シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
どなたでもご覧になれます

少女は自転車にのって

公式サイト:http://shoujo-jitensha.com
少女は自転車にのって
(C) 2012, Razor Film Produktion GmbH, High Look Group, Rotana Studios All Rights Reserved.
英題:
WADJDA
製作年:
2012年
製作国:
サウジアラビア/ドイツ
日本公開:
2013年12月14日
(岩波ホール)
上映時間:
配給:
アルバトロス・フィルム
カラー/ビスタサイズ/デジタル5.1ch

チェック:厳格な宗教戒律によって女性の行動が制限されているサウジアラビアを舞台に、自転車に乗る夢をかなえるため奮闘する少女の姿を描いた感動作。自転車を手に入れるためコーラン暗唱大会に挑む少女の視点を通し、因習を重んじるイスラム社会で女性が置かれた不条理な現実を浮き彫りにする。サウジアラビア初の女性監督ハイファ・アル=マンスールが全て国内で撮影した同国初の長編作で、ベネチア国際映画祭をはじめ世界各地の映画祭で絶賛された。

ストーリー:サウジアラビアに暮らす10歳の少女ワジダ(ワード・モハメド)は、男友達と自転車競走をするため自転車を買うことを決意。母親(リーム・アブダラ)にねだるも女の子が自転車に乗ることに反対され、自分で費用を工面しようとするが目標額には遠く及ばない。そんな折、学校でコーラン暗唱大会が開催されることになり、ワジダはその賞金で自転車を買おうと懸命にコーラン暗唱に励む。

少女は自転車にのって
(C) 2012, Razor Film Produktion GmbH, High Look Group, Rotana Studios All Rights Reserved.

映画短評

  • なかざわひでゆき
    平凡な少女のささやかな願いに未来への希望が託される
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     法律の規制で映画館すら存在しないサウジアラビアで生まれた、同国初の女性監督による傑作。自立心の強い10歳の聡明な少女の日常を通じ、サウジアラビア女性の置かれた現状を浮き彫りにしつつ、未来へと希望をつないでいく。

     男の子達のように自転車に乗りたい。平凡な少女のささやかな願いは、しかし宗教の戒律によって女性の行動が著しく制限された国において、叶えられることは極めて難しい。本作は社会の因習に対する少女の素朴な疑問、彼女の目に映る母親の苦悩などを丹念に描きながら、同時に市民の間で起きつつある意識改革も敏感に捉えていく。障害に屈することなく前進する少女の逞しい姿に、幸多かれと願わずにはいられない。

  • 森 直人
    サウジアラビアから不意打ちのような傑作
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    「あの家の息子、爆弾を腰に巻いて自爆したんだって」「すっごく痛そう!」「神のためだから痛くないさ。天国で70人も妻を娶れるんだよ」――。

    これが10歳の少年と少女の会話である。カジュアルな日常生活の中に、自爆テロの話題が普通に出てくる壮絶さ。映画文化に関しては全く未知だったサウジアラビアから、国内初の女性監督による勇気のかたまりのような画期作が登場した。

    一見、物語構造は極めてシンプル。少女ワジダちゃんは友だちの男の子と遊ぶための自転車が欲しい。でも「女の子が自転車なんて!」と母親に反対される。イラン映画の『運動靴と赤い金魚』あたりを連想する設定だが、劇中に込められたイスラム社会背景の情報量が凄い。ワジダちゃんは民族衣装に身を包みつつ、足元はコンバースのスニーカー。ヘッドフォンで音楽を聴き、自宅では父親と一緒にテレビゲーム。西洋型の文明を部分的に享受しつつ、独特の因習や戒律に呪縛される混沌が常に画面の中で示される。

    女性、子供の在り方は、特に保守的な社会において「未来」を規定する。本作の肝は新しい価値観がせり上がってくる時の緊張感だろう。日本でも多くの観客に届いて欲しい一本だ。

動画

映画『少女は自転車にのって』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『少女は自転車にのって』ポスター
    ポスター
  • 映画『少女は自転車にのって』チラシ
    チラシ
  • 映画『少女は自転車にのって』チラシ
    チラシ

スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『少女は自転車にのって』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「少女は自転車にのって / 立ち上がるサウジアラビア女性たち、諮問評議会に請願書を提出 from NEW WAY.NEW LIFE (2014年3月4日 21時41分)
    before saudi marriage | Flickr - Photo Sharing! via kwout厳格なイスラム教国家のサウジアラビアで、女性に対する男性保護者の「絶対的な権力」を緩和するよう求める請願書を女性活動家たちが提出 ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【映画】 少女は自転車にのって from 別冊 社内報 (2014年3月3日 16時34分)
    サウジアラビアについてこんなに知らないと、こんなに楽しめる作品。 自転車に乗ったら妊娠できなくなるとか コーランは生理中触ったらいけないとか 宗教警察があったり 男性から見られるところにいてはいけないとか(校内でも) 声は肌と同じ(男性にさらしてはいけない)とか 小学生でもある日突然結婚しちゃうとか(「嫁に行かせるよ」という叱り口上も)。 ■ シアターキノにて ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画:少女は自転車にのって WADJDA イスラムの保守的な風習との、女の子の静かな闘い。 from 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ (2014年1月28日 7時6分)
    サウジアラビア初の長編映画。 って! まず驚く。 サウジアラビアは、中東の国でも保守的なイメージがある。 家庭内でDVDはOKだが、「映画館」の設置が法律で禁じられている国(!) 当ブログは、中東へはかなり行っている事を何度にも渡るアップでもおわかりい... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「少女は自転車にのって」 from 元・副会長のCinema Days (2014年1月25日 7時2分)
    (原題:Wadjda)珍しいサウジアラビアの映画、しかも子供を主人公にしている作品だが、観ていてさっぱり面白くないのは、映画作りの基本スタンスが子供の視線に寄り添っていないためだ。比べるのはアンフェアながら、同じイスラム圏であるイラン映画の“子供の扱い方”... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 少女は自転車にのって・・・・・評価額1650円 from ノラネコの呑んで観るシネマ (2014年1月7日 21時47分)
    そのペダルは、自由への翼。 様々な因習や宗教戒律によって、女性の行動が厳しく制限されているサウジアラビアを舞台に、10歳の少女が自転車に乗りたいという願いを叶えるために、悪戦苦闘する姿を描いたヒューマンドラマ。 サウジアラビア映画と聞いて、過去に何があっただろう?と記憶をいくら遡ってみても何も出てこない。 それもそのはずで、なんと本作は同国で作られた最初の長編劇映画だという。 サ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2013年12月9日の週の公開作品
  3. 『少女は自転車にのって』