シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
どなたでもご覧になれます

マイティ・ソー/ダーク・ワールド

マイティ・ソー/ダーク・ワールド
(C) 2014 MVLFFLLC. TM & (C) 2014 Marvel. All Rights Reserved.
英題:
THOR:THE DARK WORLD
製作年:
2013年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2014年2月1日
上映時間:
配給:
ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
カラー

チェック:北欧神話をベースにしたマーベルコミックスの人気作を実写化したアクション大作の続編。ロンドンで発生した重力の異常を契機に訪れた地球滅亡の危機に、ソーが立ち向かっていく。ソーを演じる『レッド・ドーン』などのクリス・ヘムズワースを筆頭に、ナタリー・ポートマン、トム・ヒドルストンといった前作のメンバーが再結集。メガホンを取るのは、テレビドラマ「MAD MEN マッドメン」シリーズなどのアラン・テイラー。驚異的なVFX映像もさることながら、ソーの宿敵でもある弟ロキとの絆をめぐるドラマも見どころ。

ストーリー:アベンジャーズの一員として、ソー(クリス・ヘムズワース)がニューヨークで激闘を繰り広げてから1年。ロンドンで謎の重力異常が起き、その調査を天文物理学者ジェーン(ナタリー・ポートマン)が行うことに。しかし、その過程で地球の存亡を左右するダークエルフのパワーを宿してしまう。愛する彼女を救うすべを探ろうと、ソーは彼女を連れて神々の世界アスガルドへと向かうが、それが家族や故郷にも危機をもたらしてしまう。窮地に陥った彼は、血のつながらない弟ロキ(トム・ヒドルストン)に助けを求める。

マイティ・ソー/ダーク・ワールド
(C) 2014 MVLFFLLC. TM & (C) 2014 Marvel. All Rights Reserved.

映画短評

  • 中山 治美
    加速するロキ至上主義
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     時空を無視して移動しまくり、歴史的建造物を大破しようがお構いなしと、もはや観客にツッコむ気力も与えない大雑把な作りは相変わらず。だが、兄弟の確執という古典的なテーマと、ドSキャラ全開のロキの魅力で今回も乗り切る。それでも続編への期待は十分。壮大な「アベンジャーズ」プロジェクトの゛つなぎ゛としての責務は全うしたと言えるだろう。
     それにしてもロキ役のトム・ヒドルストンは、『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライブ』のナルな吸血鬼などキワモノキャラでこそ一層輝きを増す。ジョニー・デップのくたびれ感が半端ない今、後継者は彼しかいない。ただしハリウッドで使い古されないことを願うばかりだ。 

  • なかざわひでゆき
    ヒーローも霞む(?)トム・ヒドルストンのカッコ良さ
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     闇の力で全宇宙を支配しようとする太古の魔族ダーク・エルフとの激闘を描いたシリーズ第2弾。とはいえ、やはり今回も宿敵である弟ロキとの確執が主軸となる。
     監督が変われども軽い印象はそのまま。「アベンジャーズ」を経てキャラと人気を確立したロキ=トム・ヒドルストンの危険なカッコ良さもさる事ながら、物語の鍵を握る存在としてナタリー・ポートマンの役割も重要度を増し、ただでさえ地味なクリス・ヘムズワースは少々お気の毒。ダーク・エルフのデザインも意外にイカしているしね。
     ひとまずイベント映画としては十分に楽しめる作品。お約束の次回作への伏線も用意されているので、エンドクレジットは最後まで見届けよう。

  • 今 祥枝
    徹底した軽さが信条
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    トム・ヒドルストンをロキ役にキャスティングしたことがシリーズ最大の勝利とでも言わんばかりに、ロキの活躍が際立つ第2弾。ソー以下脇役もキャラ立ちしていて楽しいし、観終わった後には何も残らないが、瞬間的に気晴らしができる映画を観たい時もある。そう思って観れば、これはこれで十二分!

    ただし、日本人にとっては馴染みの薄いアメコミの映画化、しかも続編ともなれば、当たり前だが最低限の前提が頭に入っていないと厳しい部分はある。今後続々公開されるアメコミ関連作全てにおいて同じことが言えるだろう。このジャンルは売る側の長期スパンでの地道な啓蒙活動が必須だ。

動画

映画『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』日本版予告編
映画『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』本編クリップ映像

ポスター/チラシ

  • 映画『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』ポスター
    ポスター
  • 映画『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』チラシ
    チラシ

スタッフ

プロダクションデザイン: チャールズ・ウッド
衣装デザイナー: ウェンディ・パートリッジ
視覚効果監修: ジェイク・モリソン
キャスティング: サラ・ハリー・フィン

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』を観た【映画】人気アメコミをクリス・ヘムズワース、ナタリー・ポートマン、トム・ヒドルストンらで実写化したヒット作の続編 from カフェビショップ (2014年7月29日 7時6分)
    なーんか乗れないなあ。 まあ、スーパーヒーローアクションであり 大スケールのファンタジーでありで 映像は良いはずなのに なんかおもしろいなあって思ったとこが ほとんどなかった。 よかったのは弟のロキがキャプテンアメリカに化けたとこと ソーがコートハンガ… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』 日米観客の嗜好の違い? from 映画のブログ (2014年3月1日 9時46分)
    映画『ファミリー・ツリー』の記事では日米のポスターの違いについて述べたが、『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』でも日米の違いが興味深い。  日本のポスターでは、中央にソーとジェーンが立ち尽くし、二人をあざ笑うかのようなロキの顔が虚空に描かれている。ヒーローとヒロインをポスターの手前に配し、背景に敵の顔を大きく描くのは、『スター・ウォーズ』でもお馴染みの構図で珍しいものではない。  米国... ...[外部サイトの続きを読む]
  • マイティ・ソー/ダーク・ワールド? from ダイターンクラッシュ!! (2014年2月23日 21時33分)
    2014年2月17日(月) 21:40~ チネ6 料金:1200円(レイトショー) パンフレット:未確認 最初の10分くらい、ジェームス・ハントにしか見えなかった。 『マイティ・ソー/ダーク・ワールド?』公式サイト 日本では、アイアン・マンくらいしか人気が無いだろうのマーベルのアベンジャーズ軍団。 レイトショーとは言え、尋常じゃない客の少なさ。 とは言え、想定よりはかなり面白かったよ。 冒頭の説明が飛ばし過ぎで、なかなか付いていけないものもあるが。 中盤で、あっさりと退場してしまうロキだが、思い ...[外部サイトの続きを読む]
  • マイティ・ソー ダーク・ワールド from 佐藤秀の徒然幻視録 (2014年2月9日 19時56分)
    ナタリー・ポートマンの瞳の奥の秘密 公式サイト。原題:Thor:The Dark World。アラン・テイラー監督、クリス・ヘムズワース、ナタリー・ポートマン、トム・ヒドルストン、アンソニー ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」 from 映画レビューブログ (2014年2月9日 0時4分)
    北欧の神話を題材にしたマーベルコミックの「マイティ・ソー」の続編。 「アベンジャーズ」からの繋がりもあり、昨今のマーベルコミック原作のハリウッド作品の勢いは凄いものが ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年1月27日の週の公開作品
  3. 『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』