シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
渇き。
(C) 2014「渇き。」製作委員会
製作年:
2014年
製作国:
日本
日本公開:
2014年6月27日
(TOHOシネマズ 六本木ヒルズ ほか)
上映時間:
企画・製作・配給:
ギャガ
企画・製作:
リクリ
カラー/シネマスコープ/5.1chサラウンド

チェック:第3回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した深町秋生の小説「果てしなき渇き」を、『告白』などの中島哲也が実写化したサスペンスミステリー。謎の失踪(しっそう)を遂げた娘の行方を追う元刑事の父親が、いつしか思いも寄らなかった事態に引きずり込まれていく姿を活写する。名優・役所広司を筆頭に、『悪人』などの妻夫木聡、『ゆれる』などのオダギリジョーら、実力派が大挙して出演。中島監督ならではの鮮烈なタッチに加え、ヒロインに抜てきされた新人・小松菜奈の存在感にも注目。

ストーリー:品行方正だった娘・加奈子(小松菜奈)が部屋に何もかもを残したまま姿を消したと元妻から聞かされ、その行方を追い掛けることにした元刑事で父親の藤島昭和(役所広司)。自身の性格や言動で家族をバラバラにした彼は、そうした過去には目もくれずに自分が思い描く家族像を取り戻そうと躍起になって娘の足取りを調べていく。交友関係や行動を丹念にたどるに従って浮き上がる、加奈子の知られざる素顔に驚きを覚える藤島。やがて、ある手掛かりをつかむが、それと同時に思わぬ事件に直面することになる。

渇き。
(C) 2014「渇き。」製作委員会

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    露悪的・表面的・遊戯的に過ぎるけれども。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    今回こそ原作について「ただの一行も共感できないのは逆に凄いかも?」と思い映画化に動いたと発言している中島哲也だが、僕は今までの映画だって同じようなものじゃないかと考えている。ただ、『嫌われ松子の一生』や『告白』では、「異化」的表現を通してかろうじて示されていた「感情移入したければすれば?」的な観客サービスは排除。やたらショッキングな風俗描写も表層的で、それはマカロニウェスタン風のタイトルデザインや、チュパチャプス刑事・妻夫木聡の見事に虚構的な吹っ飛びようを見ても判るだろう。ただし、虚構内での因果律はかなり厳格なので、いかに倫理的に無茶だろうが人物の行動に納得させるものがあるのは流石だ。

  • 清水 節
    ヒロインを救うことも理解することも出来ない、男どもの残酷寓話
    ★★★★
    »読む«閉じる

     中島作品の暴力の背後には、聖なるものが見え隠れする。「ブッ殺す」が放つ温もりと「アイシテル」に漂う冷たさ。無機質な空間に母と息子の魂の叫びが響く『告白』と、カオスの中で父と娘が屈折する『渇き。』。スタイルは違えども2部作ともいえる。
     
     ヒロインをめぐり、フィジカルな昭和オヤジとセカイを信じる平成キッズが彷徨し煩悶した挙げ句、ただ血みどろになって傷つくしかない。女性が女性によってのみ解放される『アナ雪』の真裏で起きている、男どもの現実。ヒロインを救うことはおろか、理解することすら出来ない。それでもヒロインを求め、叶わぬゆえに狂い暴走する。決してヒーローになれない時代の男たちの残酷な寓話だ。

  • 山縣みどり
    振り切れた役所と小松の不思議な空気感に目が釘付け
    ★★★★
    »読む«閉じる

    アメコミ的なオープニングから中島哲也監督の遊び心が伝わってくる。過剰なバイオレンスと今どきティーンの想像を絶する残虐性を浮き彫りにする演出も悪趣味の一歩手前で止めるから、劇画というかカートゥーンというか……。だからこそリアルさは薄まり、見終わったあとの後味の悪さも翌日まで持ち越すほどではない。演者たちはハードな仕事を要請されたはずで、薄汚く暴力的な主人公を演じた役所広司の振り切れぶりはキャリア最高と言っていい。そして目を釘付けにされたのが新人、小松菜奈が醸し出す不思議な空気感。あどけない美しさで他人を魅了する彼女が演じる天使と悪魔が混在した少女の残酷さこそが本作のいちばんの見どころだ。

  • くれい響
    じつは、もうひとつの『そして父になる』
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    主人公にまったく共感できない点や、よく企画が通ったという意味で『悪の経典』のさらに上を行く、猛毒エンタテイメント。思春期の少年少女の戦いの日々を描く裏で、劇中にAKB48に続き、でんぱ組.incの「でんでんぱっしょん」を使用するなど、『告白』延長戦な狙いは否定できない。
    だが、クールさが全編を包んだ前作に対し、完全にブッ飛んだ役所広司の演技もあり、うだるような暑さを感じて不快指数120%。さらに、娘役の小松菜奈のファム・ファタールっぷりもあり、ティーン版『白いドレスの女』で『ハードコアの夜』といえる。とはいえ、もうひとつの『そして父になる』として着地するから、まったくもってあなどれない。

  • 森 直人
    バッド・ルーテナントな「嫌われ父ちゃん」の悪夢的迷宮
    ★★★★
    »読む«閉じる

    役所広司が『シャブ極道』以上のヤバい爆演! 動物的な純度は高いが人間としては全く混乱したダメ男で、『野獣刑事』の緒形拳と泉谷しげるを合わせた感じか。現代風俗を見据えたコンテンポラリーな文体と昭和的娯楽メソッドの融合は、まさに中島哲也ならでは!

    とはいえ基本は深町秋生の原作に忠実。独自に付与したのは『不思議の国のアリス』で、悪夢的な迷宮と化した全体構造の比喩として機能。また「父が娘を捜す」主軸は『ハードコアの夜』を彷彿させる。

    サブプロットは『告白』系のスクールカースト周りの地獄で、人間の闇と毒をぎっしり詰めこんだ超タフな怪作だ。観る方もヘトヘトに疲れるので、エネルギーを充電して臨むべし!

  • なかざわひでゆき
    「告白」を遥かに凌駕する凄まじい悪意とバイオレンス
    ★★★★
    »読む«閉じる

     登場人物の大半が鬼畜かサイコパス。もしくは、ただのロクデナシか負け犬。そんな連中が縦横無尽に傷つけ合い、騙し利用し合い、そして狂ったように殺し合う。中島監督の前作「告白」を遥かに凌駕する凄まじい悪意とバイオレンスは賛否両論必至だろう。
     主人公である父親の凶暴ぶりも凄いが、天使のような笑顔で周囲の人間を欺き地獄へと突き落とす娘の底知れぬ怖さは圧巻。注目すべきは、こいつらがやたらと“愛”という言葉を連発すること。しかし、その意味を最も理解していないのは彼らなのだ。これは、愛だの絆だのの優しい言葉が安易に垂れ流された結果、その本質を見失ってしまった現代社会への痛烈過ぎる皮肉とも思える。

  • 相馬 学
    ギラついた悪意をポップに語る中島ワールドの新境地
    ★★★★
    »読む«閉じる

     “悪意”をエンタテインメントに変換できる才能。それこそが中島哲也監督の武器と思っていたが、本作もそれを活かした快作。『告白』のヒンヤリとしたタッチとは異なるポップなアプローチが面白い。

     原色を基調にした色彩は派手で、カットの切り替えも激しくリズミカル。オープニングクレジットのデザインはもちろん、グルーヴィーな音楽からも1970年代のB級映画を意識したことは明らかで、ノリよく見せられる。

     そんな世界の中で輝くのが役所広司の怪演。「クソ!」「死ね!」「ぶっ殺す!」等々の呪いの言葉は中年が吐くにはあまりにみっともないが、そんなみっともなさがあってこそ、“悪意”がギラギラとした輝きを放つ。

動画

映画『渇き。』新予告編
映画『渇き。』激ヤバ映像
『渇き。』役所広司、小松菜奈、中島哲也監督インタビュー 欠点しかない人間に惹かれてしまう
映画『渇き。』予告編
映画『渇き。』テレビ放映NGの幻のスポット映像

ポスター/チラシ

  • 映画『渇き。』ポスター
    ポスター
  • 映画『渇き。』チラシ
    チラシ
  • 映画『渇き。』チラシ
    チラシ
  • 映画『渇き。』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『渇き。』特製ステッカー
    特製ステッカー

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本:
原作: 深町秋生
製作: 依田巽
製作・プロデューサー: 鈴木ゆたか
プロデューサー: 小竹里美
アソシエイトプロデューサー: 村野英司
協力プロデューサー: 伊集院文嗣
撮影: 阿藤正一
照明: 高倉進
録音: 矢野正人
美術: 磯見俊裕
セットデザイナー: 仲前智治
スタイリスト: 申谷弘美
ヘアメイク: 山崎聡
VFXスーパーバイザー: 柳川瀬雅英
VFXプロデューサー: 土屋真治
VFXスーパーバイザー・CGディレクター: 増尾隆幸
編集: 小池義幸
効果: 伊藤瑞樹
音楽プロデューサー: 金橋豊彦
キャスティング: 黒沢潤二郎 / 細川久美子
記録: 長坂由起子
助監督: 甲斐聖太郎
ラインプロデューサー: 加藤賢治

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『渇き。』の映画ニュース

  • 映画『花戦さ』(2017年6月3日公開)の特報映像が公開され、野村萬斎、中井貴一、市川猿之助、佐々木蔵之介、佐藤浩市といった豪華俳優陣が戦国時代に名を馳せた偉人たちに...田利家、佐藤が千利休を演じているほか、『渇き。』『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』など...
  • 亀梨和也が主演を務める映画『PとJK』(2017年春公開)の劇中写真が公開され、高杉真宙の金髪ツーブロック姿がお披露目された。高杉にとって、『渇き。』以来2度目の金髪だ...杉。映画『ぼんとリンちゃん』(2014)や『渇き。』(2014)でも異なる顔を見事に演じきり、...
  • 『近キョリ恋愛』『黒崎くんの言いなりになんてならない』に続き、新作ドラマ「高台家の人々」(dTVオリジナル)では学校の“王子”と恋に落ちる女子学生・由布子を演じるなど...は、今回のような青春作品だけではなく、『渇き。』や『ディストラクション・ベイビーズ』と...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『渇き。』を見た【映画】中島哲也監督、役所広司によるミステリーサスペンス from カフェビショップ (2015年5月2日 7時45分)
    なにがなんだかな映画だった。 ポップなハードボイルドっていうやつだろうか。 なんか三池崇史監督の映画みたいだった。 役所広司が不死身のゲスオヤジ役で 失踪した娘の居場所を探して 友人関係をさぐるうちに アンダーグラウンドに踏み込んでいき、 娘の正体を知… ...[外部サイトの続きを読む]
  • cost e from cost e (2014年10月22日 8時11分)
    映画『渇き。』 - シネマトゥデイ ...[外部サイトの続きを読む]
  • tworzenie stron internetowych poznań from tworzenie stron internetowych poznań (2014年10月20日 2時41分)
    映画『渇き。』 - シネマトゥデイ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 渇き。 from 映画三昧、活字中毒 (2014年8月2日 18時52分)
    ■ ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞渇き。 2014年/日本/118分 監督: 中島哲也 出演: 役所広司/小松菜奈/妻夫木聡/清水尋也/二階堂ふみ 公式サイト 公開: 2014年06月27日 2013年08月、コンビニで、店員ほか3名が惨殺されるという事件が起きる。第一発見者となった警備員である元刑事の藤島昭和は、重要参考人として取り調べを受ける羽目に。そんな藤島の元に、... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「渇き。」 from 元・副会長のCinema Days (2014年7月21日 7時9分)
    くだらない。映画的センスが微塵も感じられない狂騒的映像を、飽きもせずに垂れ流しているだけだ。画面上はガチャガチャとうるさいのだが、観ている間に眠気さえ催してくる。中島哲也監督もヤキが回ったようだ。  突然失踪した高校生の娘・加奈子を探すため、父親で... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年6月23日の週の公開作品
  3. 『渇き。』