シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
もらとりあむタマ子
(C) 2013『もらとりあむタマ子』製作委員会
製作年:
2013年
製作国:
日本
日本公開:
2013年11月23日
(新宿武蔵野館)
上映時間:
制作プロダクション:
マッチポイント
製作:
エムオン・エンタテインメント / キングレコード
配給:
ビターズ・エンド
カラー

チェック:『苦役列車』の山下敦弘監督と前田敦子が再びタッグを組み、実家で自堕落な日々を過ごすヒロインの生活を切り取った人間ドラマ。東京からUターンして実家に戻るものの就職もせず、家業を手伝うでもなくただ無為な毎日をやり過ごす若者が、やがて小さな第一歩を踏み出すまでを描写する。『マイ・バック・ページ』などの康すおんや、『アウトレイジ』シリーズなどの音楽を担当した鈴木慶一らが共演。ふがいないが、どこか憎めない主人公の成長物語が共感を呼ぶ。

ストーリー:東京の大学を卒業した23歳のタマ子(前田敦子)は、父親がスポーツ用品店を営む甲府に戻って来る。彼女は特に就職活動をするわけでもなく、ほぼ毎日惰眠をむさぼり、ぐうたらな日々を送っていた。父親に仕事を探せとせっつかれても聞く耳も持たず、たまに起きているときはマンガやゲームに没頭していたが……。

もらとりあむタマ子
(C) 2013『もらとりあむタマ子』製作委員会

映画短評

  • 森 直人
    史上最強の「ダメ女子萌え映画」降臨!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    最高! 一見隙だらけの(というか隙しかない)果てしなくユルい作風ながら、文句なしにハイクオリティの「ダメ女子萌え映画」だ。田舎の実家に出戻り、近所をうろついてるだけのニートをダルく怪演する前田敦子。『苦役列車』にしろ『クロユリ団地』にしろ、まだアイドルを引きずっていたが、今作ではオフモードのまま素材感と女優力が凶暴に全開!

    テレビのニュースを見ながら「ダメだな…日本は」とつぶやき、「日本じゃなくて、お前がダメなんだよ!」と父親にツッコまれるキレまくった台詞の数々。まさに、いましろたかしのモラトリアム青春漫画『ザ★ライトスタッフ』などの応用形であり、同時に監督・山下敦弘の初期作品の女子版でもある。まさか『どんてん生活』や『ばかのハコ船』の山本浩司がマエアツにメタモルフォーゼする日が来るとは! また山下の念頭には『なまいきシャルロット』がイメージモデルとしてあったらしいが、四季に合わせたスケッチ風の短編オムニバス的構成はエリック・ロメールに近い。

    脚本は山下の盟友・向井康介。『陽だまりの彼女』が大ヒットした直後に、このハードコア&キュートな傑作が投下されるのだから、今年の彼は凄すぎ!

動画

映画『もらとりあむタマ子』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『もらとりあむタマ子』ポスター
    ポスター
  • 映画『もらとりあむタマ子』チラシ
    チラシ
  • 映画『もらとりあむタマ子』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『もらとりあむタマ子』ポストカード
    ポストカード

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督:
脚本: 向井康介
プロデューサー: 齋見泰正 / 根岸洋之
照明: 永田英則 / 原由巳
美術: 安宅紀史
編集: 佐藤崇
サウンドロゴデザイン: 池永正二
主題歌: 星野源

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『もらとりあむタマ子』の映画ニュース

  • 女優の前田敦子が22日、都内で行われた「前田敦子の映画手帖」刊行記念トークイベントに出席し、朝日新聞編集委員(映画担当)の石飛徳樹氏と軽妙なトークを繰り広げた。「...のやりたいです!」と笑顔を見せた。 映画『もらとりあむタマ子』の自堕落な毎日を送るヒロインをはじめ、...
  • イタリアで開催中の第17回ウディネ・ファーイースト映画祭に参加している映画『さよなら歌舞伎町』の廣木隆一監督と『味園ユニバース』の山下敦弘監督が現地時間26日、日本...ついて「山下監督の映画(『苦役列車』と『もらとりあむタマ子』)を観て興味を抱き、素直にキャスティン...
  • 関ジャニ∞の渋谷すばるが映画単独初主演を務める『味園ユニバース』の特別映像が公開され、女優の二階堂ふみが大阪弁に初挑戦したことが明らかになった。 本作は、歌うこと...豊かなキャストが名を連ね、『苦役列車』『もらとりあむタマ子』などの山下敦弘監督がメガホンを取った。...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ショートレビュー「もらとりあむタマ子・・・・・評価額1600円」 from ノラネコの呑んで観るシネマ (2013年12月11日 20時42分)
    いつやるの?今じゃない! とことん本気出さない女、タマ子の(ほぼ)何もせず(ほぼ)何も起こらない一年を描く人間ドラマ。 ぶっちゃけ、ドラマチックな展開は何も無く、ただただひたすら寝て食って漫画読んでるタマ子の日常と、周りの人たちとの関係が描かれるだけ。 それでも85分の尺を退屈する事なく過ごせてしまうのは、スクリーンの中のキャラクターにリアリティと説得力があるからだ。 これを... ...[外部サイトの続きを読む]
  • もらとりあむタマ子 from ダイターンクラッシュ!! (2013年12月11日 0時26分)
    2013年12月10日(火) 19:40~ 109シネマズ川崎6 料金:1000円(109シネマズの日) パンフレット:未確認 何もしない。何も起こらない。 『もらとりあむタマ子』公式サイト 大学を卒業するも、就職せず、秋に実家に舞い戻った娘。 1年間、昼寝し、漫画を読み、格ゲーし、晩飯を食うの繰り返し。 炊事洗濯家事全般は、スポーツ店経営のバツイチ親父の仕事。 ほとんど動きが無いのだが、微妙な会話が楽しい。 その存在は、どうでも良かった前田敦子だが、好感度が急上昇。 これからは、あっちゃんと呼 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「もらとりあむタマ子」:現代の「晩春」か? from 大江戸時夫の東京温度 (2013年12月4日 23時55分)
    映画『もらとりあむタマ子』は、山下敦弘監督久々のノー原作オリジナル作品。やっぱり ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『もらとりあむタマ子』 (2013) from 相木悟の映画評 (2013年11月27日 11時47分)
    げに心地良い、ダラダラ・ムービー! ゆる~い空気感ながら、一瞬たりとも眼が離せない怪作であった。 本作は、音楽チャンネル『MUSIC ON! TV(エムオン!)』の30秒のステーションIDからスタートし、短編ドラマを経て長編劇映画として公開と相成った山下敦弘監督作... ...[外部サイトの続きを読む]
  • もらとりあむタマ子 from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 (2013年11月25日 0時38分)
    もらとりあむタマ子(映画ノベライズ) [文庫]音楽番組から生まれた異色の人間ドラマ「もらとりあむタマ子」。ニコリとも笑わないぐうたらヒロインを演じる前田敦子のダメっぷりがい ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2013年11月18日の週の公開作品
  3. 『もらとりあむタマ子』