シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
オンリー・ゴッド
(C) 2012 : Space Rocket Nation, Gaumont & Wild Bunch.
英題:
ONLY GOD FORGIVES
製作年:
2013年
製作国:
デンマーク/フランス
日本公開:
2014年1月25日
(新宿バルト9 ほか)
上映時間:
配給:
クロックワークス / コムストック・グループ
カラー/ビスタサイ

チェック:『ドライヴ』で注目を浴びたニコラス・ウィンディング・レフン監督とライアン・ゴズリングが再度手を組んだ異色サスペンス。兄を殺され復讐(ふくしゅう)を果たそうとする弟と、その前に立ちはだかる謎の男との手に汗握る攻防を描写する。究極の悪女を演じるのは『イングリッシュ・ペイシェント』などのクリスティン・スコット・トーマス。ダークな映像美はもとより、複雑に絡み合う人間模様に最後まで翻弄(ほんろう)される。

ストーリー:ビリー(トム・バーク)とジュリアン(ライアン・ゴズリング)兄弟は故郷アメリカから逃げ、タイのバンコクでボクシングジムを経営しながら、その裏でドラッグビジネスに手を染めていた。ある日、兄ビリーが若い娼婦(しょうふ)をなぶり殺しにした末、彼女の父親に殺害される。犯罪組織を仕切る兄弟の母親(クリスティン・スコット・トーマス)がアメリカから急行し……。

オンリー・ゴッド
(C) 2012 : Space Rocket Nation, Gaumont & Wild Bunch.

映画短評

  • なかざわひでゆき
    レフン監督版「サンタ・サングレ」と呼ぶべきか?
    ★★★★
    »読む«閉じる

     レフン監督曰く“神と対峙する男”を描いたとのことだが、正確には“神がかり的な力”を持つ警官と対峙する羽目になった悩める極道のお話。そこへギリシャ神話的な母と息子の歪んだ愛憎、舞台となるバンコクのいかがわしさ、血みどろのバイオレンス描写がねっとりと絡み合い、えもいわれぬ独特の世界を浮かび上がらせる。
     鮮烈な原色の照明を駆使した映像美は、まるでバーヴァの「モデル連続殺人」かアルジェントの「インフェルノ」。いや、ホドロフスキーへオマージュを捧げているところから察するに、テーマ的な共通性も含め「サンタ・サングレ」と比較すべきか。かなり観客を選ぶ作品ではあるが、個人的には好きにならずにいられない。

  • くれい響
    鈴木清順が好きなだけなんです!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    『ドライヴ』だけがまぐれに近いレフン監督だが、「『東京流れ者』や『殺しの烙印』とか鈴木清順が好きなんです!」と言わんばかりに撮ったとしかいえない本作。シュールなカラオケはジョニー・トーの『柔道龍虎房』だし、そりゃカンヌで叩かれるのも分かる。
     クリスティン・スコット・トーマスの姐御演技はスゴいが、いかんせん動機が動機なので、まったく感情移入できないように脚本がお粗末。だが、ウォン・カーウァイ作品のようないかがわしい照明作りや前作比3割増しのヴァイオレンス描写から、アート系として楽しむことはできる。
    『ザ・ドライバー』ベースの80年代オマージュの前作に続いて、化けの皮が剥がれてきたか?

  • 森 直人
    本年度の怪作大賞はコレで決定か!?
    ★★★★
    »読む«閉じる

    『ドライヴ』でニコラス・W・レフン監督のファンになった人は引っくり返るのではないか? バンコクの裏社会を舞台に、やたら弛緩しまくったテンポと安っぽい色彩のアシッドムービーが展開する。登場するのは全員狂人だが、特に「神」を自称する処刑刀の達人、そして弔いの唄をカラオケで熱唱するチャンというおっさん、キャラ立ちすぎ!

    本作はホドロフスキーに捧げられているが、筆者は初期の三池崇史を想い出した。壮絶な玉石混交(大半は石)というVシネマ群の中で奇跡の輝きを放っていた『極道戦国志 不動』のようなアジアン・モンド、ビザール・シネマの怪作、珍作。これだけカルトに殉じた映画は最近希少で、愛さずにいられない。

動画

映画『オンリー・ゴッド』予告編

写真ギャラリー

RADiUS-TWC / Photofest / ゲッティ イメージズ

ポスター/チラシ

  • 映画『オンリー・ゴッド』ポスター
    ポスター
  • 映画『オンリー・ゴッド』チラシ
    チラシ
  • 映画『オンリー・ゴッド』チラシ
    チラシ

スタッフ

プロダクション・デザイン: ベス・マイクル
ラインプロデューサー: ジョニー・アンデルセン

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『オンリー・ゴッド』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『オンリー・ゴッド』を見た【映画】ニコラス・ウィンディング・レフン監督とライアン・ゴズリングのコンビで贈る異色サスペンスドラマ from カフェビショップ (2014年7月15日 7時13分)
    様式美っていうやつだなあ。 止め絵。 棒立ち。 この映像の作り方はどうなんだろか。 何か格調高いような気もするし、 滑稽なような気もするという不思議な映像なんすよ。 シェイクスピア演劇のような雰囲気というかなあ。 クラシックな演劇を見たような気になるの… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「オンリー・ゴッド」 ニコラス・ウィンディング・レフン監督 とライアン・ゴズリングが再びタッグ from ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て (2014年5月21日 0時13分)
    『ドライヴ』で注目を浴びたニコラス・ウィンディング・レフン監督とライアン・ゴズリ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画:オンリー・ゴッド Only GOD forgives これはこれでアリ(笑)なダークワールド。 from 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ (2014年3月8日 16時15分)
    監督は北欧の奇才! ニコラス・ウィンディング・レフン 主演はライアン・ゴズリング。 そう、あの大ヒットを飛ばした「ドライヴ」のコンビ! 「ドライヴ」は2年前の当ブログベスト10に入れたくらい、気に入っている。 車なくしては生活の成り立たない、車社会のロ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • オンリー・ゴッド (2013) ■ from どんくらの映画わくわくどきどき (2014年2月12日 2時42分)
    最初のうちは変わった描き方で興味を魅かれたが、途中から飽きてしまった。  ライアン・ゴズリング主演ニコラス・ウィンディング・レフン監督の『ドライヴ』コンビの熱狂再びと宣伝しているけれど、まったく別の映画。『ドライヴ』はおもしろかった。 □ バンコクでムエタイの賭け試合を経営する米国人兄弟の兄ビルが少女をレイプして殺し、少女の父親に殺される。米国で犯罪組織を率いる母親が乗り込んでくる。... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画「オンリー・ゴッド」意味深なシーンの多用で意味不明 from soramove (2014年2月11日 10時57分)
    映画「オンリー・ゴッド」★★☆ ライアン・ゴズリング、クリスティン・スコット・トーマス、 ヴィタヤ・パンスリンガム出演 ニコラス・ウィンディング・レフン監督 90分、2014年1月25日公開 013,デンマーク、フランス,クロックワークス、コムストック・グループ (原題/原作:ONLY GOD FORGIVES) <リンク:<a href="http://blog.with2.net/link.php?38257">人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年1月20日の週の公開作品
  3. 『オンリー・ゴッド』