シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
LUCY/ルーシー
(C) 2014 Universal Pictures
英題:
LUCY
製作年:
2014年
製作国:
フランス
日本公開:
2014年8月29日
(TOHOシネマズ日本橋 ほか)
上映時間:
配給:
東宝東和
カラー

チェック:『レオン』や『ニキータ』などクールなヒロイン像を打ち出してきたリュック・ベッソン監督と、スカーレット・ヨハンソンが初めて組んだアクションスリラー。体内に埋め込まれた特殊な薬が漏れたことで脳機能が驚異的に覚醒し、人間離れした能力を発揮し始めるヒロインの暴走を描く。通常は10パーセント程度しか機能していない脳が、100パーセントへ向かって覚醒していくヒロインを見守る脳科学者役に、オスカー俳優モーガン・フリーマンがふんする。

ストーリー:マフィアの闇取引に巻き込まれたルーシー(スカーレット・ヨハンソン)は、特殊な薬が入った袋を体に埋め込まれ運び屋にされてしまう。しかし、体内で薬が漏れたことで彼女の脳機能は驚異的に覚醒。脳科学者ノーマン博士(モーガン・フリーマン)が見守る中さまざまな能力が超人的に目覚める一方、少しずつ人間性が喪失し、自らを制御できなくなっていく。

LUCY/ルーシー
(C) 2014 Universal Pictures

映画短評

  • 清水 節
    堕ちた鬼才の中二病的妄想には「千の風になって」を捧げたい
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     劇場に足を運ばせるヴィジュアルとコピーの力だけは認めよう。ヒロインが復讐を遂げる中二病的SF妄想アクションは、観る者のIQに応じてツッコミを誘うトンデモ映画だ。スカヨハの進化に反比例してベッソンの演出は退化する。体内にクスリが浸透すれば重力だってお構いなし。そうか、覚醒しきった能力はUSBメモリに収まるのか。科学性も哲学もなき超人思想を前に、モーガン・フリーマンの知性とチェ・ミンシクの狂気も台無し。堕ちた鬼才が危険なドラッグに手を出してしまったかのような迷走ぶり。いっそのこと、エンドロールには「千の風になって」を付ければ完璧だったのに。監督・脚本・主演女優のラジー賞制覇も夢じゃない。

  • 中山 治美
    スカジョ、最強女優伝説
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     本作と『アンダー・ザ・スキン 種の補食』を続けて観賞すると、味わいが増すに違いない。方や脳機能を100%生かせる女、方や色仕掛けで人類を捕獲する宇宙人。明らかに珍品の香り漂う両作を、並の女優なら避けるだろう。だが、彼女は迷わない。なぜなら私は世界一セクシーな女優。ホラ、皆が見たいのは私のカラダでしょ?とばかりに惜しみなく肉体も晒す。そこには、物語に多少難あれど、私の魅力で客が来るという絶対的な自信があるはずだ。
     現に我々は、こんな話ありえねぇーと笑いつつ、最後まで楽しんでしまうだろう。ノってる女優だけが持つ人巻き込むパワー。それを今、世界で出来るのは彼女ぐらいだ。
     

  • くれい響
    来年のラジー賞、大本命現る!?
    ★★★★
    »読む«閉じる

    1/3以上の台湾ロケなど、好きか嫌いかと問われれば、好きと答えるが、去年の『ゴールデン・スパイ』に匹敵するトンデモ映画。スカ・ヨハ版『トランスポーター』×『ニキータ』で止めりゃいいのに、中二病が止まらないリュック・ベッソンが「キューブリックとか、マリックって監督、カッコ良くねぇ?」と、自身の中二脳が暴走。無謀にも『2001年宇宙の旅』『ツリー・オブ・ライフ』に挑むから、苦笑が止まらない。妙な力を得たため、ブラック・ウィドウなはずのスカ・ヨハのアクションに始まり、満載なアーカイブ映像や『トランセンデンス』とほぼ同じ役割なモーガン・フリーマンなど、“省エネ感”もツッコミどころ。

  • なかざわひでゆき
    マンネリ打破で大暴走(?)のベッソン監督作
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     このところ似たようなネタの使い回しばかりで、マンネリ感のハンパなかったリュック・ベッソンだが、ここへ来てどうやらついに壊れてしまったようだ。
     人間の脳が実は10%しか使われていない、という根拠の曖昧な仮説を前提にしているのは別に構わない。映画の基本はウソなのだから。で、ならば100%使ったらどうなる?という素朴な疑問を免罪符に、荒唐無稽の限りを尽くしていくわけなのだが、これがもう大胆というかバカというか(笑)。
     こういう悪ノリは嫌いじゃないのだけど、古くからのベッソン・ファンは唖然とするかもしれない。あと、コリアンマフィアらしき組織の間抜けなボス役で情けなさ全開のチェ・ミンシクは気の毒。

  • ミルクマン斉藤
    10%さえ覚醒してるとはとても思えない…。
    ★★★★
    »読む«閉じる

    「人間の脳って10%しか機能してないんだって!」と科学読み物で初めて知った小学生レヴェルな「100%の能力」の発想に茫然。脳が覚醒していきなり『恋愛準決勝戦』かよ、スカーレットは結局「ひとりXメン」じゃないか、国籍も目的も判然とせずただ暴力的なだけのチェ・ミンシクって勿体なさすぎだろ、ウンチク垂れるだけで何もできないM.フリーマンは一体何なんだ…ひたすら程度の低いツッコミしか浮かばない幼稚な展開。そしてついに100%……ホント、今どきの子供なら鼻で笑う凡庸さ。思想性と宗教性を抜いた『ツリー・オブ・ライフ』なヴィジュアルに「あ、ベッソンは本当に終わった」と合掌させる作品だ。

  • 相馬 学
    ゲットアップし過ぎてしまったルーシー
    ★★★★
    »読む«閉じる

     10パーセントしか機能していない人間の脳がそれ以上機能し始めたらどうなるか? 科学で解明されていない分野だから、好き放題やってみました……とわんばかりの奇抜さが面白い。

     身体能力や記憶能力が上がるのはもちろん、電波が見えるわ、そこに入り込めるわ。念動力や、後半の人間ではないものへの変化は、『AKIRA』への共鳴のようにも思える。

     後半に進むほど脳が覚醒し、知能が英知に進化するにつれて物語は哲学的になり、アクション色は減退する。同じスカーレット・ヨハンソンでもブラック・ウィドーのような活躍を期待すると肩透かしを食らうのでご注意を。

  • 山縣みどり
    脳が100%機能しなくてもいい、と思いました。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    アイデア1つで最後まで突っ走るリュック・ベッソンの力技を体感できる異色SF。“10%しか機能していない人間の脳を100%機能させたら?”を前提に体内に漏れ出た新ドラッグで超人に変身するルーシーの進化とリベンジを見せて行く手法は、バカバカしいほど劇画ちっくでポップコーン・ムービーの王道! さすがベッソン! 遊び人の女子大生から復讐の天使へと変貌し、最終的には人間の本質を悟るルーシー役で物語を一手に牽引するS・ヨハンソンはさすがの存在感で、彼女なくしては成り立たない映画だった。脳の覚醒に関するベッソンの理論は失笑ものだけど、脳が100%機能しなくてもいいと思った私は彼の術中に実はハマっている?

  • 平沢 薫
    21世紀版ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ
    ★★★★
    »読む«閉じる

    見る向精神薬。脳の使われていない部分が覚醒していくと、世界がどう見えるようになっていくのかを、主人公の主観映像で体験できるサイケデリック・ムービーだ。

    この体験は快感かつ爽快。なぜなら覚醒したルーシーが、どんどん人間の欲望や動物の本能から解放されていくから。復讐は彼女の意識にすら登らない。「クロニクル」はスーパーパワーを手に入れた男子高校生は実はロクなことをしないという名作だが、超スーパーパワーを手に入れた女子大生が素晴らしいことをやってしまう本作も、それと対になる名作。

    スカーレット・ヨハンソン、「her/世界でひとつの彼女」に続いて、人間以上の存在になるのがよく似合う。

動画

映画『LUCY/ルーシー』60秒版予告編
映画『LUCY/ルーシー』予告編
映画『LUCY/ルーシー』公開前TVスポット15秒 設定編
映画『LUCY』インターナショナルトレーラー
映画『LUCY/ルーシー』公開前TVスポット30秒 もし脳が目醒めたら?編
映画『LUCY/ルーシー』公開前TVスポット15秒 能力編
映画『LUCY/ルーシー』「I LOVE LUCY」スペシャル映像(木下優樹菜+具志堅用高編)
林原めぐみがナレーション!映画『LUCY/ルーシー』テレビCM「制御不能編」

写真ギャラリー

Universal Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

ポスター/チラシ

  • 映画『LUCY/ルーシー』ポスター
    ポスター
  • 映画『LUCY/ルーシー』チラシ
    チラシ
  • 映画『LUCY/ルーシー』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督・脚本:
オリジナルスコア: エリック・セラ
キャスティング: ナタリー・シェロン
プロダクションデザイン: ユーグ・ティサンディエ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『LUCY/ルーシー』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『LUCY/ルーシー』を見た【映画】リュック・ベッソン監督がスカーレット・ヨハンソン主演で描く脳SFアクション from カフェビショップ (2015年2月19日 7時42分)
    これは……。 すごい映画っすね。 何がすごいっていまどき このアイディアで映画作るんすかっていうのがね。 人間は脳の10%しか使ってない、 残りの90%を使えたらどうなるかみたいなのは 脳ブームのときに散々使い古されてるし 今じゃあまりにも馬鹿馬鹿しい話なの… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「LUCY/ルーシー」 脳を100%使うと神になる? from オススメ映画情報 (ジョニー・タピア Cinemas) (2015年1月24日 0時2分)
    脳を100%使うとどうなるのか? 『レオン』や『ニキータ』などクールなヒロイン像 ...[外部サイトの続きを読む]
  • Lucy(ルーシー) from TOEIC満点&アメリカ移住ブログ (2014年9月10日 12時5分)
    香港に弾丸旅行に行ってきました その間に映画を3本見ました ゴジラは飛行機の画面だと真っ暗画面ばかりで楽しめませんでした アダム・サンドラーのBlendedは相変わらずのくだらないジョークで楽しめました しかし、一番面白かったのはLucy「ルーシー」 人間が脳を… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「LUCY」 from ここなつ映画レビュー (2014年9月5日 13時21分)
    「人類の脳は10%しか機能していない。 もしも脳が100%へ覚醒したら?」…その解は文末に置くとして…。リュック・ベンソン×スカーレット・ヨハンソンのサイキック・アクション。しかし、発想は面白いが、小粒な作品。スカーレット・ヨハンソン頑張ってたし、チェ・ミンシクも彼らしかった。が、上映時間の長さで測る訳ではないが、コンパクトというより、全体的に小粒。イマイチ感が拭えない。劇場予告編が一番面白いという例のパターンかも。…で、これ以上書くべき事もないので、究極のネタバレ。以下は鑑賞された方のみどうぞ。人間の脳が ...[外部サイトの続きを読む]
  • LUCY/ルーシー from ダイターンクラッシュ!! (2014年9月4日 22時40分)
    2014年9月1日(月) 19:20~ TOHOシネマズ日本橋7 料金:1200円(ファースト・デー+TCX料金) パンフレット:未確認 トンデモ映画。モーガン・フリーマンと邂逅後、話はあらぬ方向へ 『LUCY/ルーシー』公式サイト チェ・ミンシク親爺に、謎の薬の運び屋に選ばれてしまったスカちゃん。 薬を腹に埋め込まれるが、タイ人みたいな奴に腹を殴られると、腹の中の薬の袋が破裂、薬が溶け出し、超人になってしまった。 バイオニック・ジェミーの超速記のようにキーボードを叩きまくるスカちゃん。 進化し過 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年8月25日の週の公開作品
  3. 『LUCY/ルーシー』