シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
パッション
(C) 2012 SBS PRODUCTIONS - INTEGRAL FILM - FRANCE 2 CINEMA
英題:
PASSION
製作年:
2012年
製作国:
フランス/ドイツ
日本公開:
2013年10月4日
(TOHOシネマズ みゆき座 ほか)
上映時間:
配給:
ブロードメディア・スタジオ
カラー/ビスタサイズ/ドルビーデジタル

チェック:キャリアや異性をめぐる女と女のいさかいを、『リダクテッド 真実の価値』などのブライアン・デ・パルマがエロチックに描くサスペンススリラー。フランスのアラン・コルノー監督作品を、『きみに読む物語』などのレイチェル・マクアダムスと『ミレニアム』シリーズなどのノオミ・ラパスを迎えてリメイク。狡猾(こうかつ)な上司をレイチェルが、彼女に手柄を取られ、リベンジを誓うアシスタントをノオミが演じる。デ・パルマ監督の大胆で個性的な演出で描かれる、女同士の危険なバトルから目が離せない。

ストーリー:自らの地位を広告会社の重役まで押し上げた、野心的な女性クリスティーン(レイチェル・マクアダムス)。アシスタントのイザベル(ノオミ・ラパス)は、そんなクリスティーンを羨望(せんぼう)のまなざしで見つめていた。しかし、狡猾(こうかつ)なクリスティーンにアイデアを横取りされ、恋人にも裏切られてしまったイザベルは、クリスティーンへの殺意を抱くようになり……。

パッション
(C) 2012 SBS PRODUCTIONS - INTEGRAL FILM - FRANCE 2 CINEMA

映画短評

  • 今 祥枝
    コテコテのデ・パルマ節に悪酔い注意!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    ブルネットの個性派VSブロンドのゴージャス美女。各々魅惑的な女たちが繰り広げる愛憎が入り乱れた殺人事件のてん末は、仮面を付けたセックスに始まり裏切り、騙し合いといった、のぞき趣味的な俗っぽさ! むせ返るようなエロスにカメラワーク、カット割など冒頭からぐるんぐるんに観客を振り回し、これでもかと繰り出されるデ・パルマ節炸裂の映像世界は悪酔いしそうな濃厚さである。こういう映画に出会うとわけもなく嬉しくなるのは、人間いつもいつも身体にいいものばかりじゃつまらないからに違いない。

    特にレイチェル・マクアダムスの高慢なエロビッチぶりには目が釘付け。そこに絡むノオミ・ラパスの内に秘めたプライドと暗い情熱にはゾクゾクさせられた。2人の相性も抜群で、観ているだけでうきうきとするほど官能的。本作の男は添え物でしかないのも痛快だ。巨匠や鬼才などと称されるデ・パルマ作品はご大層に捉えたくなるが、本作もまた『ファム・ファタール』(02)を思わせるけれん味といかがわしさが魅力。そのBテイストがたまらなく楽しい。

  • 中山 治美
    好きです!B級エロチックサスペンス
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     いいですね。巨匠とか円熟という言葉を嫌う
    ような、『ファム・ファタール』や『ブラック・ダリア』の流れを組む、デ・パルマ監督の本能丸出しエロサスペンス。女の嫉妬や裏切りが渦巻き、展開は完全に昼ドラと一緒。そこに絡む男が限りなくチープで、デキる女である彼女たちにとって刺身のツマ。観客に「そんな男を相手に嫉妬するか」という突っ込むスキを与えてくれるダメさ加減が愛らしい。
     とはいえ本作は一応、昨年のベネチア国際映画祭コンペティション部門選出作品。これまでの清楚なイメージをかなぐり捨てて悪女に徹したレイチェル・マクアダムス、サスペンス映画がピタリとハマるスウェーデン出身ノアミ・ラパス、さらにドイツのカロリーネ・ヘルフルトという3カ国女優の競演は魅力的。彼女たちの飛躍作となることは間違いなさそうだ。
     

  • なかざわひでゆき
    良くできたTVムービーの域を出ない
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     ブライアン・デ・パルマ監督の5年ぶりとなる新作は、「悪魔のシスター」や「愛のメモリー」、「殺しのドレス」などで映画ファンを熱狂させた頃の彼を彷彿とさせるヒッチコック風サスペンス。だが、その仕上がりは残念ながら“良くできたTVムービー”の域を出ない。

     最大の難点はスタイルや技巧に偏りすぎた演出だ。それゆえに、上司のパワハラに苦しめられる部下という女性同士の熾烈な戦いに緊迫感がなく、殺人事件へと発展するギリギリのテンションが損なわれてしまった。その殺人シーンにしても、バレエ公演と同時進行のスプリットスクリーンで描かれるというアイディアこそユニークだが、正直なところただそれだけ。デ・パルマ映画ではお馴染みのテクニックだし、なによりもバレエ・シーンのカメラワークそのものが精彩に欠ける。

     陳腐なセリフや2時間サスペンス並みのトリックも弱点。まるで「トラウマ」以降のダリオ・アルジェント作品にも共通するような安っぽさが漂う。作曲家ピノ・ドナッジョとのコンビ復活を含め、懐かしのデ・パルマが帰ってきたという意味でコアなマニアには嬉しい作品だが、やはりパワーダウンしたという印象は否めない。

  • 相馬 学
    技巧で魅せる鬼才デ・パルマの円熟
    ★★★★
    »読む«閉じる

     “ヒッチコックの後継者”と呼ばれていた頃のブライアン・デ・パルマ監督の初期作品を思い出させる。『キャリー』や『殺しのドレス』等の音楽家ピノ・ドナッジオと久しぶりに組んだり、やはりヒッチ信者であるペドロ・アルモドバル監督の御用達カメラマン、ホセ・ルイス・アルカイネを起用したりなどの効果もあるだろう。とにかく、本作ではデ・パルマの眩惑的なサスペンス演出が冴えわたっている。

     ふたりのヒロインをそれぞれ赤と黒の装いで固める色使い、洗練されていながら無機的な室内の描写、そしてヒッチの流れを汲むプロンド殺しの美学。デ・パルマが分割画面を好むことはファンにもおなじみだが、本作では華麗なバレエのステージと凄惨な惨殺の模様を並べて映し、最大限のインパクトをあたえる。技巧派の本領を得意のジャンルで久々に発揮した、ファンには嬉しい逸品。

     初期のデ・パルマ作品では人間の変態的な欲求が頻繁に取りあげられ、異様なムードを盛り上げていたが、本作ではその要素は薄い。そういう意味では、デ・パルマが純粋に技巧でサスペンスと向き合った作品と言えるかもしれない。

  • 森 直人
    完熟のデ・パルマ(72歳)が特濃カヴァーで狂い咲き!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    えげつないパワハラで他人の出世を阻む上司の金髪女(R・マクアダムス)に、部下の黒髪女(N・ラパス)が“倍返し”を目論む。猛女VS毒女。オリジナルは2010年の仏映画、アラン・コルノー監督のクールな秀作『ラブ・クライム 偽りの愛に溺れて』だが、こちらはギラギラ。バブリーなゴージャス感すら漲る。さらに赫い髪の女(K・ヘルフルト)まで投入して(もともと同役は男性)、三人の女の愛憎がぶつかるOLキャットファイト映画に仕上げた。

    72歳(制作当時)のブライアン・デ・パルマが、80年代の『殺しのドレス』や『ボディ・ダブル』など、ギミックを強調したヒッチコック・フォロワーの作風に戻って狂い咲き。分身(双子)を含む『めまい』イズムも炸裂。またスマホやRECモードなど、POV形式の前作『リダクテッド 真実の価値』に続き重層化する映像環境への興味も貪欲だ。

    バレエと殺人をスプリットスクリーン(分割画面)で魅せる禍々しさには「出ました!」と狂喜。これは最高の原曲を見つけたベテランが、完熟のスキルで歌い上げた特濃のカヴァー・ヴァージョン! 同じヒッチ調のソダーバーグ『サイド・エフェクト』と並べても面白い。

ポスター/チラシ

  • 映画『パッション』ポスター
    ポスター
  • 映画『パッション』チラシ
    チラシ
  • 映画『パッション』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『パッション』<女性>にまつわる袋綴じ格言集
    <女性>にまつわる袋綴じ格言集

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『パッション』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『パッション』を観た【映画】ブライアン・デ・パルマ監督によるエロティック・サスペンス・ミステリー from カフェビショップ (2014年8月22日 7時19分)
    古臭すぎ。 ブライアン・デ・パルマは今いったい何歳ぐらいなんすかねえ。 スネークアイズのときからすでに 古臭い感じになってたけども、 最新作でもやっぱり古臭いというかなんというか。 完全に手癖だけで映画を作ってる感じがする。 昔とった杵柄じゃないすけど… ...[外部サイトの続きを読む]
  • パッション (2012) ▲ from どんくらの映画わくわくどきどき (2014年7月18日 3時16分)
    良い関係に見えた女性上司と女性の部下が、上司が部下の手柄を横取りしたことから亀裂となり互いにやり合いエスカレートしていく。  フランス映画「ラブ・クライム 偽りの愛に溺れて(2010)」のリメイク。舞台がパリからベルリンになっている。大筋はオリジナルと同じだが、部下のイザベルが幹部が集まった懇親会で笑いものにされた後からストーリーが変わってくる。  わたしにはオリジナルのほうがおもしろか... ...[外部サイトの続きを読む]
  • パッション from 映画三昧、活字中毒 (2013年11月11日 7時35分)
    ■ TOHOシネマズ シャンテにて鑑賞パッション/PASSION 2012年/フランス、ドイツ/101分 監督: ブライアン・デ・パルマ 出演: レイチェル・マクアダムス/ノオミ・ラパス/カロリーネ・ヘルフルト/ポール・アンダーソン 公開: 2013年10月04日 公式サイト 大手広告代理店社コッチ・イメージ社に勤めるイザベル・ジェームスは、重役クリスティーン・スタンフォードに気... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「パッション」:デ・パルマ復活も、やや薄味 from 大江戸時夫の東京温度 (2013年10月27日 23時11分)
    あのデ・パルマ(今野雄二さん流に言えば「ディ・パーマ」)が帰って来た!とでも言い ...[外部サイトの続きを読む]
  • パッション/PASSION from 我想一個人映画美的女人blog (2013年10月15日 23時51分)
    ランキングクリックしてね ←please click 「パッション」といえば これでしたが。 メル・ギブソン監督の。 全く別もの。 リュディヴィーヌ・サニエとクリスティン・スコット・トーマス共演、 監督アラン・コルノーの遺作ともなった2010年のフレン... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2013年9月30日の週の公開作品
  3. 『パッション』