映画のブログ (2014年1月5日 23時21分)
    ムービープラスが実施しているムービープラス・アワード 2013。  その4部門に投票したので、内容を紹介する。  今年は男優賞、女優賞が一部門の俳優賞にまとめられ、その代わり作品賞が洋画、邦画に分けられた。  投票に当たっては、例によって当ブログで未紹介の作品であることを心掛けた。  すなわち、取り上げたい作品であったにもかかわらず、ブログ記事をまとめるには至らなかったことを、... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 麦子さんと from 単館系 (2013年12月29日 1時10分)
    麦子さんと テアトル新宿 12/21公開 声優を目指して奮闘中の麦子(堀北真希)が、兄・憲男(松田龍平)と暮らすところに、 かつて二人を捨てた母・彩子(余貴美子)が戻ってくるが、間もなく病のために、 帰らぬ人となる。 麦子は、納骨のため母がかつて青春を謳歌(おうか)した田舎を訪れると、町の人気者だった彩子に 似ている麦子の登場に町の人々は活気づく。 そんな彼らと交流するうちに... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 麦子さんと~崩壊家族からの回復 from 佐藤秀の徒然幻視録 (2013年12月26日 19時41分)
    公式サイト。吉田恵輔監督。堀北真希、松田龍平、余貴美子、温水洋一、ガダルカナル・タカ、ふせえり、岡山天音、田代さやか、麻生祐未。特定されているわけではないが、山梨県都 ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2013年12月16日の週の公開作品
  3. 『麦子さんと』