シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
貞子3D2
(C) 2013『貞子3D2』製作委員会
製作年:
2013年
製作国:
日本
日本公開:
2013年8月30日
上映時間:
配給:
角川映画
カラー

チェック:精力的なメディアミックス展開なども評判を呼び、大ヒットを記録したJホラー『貞子3D』の第2弾。原作者の鈴木光司書き下ろしで、新たな貞子の子にまつわる呪いの連鎖の恐怖を3Dで映し出す。前作同様英勉が監督を務め、テレビドラマ「GTO」シリーズなどの瀧本美織がヒロインを熱演。彼女の兄を、『ランウェイ☆ビート』などの瀬戸康史が演じている。映画史上初となるスマホアプリ連動の「スマ4D」により、恐怖倍増の新感覚に侵食される。

ストーリー:娘の凪を生んだ後、鮎川茜は死亡し、安藤孝則(瀬戸康史)は妹の楓子(瀧本美織)に娘を託して身を潜める。世間では謎の死亡事件が頻発し、捜査が進むうちにそれが5年前の「呪いの動画」事件に関係することが明らかに。やがて楓子はそれらの死が凪の周辺で起きていることに気付き、過去の事件を調べ始めるのだが……。

貞子3D2
(C) 2013『貞子3D2』製作委員会

映画短評

  • 清水 節
    前作超えに必要なのは、ネタ化を極める方向だったのではないか
    ★★★★
    »読む«閉じる

     劇場限定の「スマ4D」を鑑賞した。飛び出す長髪女に加え、スマホと連動させて4次元体験を味わわせようという趣向。恐怖感を削ぎ落としてキワモノ・キャラで勝負した前作の延長線上に、出るべくして出た企画であろう。逃げ惑う田口浩正によるガイド映像に始まり、本編中の映像とシンクロしてスマホから電話が掛かり、あるいは指図を受けたりする。しかし、アトラクション的興味と集中力の持続は、せいぜい20分程度まで。バイブが作動して感染率上昇が表示されるというパターン化は、およそ恐怖演出には相容れない。
     
     中身はどうか。貞子をクリーチャー化させた前作への批判に奮起したのか、まさかの正攻法。しかし本作の「間」は、恐怖感を醸成するためのものではなく、思わせぶりな設定を引き延ばすだけの暗鬱としたのろさにすぎない。貞子から派生した物語の真相に意外性はなく、教授の×××化と刑事を阻んだ××に至っては文脈上、意味不明。そこに笑いも怒りも生まれない。あらゆる意味で前作を超えるためには、貞子を世界中に出現させたり、巨大化させたり…というネタ化を極める方向こそが、この映画の作り手たちにとっては正しい選択だったのではないか。

  • なかざわひでゆき
    やはりJホラーは終わってしまったのか
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    貞子をホラークリーチャー化させてしまった前作から5年後を描く続編。今度は貞子が大量増殖・・・というのが売り文句なのだが、それにしては地味な作品だ。ひとまず申し訳程度の地下鉄パニックとクライマックスの洪水シーンが見せ場ではあるものの、あとはもったいぶった演出で終始のらりくらり。思わせぶりなシーンも大半が意味不明・・・いや、そもそも意味などもともとないのだろう。

    しかし、この病的なまでに鬱屈とした暗さはなんなのか。ワケもなく不愉快な人間描写は前作でも気になったポイントだが、今回はそれに加えてやたらと画面が暗い。アパートも病院も刑務所も、日が暮れたって誰も電気をつけようとはしない。まるで電気料金の値上げで日本全国節電中といった感じだ。人間も社会もお先真っ暗な世界。観客の不安と恐怖を煽るための演出なのだろうが、残念ながらかえって不自然さが際立つ。クライマックスで明かされる“驚愕の真実”にしろ、ラストの???な落としどころにしろ、全体的に狙いすぎて外してしまった感は否めない。ヒロインの瀧本美織も演技力で前作の石原さとみに遠く及ばず。やはりJホラーは既に終わってしまったのか。

  • 中山 治美
    スマ4Dで、黒沢清監督『回路』の偉大さを噛み締める
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     抵抗はあったが体感しなければ真偽は分からないと、話題のスマ4Dで観賞。本編上映前に俳優・田口浩正主演のガイダンス映像が流れ、最初に機内モード(電波オフモード)にするよう指示される。これで多くの観客の懸念材料である、上映中の外との通信は遮断。3D眼鏡を装着しているため、スマホ画面の明るさも思いのほか気にならない。始まってしまえば初体験の物珍しさもあって、間違いなく楽しめるだろう。ただし途中、物語と連動して携帯が鳴ったり、画面をこする仕掛けもあり、スクリーンから目を離す機会が多々ある。集中力は途切れ、肝心な物語から置いてけぼりを食う人も多いだろう。
     これはアトラクションと完全に割り切るのが賢明だ。そもそも『リング』しかり日本のホラーは、映像的な仕掛けに頼るより、心理描写で恐怖を生み出すのが巧みで、それがJホラーとして海外で支持された理由でもある。本作同様に呪いの動画がネットを介して蔓延する『回路』なんて、静かに迫る死の恐怖がどれほど身を震わしたことか。ただ、映画館の新たな活用法としての可能性は広がったのではないだろうか? そこは評価したい。

動画

映画『貞子3D2』特報
映画『貞子3D2』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『貞子3D2』ポスター
    ポスター
  • 映画『貞子3D2』チラシ
    チラシ
  • 映画『貞子3D2』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督:
原作: 鈴木光司
音楽: 川井憲次

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『貞子3D2』の映画ニュース

  • 1月1日に入籍したことを発表した染谷将太と菊地凛子が、2015年に公開を予定している映画『ディアーディアー』に出演していることがわかった。 本作は、『ヘヴンズ ストーリ...4年8月にオールロケで行われた。脚本は『貞子3D2』の杉原憲明。(編集部・井本早紀)...
  • 『劇場版 零~ゼロ~』で映画初主演を飾った女優でモデルの中条あやみが11日、後楽園の東京ドームで行われた北海道日本ハムファイターズ×福岡ソフトバンクホークスの試合開...クホークス戦の始球式に登場した「(映画『貞子3D2』の)貞子先輩です」とのことだったが、「...
  • 『貞子3D2』ブルーレイBOX、“貞子の手”を封入
    映画『貞子3D2』のブルーレイBOX「貞子の呪い箱 弐」(数量限定生産)に、特典として“貞子の手”が封入されることがわかった。パーに開かれた“貞子の手”は不気味なだけでなく...の手”が飛び出る特製仕様となっている。 『貞子3D2』は、前作から5年後を舞台に、瀧本美織ふ...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 貞子3D2 : ちゃんと反省会をしたような作品 from こんな映画観たよ!-あらすじと感想- (2014年6月19日 17時13分)
    サッカー・ワールドカップ、日本の第二戦が明朝に迫ってまいりました。明朝は何とか勝って、日本のファンに少しでもワールドカップ気分に浸らせて欲しいですね。では、本日紹介 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 貞子3D2 続編貞子3D3は来年冬以降公開か? from ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て (2014年5月20日 0時8分)
    精力的なメディアミックス展開なども評判を呼び大ヒットを記録したホラー『貞子3D』 ...[外部サイトの続きを読む]
  • スマ4D 貞子3D2 from 単館系 (2013年9月9日 1時52分)
    貞子3D2 MOVIX川口 8/30公開 (本当はMOVIXさいたま予定だったが19:00に舞台観劇の関係で変更) スマホ連動のスマ4Dが体験したくて選定。 映画の内容にはほとんど触れていません。 アプリの連携につい... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 貞子3D2 from ダイターンクラッシュ!! (2013年9月9日 1時30分)
    2013年9月8日(日) 16:20~ TOHOシネマズ川崎7 料金:300円(シネマイレージカードポイント利用+3D料金メガネ持参) パンフレット:未確認 史上最も志の低いホラー映画。この映画の関係者を心底軽蔑する。ボルさんやウッドさんやスティックラーさんの爪の垢を煎じて飲むべし。 『貞子3D2』公式サイト ダメだとは判っていたのだが、ダメさ加減を確認しようと思って観た訳だが、考えが甘かった。 前作のヒルコ状態貞子の増殖が、愛しくなるくらいだ。 つっ込みどころ満載とかいうどころでなく、何一つ整 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【貞子3D2】スマホ4D体験してきた! from 映画@見取り八段 (2013年9月5日 1時27分)
    貞子3D2     監督: 英勉    出演: 瀧本美織、瀬戸康史、大沢逸美、平澤宏々路、大西武志、石原さとみ、山本裕典、田山涼成、田口浩正 公開: 2013年8月30日 2013年9月4日。劇場観賞。 前作『貞子3D』は、2012年のトラウマ映画だった。 何でこんな物に3D料… ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2013年8月26日の週の公開作品
  3. 『貞子3D2』