シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
ラブバトル
英題:
LOVE BATTLES
製作年:
2013年
製作国:
フランス
日本公開:
2015年4月4日
(ユーロスペースほか)
上映時間:
日本語字幕:
齋藤敦子
配給:
アールツーエンターテインメント
カラー/ビスタサイズ/5.1ch

チェック:『ポネット』などで知られるフランスの巨匠、ジャック・ドワイヨンが監督と脚本を務めて放つ衝撃的な恋愛作。父親の葬儀で故郷に戻った女性が過去に惹(ひ)かれた男性と再会を果たし、精神的にも肉体的にも激しさを増していく二人の関係をあぶり出す。ヒロインを『ゲンスブールと女たち』などのサラ・フォレスティエが体当たりで演じ、相手役を『太陽と月に背いて』などのジェームズ・シエリーが熱演。愛の神髄を突いた内容に心をわしづかみにされる。

ストーリー:父の葬儀と遺産整理のため、彼女(サラ・フォレスティエ)は田舎町に戻ってくるが、財産分与をめぐるトラブルに悩まされる。少しずつ家族との過去のいざこざや幼少時の不幸な記憶がよみがえり、トラウマに苦しむようになる。かつて恋心を抱いていた男性(ジェームズ・シエリー)と再会した彼女は、現実から逃避するために一風変わったセラピーに熱中する。

ラブバトル

映画短評

  • なかざわひでゆき
    愛とは抜き差しならぬ戦いだ!?
    ★★★★
    »読む«閉じる

     家族への満たされぬ思いを抱え、愛情に飢えた若い女が、その不満や怒りを年上の男にぶつける。それも、殴る蹴るの暴力で…ってところに面食らう観客は少なくないかもしれない。
     感情に任せて飛びかかる女。筋骨隆々の男は拳ひとつで女をKOしてもおかしくなさそうだが、しかし彼女の動きを牽制しつつも受け身に徹しようとする。それは抜き差しならぬ肉弾戦。なので、全裸の泥レスシーンもエロさは皆無でひたすら壮絶だ。
     71歳になる名匠ジャック・ドワイヨンは、孤独な男女の野獣的な一騎打ちを、傷ついた魂を解放するためのセラピー的な儀式として描く。多分に寓話的ではあるが、しかし究極的な恋愛の本質は捉えているように思う。

ポスター/チラシ

  • 映画『ラブバトル』ポスター
    ポスター
  • 映画『ラブバトル』チラシ
    チラシ
  • 映画『ラブバトル』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督・脚本:
プロデューサー: ダニエル・マルケ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ラブバトル』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「ラブバトル」:けんかをやめて from 大江戸時夫の東京温度 (2015年4月13日 23時21分)
    映画『ラブバトル』は、多分に哲学的な愛の考察であり、かつ多分に「へんなのー」と言 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年3月30日の週の公開作品
  3. 『ラブバトル』