シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
どなたでもご覧になれます

ウォーキング with ダイナソー

公式サイト:http://www.foxmovies.jp/wwd/
ウォーキング with ダイナソー
(C) 2013 Twentieth Century Fox
英題:
WALKING WITH DINOSAURS
製作年:
2013年
製作国:
イギリス/アメリカ/オーストラリア
日本公開:
2013年12月20日
上映時間:
配給:
20世紀フォックス映画
カラー

チェック:『ディープ・ブルー』などの良質なドキュメンタリーを手掛けてきたイギリスBBC EARTHフィルムズが製作を務めた、恐竜たちの世界を再現した驚異のアドベンチャー。科学的に検証された事案をベースに、『アバター』の最新技術なども取り入れ、太古の恐竜たちの感動のドラマをつむぎ出す。監督は、数々のドキュメンタリー作品に名を連ねてきたニール・ナイチンゲイルと、『ムーラン』のバリー・クック。新しい発見と驚きに満ちた恐竜たちの日常に圧倒される。

ストーリー:現代より気温が多少高めで、生物の生息条件が整っていた7,000万年前の白亜紀後期のアラスカでは、多種多様の恐竜たちが暮らしていた。草食恐竜パキリノサウルスの群れでは次々と卵がふ化し、新しい命が生まれる。群れの中で体が一番小さなパッチは兄弟たちに押しのけられ、親がかみ砕いて与えるエサになかなかありつけずにいた。

ウォーキング with ダイナソー
(C) 2013 Twentieth Century Fox

映画短評

  • なかざわひでゆき
    実写とCGの合成で白亜紀をリアルに再現
    ★★★★
    »読む«閉じる

     太古の面影を残すアラスカの大自然の実写映像と、生物学や考古学に基づいて再現された恐竜のCG映像を合成させることにより、白亜紀の地球を壮大なスケールでリアルに再現。これは、恐竜好きなら老若男女問わず大興奮することだろう。

     だが、この恐竜たちが愉快に喋りだした途端、にわかに違和感が生じ始める。子供には取っつきやすいのかもしれないが、その一方で大人の観客が興ざめしてしまうであろうことは否めない。

     劇中で描かれる生存競争の厳しさは、そのまま人間社会に当てはめることもでる。様々な教訓を含んだストーリー構成は悪くない。そういった意味でも、ファミリー向けエンターテインメントとしてはよく出来ている。

  • 清水 節
    リアルな造形とは裏腹に擬人化された“喋る”恐竜
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     3Dメガネを装着して現れる7000万年前の世界。英国BBCのドキュメンタリースタッフの想像力によって、精緻なCGで再現された白亜紀と恐竜たちの存在感は申し分ない。
     
     草食恐竜のファミリーが肉食恐竜の魔の手からサバイバルを繰り広げる。子供たちに生きる厳しさを伝えようという主旨はいい。ただ、彼らが喋るのだ。リアルな造形とは裏腹の擬人化されたキャラクター。その違和感は最後までぬぐい去ることが出来なかった。デフォルメされた造形の方が、感動を呼んだのではないだろうか。
     
     ネイチャードキュメンタリーとはあらゆる意味で対照的。無言の生きものたちの生き様のほうが雄弁であることを、逆説的に教えられる。

動画

映画『ウォーキング with ダイナソー』予告編
映画『ウォーキング with ダイナソー』特報

ポスター/チラシ

  • 映画『ウォーキング with ダイナソー』ポスター
    ポスター
  • 映画『ウォーキング with ダイナソー』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『ウォーキング with ダイナソー』恐竜 化石の卵
    恐竜 化石の卵

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ウォーキング with ダイナソー』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ウォーキング with ダイナソー from ダイターンクラッシュ!! (2013年12月23日 0時23分)
    2013年12月22日(日) 17:35~ TOHOシネマズ川崎7 料金:300円(シネマイレージカードポイント利用+3D料金メガネ持参) パンフレット:未確認 BBC 教育放送。 『ウォーキング with ダイナソー』公式サイト 日本語吹替え3D。字幕版の上映館を知らない。 まさに子供向けな雰囲気であり、観るのは避ける予定だったが、予告編の映像が面白そうだったので、観ることにした。 群れからはぐれた子恐竜が、色々な他種族との出会いの中で成長するというような、手塚治虫式なものを想定していたのだが ...[外部サイトの続きを読む]
  • ウォーキング with ダイナソー from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 (2013年12月20日 0時4分)
    Walking with Dinosaurs: Dinopedia (Walking With Dinosaurs Film) [Kindle版]太古の地球に生存した恐竜たちの世界を描く「ウォーキング with ダイナソー」。3Dの迫力に感動ドラマがドッキング。7000万年前 ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2013年12月16日の週の公開作品
  3. 『ウォーキング with ダイナソー』