シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

チェック:『告白』などの原作者・湊かなえの小説を基に、美人OLの殺害容疑を掛けられた女性をめぐって人間の悪意を浮き彫りにしていくサスペンスドラマ。報道によって浮かび上がる容疑者像をきっかけに、インターネット上での匿名の中傷やマスコミの暴走など現代社会の闇が描かれる。監督は、『ゴールデンスランバー』などの中村義洋。容疑者である地味なOLを井上真央が熱演。テレビディレクター役の綾野剛のほか、菜々緒、貫地谷しほりらが共演する。容疑者がいかなる結末をたどるのか最後まで目が離せない。

ストーリー:人里離れた山中で10か所以上を刺され、焼かれた死体が発見される。殺害されたのは典子(菜々緒)で、容疑者は化粧品会社のOL城野美姫(井上真央)。テレビディレクターの赤星雄治(綾野剛)は、美姫の同僚、家族、幼なじみなどに取材。典子が美姫の同期入社で、美人で評判だった一方、美姫は地味で目立たない存在だったことが報道され……。

白ゆき姫殺人事件
(C) 2014「白ゆき姫殺人事件」製作委員会 (C) 湊かなえ / 集英社

映画短評

  • 清水 節
    マスメディアが物語を捏造し、ツイッターが悪意を増幅する
    ★★★★
    »読む«閉じる

     現代人のはらわたを描かせれば当代一の湊かなえの原作を、中村義洋監督は鮮やかに映像に仕立て上げた。20~30代の俳優陣の演技力が見事に引き出されている。同時代的テーマへ斬り込みつつも娯楽性豊かで、今年の邦画ベストテンに食い込むべき一品だ。
     
     殺人事件に群がる興味本位の人々と、苛まれた当事者たちの想いが積み重ねられる。マスメディアが物語を捏造し、ツイッターが悪意を増幅する。後半に行くにしたがい、メディアによって醸成される悲劇の連鎖が極まっていく。『赤毛のアン』のエピソードと、容疑者とTVクルーの出会いのエピソードは、人間本来のコミュニケーションとは何かを訴える情感溢れる場面として、胸を打つ。

  • くれい響
    観やすさを優先した良質のエンタテイメント
    ★★★★
    »読む«閉じる

     とにかくあの原作をまとめ切った映画監督・中村義洋の職人技を堪能する作品である。本作でもスゴすぎる貫地谷しほりをはじめ、次々に登場する若手キャストによる証言の数々と、女子あるある満載で構成された展開は、ツッコミを入れる間もないほど、めまぐるしく2時間超えの尺も飽きさせない。
     ただ、同じ湊かなえ原作を映画化した『告白』のときのような映像のギミックや衝撃はないに等しく、マスコミやネット社会の怖さを描いているという割にツメは甘く、後味もサッパリ。要は観客に疲労感やカタルシス、トラウマを残すというより、観やすさを優先した良質のエンタテイメントだといえるだろう。

  • 森 直人
    テクニカルで完璧。これぞプロの仕事!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    まず湊かなえの原作を読了済みの人はびっくりするはず。あの“資料集”的な異色小説を、何とも鮮やかに再構築しているからだ。まさに日本で最も原作小説を正確かつ批評的に読める監督=中村義洋の面目躍如!

    むろん普通に観ても抜群に面白い。スクールならぬOLカースト的なサバイバルを基本に、現代メディアの浅はかな精神性を切り取ったミステリーにしてブラックコメディ。

    各々の証言が食い違う話法は黒澤明『羅生門』系だが、同時代性に向き合った題材、計算の行き届いたキャッチーな組成は伊丹十三に近い。中村監督は『マルサの女』に触発され、『スーパーの女』の助監督を務めた人だが、本作は最も師匠に肉薄した一本ではないか。

動画

映画『白ゆき姫殺人事件』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『白ゆき姫殺人事件』ポスター
    ポスター
  • 映画『白ゆき姫殺人事件』チラシ
    チラシ
  • 映画『白ゆき姫殺人事件』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『白ゆき姫殺人事件』特製入浴剤
    特製入浴剤

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

原作: 湊かなえ
監督:
脚本: 林民夫
音楽: 安川午朗

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『白ゆき姫殺人事件』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『白ゆき姫殺人事件』を見た【映画】湊かなえの小説を井上真央、綾野剛らで映画化したミステリーサスペンス from カフェビショップ (2014年9月25日 6時33分)
    ミステリーらしいミステリー映画。 いやー、なかなかおもしろかったですね。 謎が謎を呼び、 中盤から後半にかけて解答編があり、 なんかいい話だなあってところもありで。 羅生門みたいなことですかね。 殺人事件があって、 犯人とおぼしき人物がテレビのワイドシ… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 白ゆき姫殺人事件 from 映画三昧、活字中毒 (2014年5月6日 9時18分)
    ■ ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞白ゆき姫殺人事件 2014年/日本/126分 監督: 中村義洋 出演: 井上真央/綾野剛/菜々緒/金子ノブアキ/小野恵令奈 公式サイト 公開: 2014年03月29日 長野県にある国定公園“しぐれ谷”で、日の出化粧品の社員、三木典子が全身をめった刺しにされた後に火をつけられた焼死体として発見された。テレビ局の下請製作会社の契約社員、赤星雄... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「白ゆき姫殺人事件」 from 元・副会長のCinema Days (2014年4月19日 6時52分)
    薄っぺらい映画だ。湊かなえによる原作は読んでいないが、彼女の作品は何冊か目を通している。印象としては“オバサンのグチ”と変わらないレベルで、とても評価出来るものではない。2010年に中島哲也監督が「告白」を映画化した際は、その安っぽさを逆手に取ったよ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 白ゆき姫殺人事件 from ダイターンクラッシュ!! (2014年4月17日 0時16分)
    2014年4月15日(火) 18:50~ TOHOシネマズ日本橋5 料金:0円(フリーパス) パンフレット:未確認 真央ちゃんが「特徴が無いのが特徴」だって? 『白ゆき姫殺人事件』公式サイト フリーパスポート12本目。 出来る子なので、地味な娘の演技は良いのだが、たまに可愛く見えてしまうので、この娘は磨けば光ると思わせるのは難点だ。目の辺りに特殊メイクでもすれば良かったのに。 コピーの「天使か悪魔か」などというのは、地味面しか見せないので、天使などという要素はない。真央ちゃんだから天使というコピ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「白ゆき姫殺人事件」見てきました from Elwood覚書(ブログ版) (2014年4月14日 1時54分)
    今日は土曜に見た2本目の映画。今年の2月頃だったかなぁ?予告編を見てすぐに「見たい映画リスト」に入ったこの作品。「告白」の原作者、湊かなえの小説を基に(って事は完全映画化じゃないの?)作られたとの触れ込みだったので期待した作品ですが…期待しすぎたかな… ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年3月24日の週の公開作品
  3. 『白ゆき姫殺人事件』