シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ファインディング・ドリー

公式サイト:http://Disney.jp/Dory
ファインディング・ドリー
(C) 2016 Disney / Pixar. All Rights Reserved.
英題:
FINDING DORY
製作年:
2016年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2016年7月16日
上映時間:
配給:
ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
カラー

チェック:愛くるしいカクレクマノミのキャラクターたちが活躍するアニメ『ファインディング・ニモ』の続編。前作にも登場したちょっぴりドジな愛されキャラ、忘れん坊のドリーに焦点を絞って、彼女の家族捜しの旅に同行する親友ニモと仲間たちの大冒険を映し出す。『ファインディング・ニモ』『ウォーリー』で2度アカデミー賞長編アニメ映画賞に輝いたアンドリュー・スタントンが、本作も監督を担当。新しい仲間たちも加わった心躍る旅路に、大人も子供も引き込まれる。

ストーリー:カクレクマノミのニモの大親友であるナンヨウハギのドリーは、すぐに何でも忘れてしまう。ある日、子供のころの思い出がよみがえり、一念発起して家族を捜す旅に出ることを決意する。おっちょこちょいなドリーを心配したニモは、父親マーリンを説得してドリーの旅に同行する。

ファインディング・ドリー
(C) 2016 Disney / Pixar. All Rights Reserved.

映画短評

  • なかざわひでゆき
    愛された記憶をたどるドリーの感動アドベンチャー
    ★★★★
    »読む«閉じる

     「ファインディング・ニモ」の忘れんぼうドリーを主人公にした続編は、かすかな記憶の断片をたどって生き別れた両親を探すドリーの大冒険が描かれていく。
     笑いと涙のツボを心得ているのはさすがピクサー。中でも、愛された記憶こそが生きる糧になるというところがしっかりと描き込まれていて、思わず目頭が熱くなってしまう。フラッシュバックの使い方なんか実に絶妙だ。
     と同時に、これはハンデを持つ者がそれを乗り越えていく物語でもある。なんで出来ないの?じゃなくて、ならばどうすれば出来るのかをみんなで見つけようと。誰もが完璧ではないからこそ、互いの欠点を長所で補いあえば、きっと不可能も可能になる。

  • 平沢 薫
    ドリーがドリーを見つけて幸せになる
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     そういえば「~ニモ」でも、ニモは片方のヒレが小さくて、学校の同級生には足の1本が他より短いタコの女の子がいたのだった。すでにそこにあったが、ニモの父親の子離れドラマの印象が強くて前面に出ていなかった、他の人とは少し違う部分がある子供がそれとどう向き合っていくか、そのとき周囲は何ができるのかというモチーフが、今回はドラマの中心に。記憶を短時間しか保持できないドリーだけでなく、視力が弱いジンベエザメの女の子や、自信がないせいで能力を発揮できないシロイルカの男の子など、問題を持ちながら前向きなキャラたちを描きつつ、水族館が舞台の楽しいアドベンチャー映画になっている。

動画

さかなクン解説付『ファインディング・ドリー』予告編
映画『ファインディング・ドリー』吹き替え予告編
映画『ファインディング・ドリー』特報
クラッシュ再登場!映画『ファインディング・ドリー』本編映像
八代亜紀が本人役で登場『ファインディング・ドリー』本編映像
今週のHOT MOVIES 2016.7.16-20
今月の5つ星2016年7月
今週のMOVIEランキング 2016.7.16-17
今週のMOVIEランキング 2016.7.23-24
今週のMOVIEランキング 2016.7.30-31
今週のMOVIEランキング 2016.8.6-7
今週のMOVIEランキング 2016.8.13-14
今週のMOVIEランキング 2016.8.20-21

ポスター/チラシ

  • 映画『ファインディング・ドリー』ポスター
    ポスター

スタッフ

製作総指揮: ジョン・ラセター
撮影監督・ライティング: イアン・メギベン
撮影監督・カメラ: ジェレニー・ラスキー
スーパーバイジングテクニカルディレクター: ジョン・ハルステッド / スティーブ・メイ
スーパーバイジングアニメーター: マイケル・ストッカー

キャスト

(声の出演)
ハンク:
デスティニー:
ベイリー:
フルーク:
スクワート:
チャーリー:
ドリー:
マーリン:
ハンク:
デスティニー:
マカジキ:
ニモ:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ファインディング・ドリー』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「ファインディング・ドリー」:小生は『ニモ』の方が好き from 大江戸時夫の東京温度 (2016年7月26日 0時6分)
    映画『ファインディング・ドリー』は、夏にぴったりの海と水族館の魚介ムービー。2D ...[外部サイトの続きを読む]
  • ファインディング・ドリー・・・・・評価額1700円 from ノラネコの呑んで観るシネマ (2016年7月21日 16時10分)
    みんな、どこかが欠けている。 ディズニー・ピクサーの追求する多様性の世界、再び。 13年前に大ヒットした「ファインディング・ニモ」の1年後を描く続編で、世界観・キャラクターはほぼ共通。 今回は、カクレクマノミのマーリン、ニモ親子の親友である、ナンヨウハギのドリーが主人公となり、彼女の記憶の中の両親を探してオーストラリアから遥かカリフォルニアへと、三匹が大冒険の旅に出る。 監督・脚... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ファインディング・ドリー from Akira's VOICE (2016年7月20日 16時47分)
    なにこれスギョいよ! 最高でギョざいますよ! ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年7月11日の週の公開作品
  3. 『ファインディング・ドリー』