シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
ホットロード
(C) 2014『ホットロード』製作委員会 (C) 紡木たく/集英社
製作年:
2014年
製作国:
日本
日本公開:
2014年8月16日
上映時間:
配給:
松竹
カラー

チェック:1980年代に若者の圧倒的な支持を集めた紡木たくによる少女コミックを、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」でブレイクした能年玲奈主演で実写映画化した青春ドラマ。原作者の紡木たくが脚本を監修し、母から愛されず行き場のない不安を抱える孤独な14歳の少女と、刹那的に生きる不良少年との切なくも激しい純愛を描く。ヒロイン能年の相手役には、三代目J Soul Brothersの登坂広臣が抜てきされ、『僕等がいた』シリーズなどの三木孝浩がメガホンを取る。

ストーリー:母から愛されず、自分が誰からも必要とされていないと心を痛める14歳の宮市和希(能年玲奈)は、学校で周囲と打ち解けられず孤独を抱えていた。そんなある日、不良の春山洋志(登坂広臣)と出会い、彼らの世界に自らのよりどころを見いだすようになる。少しずつ洋志に惹(ひ)かれていく和希だったが、Nightsのリーダーとなった洋志は反目し合うチームとの激しい争いにしのぎを削ることとなり……。

ホットロード
(C) 2014『ホットロード』製作委員会 (C) 紡木たく/集英社

映画短評

  • 中山 治美
    クールロード
    ★★★★
    »読む«閉じる

     セリフが、尾崎豊の歌声が、浮いている。“腐ったミカン“世代の激情を、低体温で描いた原作のイメージをそのまま映像で狙ったがムリだったのではないか。それでも原作が支持されたのは、読者が同時代を生きていたから。その時代背景をあやふやにし、時代の閉塞感や大人社会への反抗を朴訥としたセリフでつぶやかれても、ヒリヒリするような心の痛みは響いてこない。
     そもそも宣伝資料で暴走族と記すことをせず、゛不良グループ゛など曖昧な言葉で誤魔化すくらいなら企画に手を出すべきではなかったのでは? 大きな責任を背負って主演に立った能年玲奈に対して、支えるべき周囲の大人が根性なしなら可哀想だ。

  • ミルクマン斉藤
    「今、何故これを?」感からは逃れられないが。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    原作者が『カラスの親指』を観てこの役を認めた、というのがよく判る能年ちゃんだ。あの国民的笑顔を封印、しかし目がくるくるとうつろい、無表情のなかにも感情を語りまくるのは流石である(ちょっと北三陸なまりが残ってる気もするが…)。しかし映画自体はなんだかつるっとした感触で引っかかりのない出来。セルフィッシュなことに無自覚な母(木村佳乃)との葛藤や、三木孝浩らしい映像と光の美しさはあるが、物語は平板で時代の描写はしごく中途半端だ。まあ、80年代の暴走族を能年ちゃんや登坂広臣(この相手役のセックスアピールが男の目からはさっぱり受け取れないのも難)であまり忠実に再現されても困ってしまうのだが。

  • 清水 節
    乱反射する能年玲奈から陰りを引き出す、端正なアイドル映画
    ★★★★
    »読む«閉じる

     堅実なアプローチによる端正な仕上がりだ。原作の80年代という時代性を殊更に強調せず、傷つきやすい思春期の普遍的な叙情詩として描き出す三木孝浩の戦略は奏効し、生まれながらにしてクラシカルな装いをまとっている。“大人未満”=黎明を表すブルーを基調とした色彩設計は、寡黙なヒロインの心象をも表し、作品に品格を与えた。何より、ありのままの能年玲奈の瞳に肉薄する大写しがスリリング。あえて彼女の無表情を紡ぐことで乱反射する内面がきらめき、憂いや陰りを引き出す演出が見事だ。異世界に戸惑い揺らぐイノセンスのゆくえを見守らせる力がある。オーラを放つ同時代の存在を、より一層輝かせる正統派アイドル映画として誠実だ。

  • なかざわひでゆき
    程よいノスタルジーで普遍的な青春を浮き彫りにする
    ★★★★
    »読む«閉じる

     個人的に中学時代からコミックを殆ど読まなくなったため、原作はタイトルしか知らず。なので、どれほど忠実に再現されているのかは分からないが、’80年代という時代設定を過剰に演出することなく、ほのかなノスタルジーを漂わせつつ、繊細な筆致で普遍的な青春模様を浮かび上がらせていく、そのさりげない甘酸っぱさと瑞々しさが魅力だ。
     若者にとって青春は永遠のように感じられ、自分たちの世界が絶対的な全てだが、しかしやがて、それがいかに儚くちっぽけなものなのかを思い知る。そんなほろ苦い現実もしっかり描かれているところが好印象。可憐な純粋さの中に強烈な反骨精神を秘めたヒロインを演じる能年玲奈がまた素晴らしい。

  • くれい響
    やっぱり気になるミズタクの影
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    ありえない設定の『陽だまりの彼女』をアリにしてしまった三木孝浩監督だけに、冒頭のナレーションから、企画が発表されたときの地雷臭を一蹴。得意の繊細な演出と美しいライティングで、男子が受け入れにくい線が細すぎる原作の世界観をよみがえらせた。
    しかも、十分にダサくなる時代設定(80年代半ば)や名ゼリフなどを押さえながら、しっかり能年玲奈と登坂広臣のアイドル映画に仕上げているからスゴい。また、主人公2人の成長を見守る脇役陣の好演が光りまくっている点からは、『僕等がいた』に近いものを感じる。それにしても、春山の母役が松田美由紀、宏子役が太田莉菜であることで、ミズタクの存在を匂わせるのは狙いなのか?

動画

映画『ホットロード』予告編
映画『ホットロード』特報
映画『ホットロード』 尾崎豊「I LOVE YOU」本編特別映像
映画『ホットロード』特別映像

ポスター/チラシ

  • 映画『ホットロード』ポスター
    ポスター
  • 映画『ホットロード』ポスター
    ポスター
  • 映画『ホットロード』ポスター
    ポスター
  • 映画『ホットロード』チラシ
    チラシ
  • 映画『ホットロード』チラシ
    チラシ
  • 映画『ホットロード』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督:
原作: 紡木たく
脚本: 吉田智子
主題歌: 尾崎豊

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ホットロード』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画「ホット・ロード」  何で今更、なんで今更、なんでいまさら… from 珍竹鱗  映画とネットとモバイル機器の日々 (2016年7月20日 7時46分)
    映画「ホット・ロード」をTV放送で観ました。 「ホット・ロード」は昔、かなりヒットした少女漫画の映画化です。 「積み木くずし」とかの不良全盛期のころの漫画です。 で、なぜ今更映画化するのが疑問でした。 主演の能年玲奈は、NHKの朝ドラマ「あまちゃん」でブ… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ホットロード」 能年玲奈ちゃんは演技うまいな~ from オススメ映画情報 (ジョニー・タピア Cinemas) (2015年6月26日 0時3分)
    能年玲奈やっぱ演技うまい[E:sign01] 1980年代に若者の圧倒的な支持を ...[外部サイトの続きを読む]
  • オレが、、、もらってっちゃうよ。超絶可愛い能年玲奈『ホットロード』実写化 from For James Bond 007 Lovers Only (2014年9月13日 15時6分)
    オレが、、、もらってっちゃうよ。超絶可愛い能年玲奈『ホットロード』実写化 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画「ホットロード」 from エンターテイメント日誌 (2014年9月8日 14時27分)
    評価:C- 映画公式サイトはこちら。 原作が紡木たくの漫画とのことで、僕はてっき ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画『ホットロード』★ナイーブな痛み・純愛・未来への道 from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆** (2014年9月6日 23時44分)
        作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/163744/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。     人気コミックの実写化という事ですが エンドロールで、“別冊マーガレット50周年記念企画”とあり 別マのコミックだと知りました^^;     鑑賞のきっかけは、ポスターの登坂さんの横顔と 予告編で聴いた... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年8月11日の週の公開作品
  3. 『ホットロード』